SFTSウィルス感染拡大のニュース

今日、ロッキーの健康診断で動物病院に行きました。

受付わきに掲示してあったポスターです。

獣医師によると昨日もテレビのニュースで

「デング熱よりも怖い」と報道されたそうです。

SFTS「重症熱性血小板減少症候群」は、マダニに刺されることで感染し、発熱や下痢、リンパ節の腫れなどの症状が表れる感染症で、2013年1月に国内初の患者が確認されてから、これまでに西日本で52人の患者が報告され、このうち21人が死亡したことがわかっている。』

http://matome.naver.jp/odai/2135959097952154401


このマダニは「殺人ダニ」と呼ばれています。

犬たちにもマダニ対策をしましょう!

ちなみにロッキーは、フロントラインやフォートレオンより確実な

コンフォンティス錠」を毎月飲ませています。