ご家庭に合わせたトレーニングメニューをご提案
愛犬が喜ぶしつけ方法
セラピードッグに必要な基本トレーニング
セラピードッグに必要な基本トレーニング
しつけのメニュー詳細
しつけのメニュー詳細
家庭犬しつけってどんなもの?
家庭犬しつけってどんなもの?

パピートレーニング(子犬)
サポートレッスンとは
ご感想
ブログ

愛犬のことでお困りですか?

こんな風にドッグライフを楽しみたいですか?

 ・愛犬をセラピー犬にしたい。

・犬に引っ張られずにお散歩を楽しみたい。

飛びつきを直したい。

・ひどい甘噛みをどうにかしたい。

唸る、噛む癖をなおしたい。

・インターホンがなっても静かに対応したい。(無駄吠え

・ひどい吠えぐせでご近所に迷惑をかけたくない。(無駄吠え)

・安心してお留守番をさせたい。(いたずら・分離不安)

・他の犬や人への無駄吠えをなおして楽しくお散歩したい。

・名前を呼んだらすぐに来て欲しい。(呼び戻し

食糞トイレの問題をなおしたい。

・家具を噛んだり、ごみ箱をあさったり、いたずらをやめさせたい。

・他の犬に攻撃的(臆病)なのをどうにかしたい。

ドッグランで遊ばせたり、ドッグカフェでも愛犬と共にゆっくり食事を楽しんでみたい。

犬と泊まれるホテルに家族皆でゆっくりと宿泊してみたい。

愛犬に噛まれるかも、、と心配したくない。

・興奮したら手がつけらないのをなんとかしたい。

・動物病院嫌い、車嫌い、クレート・ゲージ嫌いをなおしたい。

仔犬のうちに適性なしつけをしておきたい。

・愛犬を信頼したい。愛犬に信頼されたい。

飼い主さんと愛犬が幸せな共生を目指すには

しつけが大切です。

SMILE SMILEは、ご自宅に訪問し

愛犬の性格や犬種、環境や家族構成、そして

犬の行動学から、愛犬に合ったオリジナルメニュー

ご提案、飼い主さんと一緒にトレーニングをさせていただいています。

愛犬と共に幸せになる楽しいしつけに

チャレンジしてみませんか?

 

家庭犬のしつけやセラピードッグ育成は、

警察犬や盲導犬などの訓練とは違います。

 

人と幸せな共生とヒューマンアニマルボンド(人と動物の絆)を築くために

それに必要な行動や物事を楽しく教え導いていくことなのです。

 

題行動と呼ばれるものは

「犬の行動心理学」を取り入れた情トレーニング

「犬に信頼・尊敬される」(信頼関係の構築)ことで 消滅、または軽減していきます。

子犬はもちろん、10歳になった犬でも、大型犬でも小型犬でも

いつでもしつけは開始できます♪

 

犬種や個々の性格などによってしつけの手法は違いますがその基盤は同じです。

 (犬の首を絞めたり痛みを与える「チョークチェーン」「スパイクチェーン」は使用しません)

 

犬に信頼・尊敬される(信頼関係の構築)とはどういうことか実際に体験してみませんか。

犬が飼い主を信頼し尊敬すると、飼い主の指示に従うことが犬の喜びとなり、

喜々として指示を待つようになります。

もちろん、勝手な行動をしなくなり、いたずらも粗相も、唸ったり噛んだりすることも軽減していきます。

 

その上で、問題行動改善メニューを取り入れていきます。

またセラピードッグ育成トレーニングをお受けしております。

セラピードッグトレーナーとセラピーアニマル評価者の資格を持っており、

あなたの愛犬をセラピードッグとして色々な施設で活動できるようにトレーニングしていきます。

詳細は こちら

 

セラピードッグと過ごしてみたいという個人、団体のご依頼も受け付けております。

障がいを持っているいないに関わらず、お子様からお年寄りまで

アニマルセラピーを受けることができます。

活動内容の詳細は こちら

お申込みは こちら

 







2017年

7月

31日

夏期休業について

とうとう明日から8月ですね。

 

猛暑が続いておりますが

皆様わんちゃんの熱中症には注意されていますでしょうか?

 

今年も30度越えの毎日が続く神奈川ですが

昼間の2時頃にワンちゃんのお散歩をしている人をみかけました(@_@;)

 

びっくりです。

飼い主さんの知識が無いと、ワンちゃんはたまりませんね。

ぜひ、この時期は朝は早朝に、夜は日が暮れて、アスファルトの温度が下がってからお散歩に出かけてくださいね。

 

犬の熱中症について

 

もぜひ、お読みください。

 

明日から不定期に夏期休業させていただきます。

 

レッスン、お問い合わせ返信、フード発送などお休みとなりますので

ご確認お願いします。

 

夏期休業

8/1~8/4

8/14~8/16

8/19~5/21

 

8月19~21は福島にボランティアに行ってきます。

仮設住宅の夏祭りでたこ焼き屋さんをやります(#^^#)

お手伝いしていただける方はぜひご連絡下さい。

 

0 コメント

2017年

6月

10日

愛犬が食中毒にならないために!

6月から梅雨入りし、夏にかけて気をつけたいことは

熱中症ばかりではありません。

 

この時期意外に多いのが食中毒です。

嘔吐・下痢・発熱・痙攣など症状は様々です。

 

食中毒の主な原因は

 

1チョコレートやブドウなどの犬にとって毒性のある食べ物を口にしたとき

 

2カビの生えたものを食べたとき

 

3人間の飲み薬を誤飲したとき

 

4その他、他の犬の糞便を口にしたときや除草剤や農薬が口に入ったとき

 

1の犬にとって毒性のある食べ物については、最近の飼い主さんはよくご存じの方も多いですね。

 

この時期に多いのが2のカビです。

 

カビの生えたものなど食べさせてないわ!とおっしゃっていても

実はドッグフードのドライでも、この時期はカビてしまうことが多いのです。

 (カビは目に見える頃には大繁殖しているということなのです)

 

昨年6月にもこんなことがありました。

 

小型犬1頭のみしかいないのに、お得だからと5kgのドッグフードを買って与えている飼い主さん。

ある日、突然の嘔吐と下痢になった愛犬を動物病院に連れて行き、

嘔吐物と便を持参しました。

嘔吐物の未消化のドッグフードからカビの菌が見つかり

ご自宅のドッグフードの袋を見てみるとうっすら白っぽいカビが底に生えていたそうです。

 

6月から9月くらいまでは

ドッグフードを開封したら、小分けに密閉袋に入れて冷蔵庫で保存して、なるべく早く食べきるようにしてください。

 

冷蔵庫から出したらフードが冷たいので

室温に戻してあげたい気持ちになりますが

常温にさらす時間はなるべく短い方が賢明です。

密閉袋の蓋を開けずにそのまま室温に戻してから与えてください。

 

冷蔵庫にスペースが無い場合は、

小さめのパッケージを購入して

開封したら2週間くらいで食べきる量を選んでください。

そして、しっかり密閉してから

日の当たらない風通しのいい場所に保管してください。

 

 

それから、これも意外に多くて驚いてしまうのですが、

 

フードボウルを洗わないという飼い主さんもいるのです(;^_^A

 

犬の口腔内常在菌は人間のそれよりも少ないとされていますが

それでも、フードボウルにはその菌が付着します。

あっという間に増殖してしまい、

洗わずに使用すると、愛犬が食中毒を起こすリスクが高まってしまいます。

 

毎回、食べ終わったらすぐに綺麗に洗って下さい。

特にドッグ缶を与えている方は、そのまま放置しておくと

犬がまた舐めたりしますので、すぐに洗剤で洗って綺麗に流して

乾燥させてくださいね。

お水のボウルも同じです。

お水を取り替える度に洗って下さい。

 

ペットボトルから飲めるようになっているウォーターディッシュやノズルなどは

口が当たる部分をこまめに洗って下さい。

 

できればウォーターボウルで飲ませてあげましょう。

歯垢対策にもなります。

 

自動給水機や浄水器なども、こまめに洗浄しましょう。

カビは目に見えるものばかりではありません。

ワンちゃんの健康を守るためです(*^-^*)

3の人間の飲み薬を誤って口にしてしまい、

中毒症状で運ばれるというケースも少なくないそうです。

亡くなってしまったワンちゃんもいました。

 

風邪薬を飲もうとしていた飼い主さん、うっかり手から床に薬を落としてしまい、ワンちゃんが口にしてしまったのです。

 

また飼い主さんの降圧剤や解熱剤を口にして運ばれてくるワンちゃんが多いので

 

お薬を飲むときは、細心の注意をしてください。

そして、普段から落ちたものを勝手に食べてしまわないしつけをしておきましょう。

 

0 コメント

2017年

4月

30日

GWのお休みのお知らせ

早いもので桜の季節も終わり

明日から5月ですね。

 

今年は桜の時期が長く楽しめたので、わんちゃんとお散歩がてらお花見をされた方もおおいのではないでしょうか(^^)/

 

そして今年は大型連休となり

皆様もワンちゃんと一緒にお出かけを楽しんでいらっしゃるでしょうか。

 

おでかけの際には

必ず首輪、鑑札、狂犬病予防接種票をワンちゃんに装着してくださいね。

 

万が一に備えてあげることが

飼い主さんの責任と愛情です(*^-^*)

いつも首輪をつけずに過ごしている飼い犬がとても多く、散歩のときだけ、鑑札はリードに。

そんなことはないようにしてくださいね。

 

5月とはいえ、熱中症にも注意が必要です。

日差し、気温、湿度に注意をして、ワンちゃんと共に楽しいGWをお過ごしください(#^^#)

 

 

 

GWの休業のお知らせ

 

5月3日~5月8日まで

 

 

9日より平常業務となります。

お休み中のお問い合わせ、メールなどの返信と

ドッグフードなどのご注文の発送は

9日より順次対応いたしますのでご了承下さい。

 

0 コメント

2017年

4月

04日

愛犬に長生きして欲しいと願っている方へ

大切で可愛い愛犬にはいつまでも元気で健康に長生きして欲しいですね。

 

残念なことに、犬の寿命は人間よりもとても短く、その平均寿命は9歳~15歳と言われています。(犬種によって大きな差があります)

 

その短い寿命の中でも、病気と闘いながら生きているということが無いようにするには

どうしたらいいでしょうか。

 

以前にも愛犬の長寿のことについてコラムを書いてきました。

また改めてブログで書いていきますね。

・犬の健康と長生きを作るもの

 

健康を維持するのには人間もそうですが、やはり食べ物です。

 

食べたものが身体を作っている同時に病気も作ってしまうこともあります

 

人間と同じように、身体によいもの、
無添加無着色、非加熱のフード(酵素たっぷり)を選んであげることはもちろんですが

時々、何か違うな~と思うこともあります。

(この酵素がとても大切ってこと、後日また詳しくブログを書きますね)

 

犬の洋服やアクセサリー、または自分の楽しみのためなどにたくさんのお金をかけていても

犬の食べ物となると安いものを選んでいる・・・

これって何か違いますよね。。。。

 

安いからと言って悪いものとは限りませんが、

人間用のも無添加、無着色、オーガニック製品で

安価なものは見つからないと思います。

食材は中国製は避けてできれば国内産を選びたくなりませんか?

 

ワンコ用も同じですね。

犬も合成保存料などの添加物や酸化しやすいフード、人間の栄養学に沿ったフードでは

返って健康に害をもたらしてしまいます。

アレルギーや癌、内臓系、皮膚の疾病はフードが原因のことがほとんどです。

このフードに関する詳細は以前のブログに書いています。

 

また経済的に・・・という理由からも

愛犬の健康のことを考えていても、添加物がたくさん含まれている物を選んでいたら

 

結局動物病院に通院することが増えて、かえって不経済ですし

何よりワンコが可哀想ですね・・・。

 

・間違った手作り食で短命に?!

 

長生きのコツとして

以前コラムでは、

運動、食事、健康管理ということを書きました。

 

人の食べ物を与えないなど基本中の基本ですが

間違った手作り食神話も未だに信じて与えている飼い主さんも多く、

ぜひ知っていただきたい記事がこちらにあります。

獣医師の宿南章氏の愛犬を健康に飼うためにというブログからの抜粋です。

 

愛犬にキャベツと野菜を使用しない

 

犬種の違いを知った手作り食と知らない手作り食

 

この獣医師のブログにこんな一説があります。

適切な正しい手作り食は大変に有用です。

しかし、一歩間違えると愛犬を短命にする危険は認識しておく必要はあると思います。

 

喜んで食べるもの=犬にとって本当の幸せにつながらないこともあります

 

詳細はこちらを読んで下さい。

手作り食の我流が招く不幸

 

そして、宿南章獣医師はこうも言っています。

 

手作り食をしている子で、突然死が発生しているように思います。

手作り食をされている方に、聞いてみてください。

また、手作り食をしていた子で突然死や短命が起きていないか、

知人のワンちゃんたちを思いだしてみてください。

(この記事のブログはこちら

 

手作り食をしている子が癌になりやすいというデータもあるそうです。

実際にそういう事例もたくさん見てきました。

加熱食には犬にとってとても大切な酵素は含まれません。

また加熱野菜や生野菜に含まれる毒素についてのブログはこちらに書いていますので

ぜひご参考にしてください。

 

手作り食は、しっかりと犬の栄養学を勉強されて、愛犬に必要な栄養素とカロリー、

そしてナトリウムや酵素など全て満たすための新鮮な食材(生肉と内臓)を毎日得られれば

理想的な食事になりますが、そうでない場合は

良かれと思っていることが愛犬の寿命を縮ませている

病気を招いているということをぜひ知っていただきたいと思います。

・歯周病は命を落とす!?

 

そして、口腔内の健康、歯磨きですね。

 

え?犬に歯磨きって??

と驚かれる飼い主さんも多いのですが

歯周病が原因で亡くなる犬が多いということをご存知でしょうか。

 

歯が無くなって食べれなくなるということだけではなく

歯周病菌が脳や心臓などにいき、死んでしまうことがあるのです。

 

それは少ない数ではありません。

愛犬の突然死が、この歯周病が原因ということがあるのです。

 

ぜひ歯磨き習慣をつけていただきたいです。

 

歯磨きが大好きになるように、決して無理矢理押さえつけたりしないで

まずは歯ブラシに慣れさせることから始めましょう。

(歯磨きシートやガーゼなどではなく、必ず歯ブラシを使って下さいね)

もし、愛犬が暴れたり噛んだりしてうまく歯磨きができないという方は、お近くのドッグトレーナー(陽性トレーニングをしているトレーナー)に相談してくださいね。

 

・我慢強い犬だからこそ必要なもの

 

それから、私が一番お勧めするのは健康診断です。

 

予防接種でしか動物病院に行ったことがないという飼い主さんがとても多いのですが

できれば、年に1回以上は血液検査、尿検査、検便、触診、平熱、体重測定、(できればレントゲンも一度は・・)などの

基本的な健康診断を受けていただきたいです。

 

犬がぐったりしてから動物病院に行くのでは

手遅れになることが多いからです。

 

犬はとても我慢強い動物です。

痛いところがあっても平気を装います。

食欲も落ちない、下痢もしない、普通に元気にしている、

それだけで健康だと判断していると大変なことになります。

 

内臓の病気、骨、関節の病気や怪我など目に見えないものはたくさんあります。

 

ぐったりしてしまったら、それは重症化してしまっているということで

完治にも時間を要しますし、命を落とす危険もあるのです。

 

ある知人の獣医師は

「だいたい、ひどい状態になってから受診してきて

入院、手術、通院となって

結局亡くなってしまう患犬がとても多い・・・

健康診断さえしていれば、助かる命は3倍になるのに」

と嘆いていました。

 

健康な時の数値を知っておくことも、とても重要です。

 

動物病院によっては、誕生月にパック料金で健康診断をしてくれるところもあります。

予防接種の時やフィライリアの検査と一緒にでもいいと思うのです。

 

ぐったりしてから病院に行くより、ちょっとした数値の異常の発見や

獣医師の触診などで

愛犬が痛みや苦しみ、身体の異常を我慢していたことがわかるのです。

まだ愛犬が平気を装える状態の異常であれば、簡単な投薬か治療、予防、

食事の内容を変えるだけで、健康に戻せるのです。

 

その方が治療費もぐんと安価です。

重病化してからの治療費は保険に入っていなければとても高額になってしまうことが多いです。

まだ、たとえ高額だとしても治療方法があればいい方です。

手の施しようがなくなることも重症化した場合は多いのです・・・。

 

だからこそ健康診断は重要となります。

動物病院によって様々ですが

健康診断費は基本的なものであれば1万円もしないはずです。

 

7才までは年に1回、7才過ぎたら年に2回ほど健康診断をするのが理想的だと

私は考えています。

 

妹と妹の愛犬ラブ
妹と妹の愛犬ラブ

 ・食べなくなったら死のサイン?!

 

そして、ちょっとでもおかしいな~と思うことがあったら

「様子を見る」ということは避けてすぐに受診してください。

 

私の妹がとても悔やんでいることが

この「様子を見る」ということでした。

 

吐いて、食べなくなった愛犬を

いつもの動物病院に連れいて行って注射をしてもらって

それでも、なんだか変だな~と思っていたそうです。

以前にも同じようなことがあり、注射で治ったという経緯から少し楽観視していたと・・・。

 

明日まで様子を見ようと、その日は食べない愛犬に水分だけ与えていましたが噴水のように吐いたそうです。

翌日他の動物病院に連れいていきましたが、なんとその翌日亡くなってしまったのです。

あっという間でした・・・。

 

亡くなってしまったので、正しい病名は不明のままですが

先に受診した病院では「腎不全」。

次に連れて行った動物病院では

「腸に何か詰まっている影があるが重篤な脱水症状で手術もできない」と診断され、

即刻入院で点滴治療になりました。

その獣医師によると

死因は血栓が脳に飛んだのではないかと・・・

あと1日早く連れてきてくれたら、助かっていただろうと獣医師に言われたそうです。

 

手前ラブ、奥がラブの子供レオン 泳ぎがとても上手なラブでした
手前ラブ、奥がラブの子供レオン 泳ぎがとても上手なラブでした

亡くなった妹の犬は、私の愛犬ロッキーの母犬、ラブです。

 とても従順で可愛い可愛いラブでした・・・

享年9歳。

 

ラブが命をかけて教えてくれたことを

私は、ここでこうして皆さんにお伝えしたいと思って

涙をこらえて書いています。 

 

どうか、皆さん、

「痛いよ」「苦しいよ」「辛いよ」

と言えない愛犬のために

 

「様子を見る」ということはやめて

少しでもおかしいなと思ったら

即刻動物病院に受診してください。

かかりつけ医だけではなく、セカンドオピニオンも視野に入れてください。

 

普段から、犬の栄養学に沿った良質な食べ物を与えていただきたいです。

健康診断、歯磨きも欠かさないでいただきたいです。

 

愛犬のために、飼い主として正しい知識を得てください。

大切な家族として、最善を選んでください。

 

お願いします。

 

今月、10日はラブの一周忌です。

 

私にできるラブへの供養はこのブログとなりました。

 

ラブ、喜んでくれているかな・・・。

たくさんのことを教えてくれてありがとう。

ラブが教えてくれたことを必ず生かしていくからね。

 

全ての犬たちが、健康に元気に寿命を全うできますように・・・

 

 

愛するラブに捧ぐ

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

23日

愛犬のしつけ成功の秘訣~ポメラニアンチビチビちゃん~

昨年からご訪問していたポメラニアンのチビチビちゃんが

今月、卒業しました☆

 

ご依頼内容は

来客時の大興奮と吠え、

お散歩後の興奮と噛み癖、

飼い主の外出時の吠え、

電車にのるときに静かに乗れる、

動物病院受診時に落ち着ける、

色々ありました。

 

成犬ですが、パピートレーニングの基本から開始しました。

私が最初に伺ったときは

ゲージの中で大興奮で大暴れ、大鳴き、

落ち着くまでに30分かかりました。

 

お引越しされて間もなかったのですが

そのお引越しのストレスもあり

脱毛激しく、すかすか状態です。

食欲も波があったり、とにかくとても不安定な状態で、いつも大騒ぎしている感じでした。

 

まずは呼び戻しから。

首輪もついていなかったので

首輪(鑑札や狂犬病予防接種票付)をつけるところから開始。

 

それから

フセ、マテ、アイコンタクト、ハウス、オフ、ヒール

歯磨き指導もありましたよ♪

 

このチビチビちゃんが、どんなにおりこうさんに変身したか

皆さん、想像できますでしょうか。

 

玄関チャイムがなっても静かにクレートで待つことができ、

来客時や帰宅時もハウスの指示で落ち着けるまで待つことができ、

暴れて唸ったりすることがほとんどなくなり、

ヒールウォークもできるようになり、

落ちているものを拾い食いしなくなり

(たとえしても「オフ」のコマンドで離す)

お散歩もアイコンタクトしながら

楽しく歩けるようになったのです。

 

電車に乗る時もクレートでリラックスしていられるようになり

動物病院でもトリミングでも、チビチビちゃんの成長と変化に

驚かれていたそうです。

 

素晴らしい変身と成長をし続けたチビチビちゃん(#^^#)

 

このしつけ成功の秘訣はなんでしょう。

 

それは飼い主さんの一貫性ある態度と

決してあきらめず、チビチビちゃんの可能性を信じて

毎日毎日たくさんの成功体験を

チビチビちゃんにさせてあげることができたからです。

 

独自に記録表を作って

練習したことや困ったことなども

しっかり記録され

私の出した宿題は全て完璧にこなしてくださいました。

 

そうなんです。

 

犬は、全ては飼い主さんにかかっているのです。

 

それを証明してくださったチビチビちゃん飼い主さんご夫婦を

私は尊敬していますし

皆様にもご紹介したくなってブログを書きました。

 

お散歩も毎日2回、しっかりして

その時間を記録されていました。

練習した回数や、その都度問題があれば記録しておき

私が訪問した際にご相談してくださいました。

 

なので適切なアドバイスもできました。

 

暴れて噛んでしまってできなかった足ふきも

今では、おとなしく拭かせてくれます。

 

一番問題だった朝早くから鳴いて大騒ぎしていたのも

収まりました。

 

これは全て飼い主さんの一貫性ある態度と

楽しみながら練習をされてきた成果です。

飼い主さんとアイコンタクトをして指示を待つチビチビちゃん
飼い主さんとアイコンタクトをして指示を待つチビチビちゃん

できると信じてもらえる犬は幸せです。

 

必ずできるようになるんです(*^-^*)

 

チビチビちゃん、

これからもお母さん、お父さんと

楽しく幸せに過ごしてね(#^^#)

 

もうちょくちょく会えないのは本当に寂しいけれど

チビチビちゃんご家族の幸せなドッグライフをこれからも応援していきたいと思います☆

0 コメント

2017年

3月

13日

ゴールデンレトリーバーの咬傷事故について

3/10悲しいニュースを目にしました。

 

ゴールデンレトリーバーが生後10ヵ月の赤ちゃんを咬んでしまい、死亡してしまったニュースです。

このニュースを見た時、涙が止まりませんでした。

 

亡くなってしまった赤ちゃん、そのゴールデンの飼い主さんご夫婦、

そして赤ちゃんのご両親である娘さんご夫婦のことを思うと

胸が痛くて・・・苦しかったです。

 

こんな悲しいことってありますか?????

 

悲し過ぎます。

 

切な過ぎます。

 

色々なご意見もあるでしょう。

 

やっぱり犬って怖い・・・

犬が好きでない人は

ますます犬を嫌いになってしまったかもしれません。

 

私の生徒さんのゴールデンを飼っているご家族も

早速翌日通りがかりの人に

「あの犬がゴールデンだよ~あの犬が赤ちゃん殺したんだよ~」

と言われ、

犬を連れてお散歩に出るのが怖いとおっしゃっていました。

 

 

でも、犬は悪くないんです。

 

これは声を大にして言いたいです。

 

犬は悪くないんです。

 

個体によって性格は様々ですが、本来、ゴールデンレトリーバーは

明るく陽気、とても穏やかで人に従順、

そして子供のお守りもできるほど子供との相性も良いと言われている犬種です。

 

 

でも、一緒に暮らしていないお孫さんを預かっていたということから

このゴールデンにとっては、「同じ家族」という認識がなかったのかもしれません。

 

ゴールデンに限らず、どの犬にも言えることですが

犬が咬むのには、ちゃんと理由があります。

 

怖かったのか

嫉妬なのか

縄張り意識だったのか

遊んでいたつもりだったのか

獲物と勘違いしてしまったのか

攻撃本能が刺激されてしまったのか

 その他いろいろ・・・

 

実際にその犬を見ていないので

ニュースの内容だけでは判断できませんが

その犬にとって何かしら理由はあるのです。

 

しかも

 

噛む前にも必ずサインが出ているのです。

 

それを見逃した人間側が悪いのです。

 

でも、祖父母さんを責めたくないですね。

 

日本のペット産業はあまりに営利目的過ぎて

犬を購入してもらったらもう、それで終わりです。

 

しつけについても、犬のストレスサインやカーミングシグナルについても

飼い主さんがその気にならなければ

学ぶ場もなければ、仕組みもありません。

 

飼い主側の意識だけに頼っている世界なのです。

 

本来なら、犬を飼う、迎える前に

それなりの知識が必要ですし、実践も必須です。

 

ことに大型犬となると痛ましい事故に繋がるケースもあるという自覚が必要です。

 

多くの大型犬を迎える飼い主さんは

しっかりしつけしないと大変なことになるという意識も高い方が多く

しつけは頑張るのです。

 

でも、犬の行動学を学ぶ人はとても少ないのではないでしょうか。

 

カーミングシグナル???

ストレスサイン???

知っている方はどれだけいるでしょうか・・・。

犬は、必ず身体を使って感情を表現しています。

 

犬が警戒心や恐怖心、興味、ストレスなどを感じたら

耳、目、口元、被毛、尻尾、足、震え、フケ、あくび、など

なんらかの変化が必ずあります。

 

穏やかに落ち着いている時とは違うのです。

 

 

今回の事故も、飼い主さんの目の前1mあたりに赤ちゃんがハイハイしていて

そのすぐそばにゴールデンがいたそうです。

だから、そのカーミングシグナルを見逃さなければ

必ず事故は防げたと思うのです。

 

知識は大切ですし

普段から飼い犬のストレスサインなどカーミングシグナルをよく観察する癖もつけておくこと

そして、

今回のように臆病だったというなら、なおさら

その子が出しやすいストレスサインを知っておくことで

防げたのです。

 

そして老夫婦家庭では、普段から乳幼児に慣れさせる社会化も必要ですし

その反対に若い世帯では、高齢者に慣らす社会化も必要です。

老若男女、変な動き、大きな声、自転車、車、飛行機、人混み、国道沿い、

色々な経験を安心安全の中で愛犬にさせて社会化をしてあげるのが

真の愛情だと私は思っています。

 

日本のペット産業の変革が必要ですね。

ただペットを売るだけじゃなく、

しつけについてや犬の行動学についてのセミナーなど開催したり

正しい知識を飼い主さんが得られる機会を作って欲しいです。

 

法律も、犬を飼う時に必ずそれらを受講する義務を与えるべきです。

 

知識と実践があるだけで、痛ましい事故が減るのですから。

 

大型犬も小型犬も変わりありません。

 

同じ「犬」という種です。

 

特に小型犬はぬいぐるみや人間の子ども扱いされることが多く

不安定な子が多いので

飼い主側の意識は大切です。

 

そして

「怖がり」という性格のせいにするのではなく

少しでも「怖がるもの」を減らす努力を飼い主がするべきことだということを

意識できる仕組みがあったらいいな~と思います。

 

犬は人間よりずっと「過去にとらわれない」「今を生きる動物」なのですから。

 

人間の方がよっぽど頑固で過去に囚われやすく

思い込みも激しいものです。(私も含めて・・)

 

「嫌がるから」

「怖がるから」

「怒るから」

「吠えるから、噛むから」

「家族が協力してくれないから」

「忙しいから」

「時間がないから」

「仕事をしているから」

「病気だから」

などという飼い主側の都合を愛犬に押しつている人が多いこと多いこと。

 

嫌がるなら嫌がる必要がないということを教えればいい。

 

怖がるなら怖がらなくても大丈夫だよということを教えればいい。

 

犬の行動学を学んでいる私たちは自然にそう思います。

その教え方も知っているし

犬はすぐに理解するということを知っているので。

 

飼い主さんが忙しかったり、家族が協力してくれなかったら

愛犬が不安定でもそれでもいいのでしょうか。

 

それは本当に愛犬を大切にしていると言えるでしょうか?

 

 

だから知って欲しいです。

 

愛犬が幸せに私たち人間と共生していく方法は

必ずあります。

家族や仕事、病気のせいにしたり

言い訳したり、逃げたり、できないと思いこまないでほしいのです。

 

何より大切な愛犬が心身共に健康で安定して

幸せな犬生を生きてほしいと願うのであれば

飼い主側の意識をかえてほしいです。

 愛犬を心から信頼できるようになることを知って欲しいです。

 

知識を得てほしいです。

だからといってネットで調べたことは

正しいとは限りません。

信頼できる専門家に相談したり、

行動学の専門書を読んだり、

陽性トレーニングのドッグトレーナーに相談したりしましょう。

絶対に自己流は避けて下さいね。

(それには色々理由がありますが、長くなるのでここでは書きません)

 

・・・・・

 

このゴールデンちゃんは、どうなるのだろう。。。

 (絶対殺処分などにはなりませんように!!!)

 

赤ちゃんを失った若夫婦と祖父母夫婦の今後の関係性も心配です。

 

どうか

 

どうかこの事故が、今後に生かされ

 

赤ちゃんの死が無駄になりませんように・・・。

 

私たち犬にたずさわる仕事をさせていただいているものとして

ささやかなことでも

できることをしていきたいです。

 

赤ちゃんのご冥福を心から祈りながら・・。

0 コメント

2017年

2月

11日

トイプードルプリンちゃん11≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングを続けていました。

 

とうとうセラピードッグ認定試験がやってきました。

 

前日に、試験対策レッスンを

サンちゃんとやりました。

 

 

緊張気味の飼い主さんと興奮気味のプリンちゃん。

前日から、コマンドに反応しなくなったと飼い主さんが不安げでした。

飼い主さんの緊張が伝わっていたのです。

 

緊張していると普段はできていることも

できなくなってしまうのです。

でも、落ち着けるように、

しっかりと行動できるように

アドバイスをさせていただきました。

 

できると信じること、

それが大切ですね(#^^#)

 

プリンちゃんもその気持ちに応えてくれましたよ☆

オスワリ・フセ・ロングリードのマテもクリア!

スムーズな移動も刺激に対する反応もクリア!

 

対象者さんの触り方の反応も全てクリア!

 

そして一番得意の「実際の活動に模した試験項目」もクリアしました(*^-^*)

 

合格です♪

分離不安で、飼い主さんがいないとギャン吠えしていたプリンちゃん。

いない間ずっと吠え続けていて

食も細くて食べない日もあったりする子でしたが

 

この1年で、飼い主さんがお仕事に行っている間のお留守番も静かにできるようになり

モリモリご飯も食べるようになり、

そしてとうとうセラピードッグとして活動できるようになりました。

奇跡のようですが奇跡ではないですね。

飼い主さんの大きな努力のたまものです。

 

本当に本当におめでとうございます。

 

つづく(セラピー活動につづく)

0 コメント

2017年

2月

11日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん5

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

2歳の男の子です。

 

 

いよいよというかとうとうというか

セラピードッグ認定試験を受験する日がやってきました。

前日、試験対策レッスンをしました。

飼い主さんは、少し心配そうでした。

 

 

当日は、とても良いお天気で

サンちゃんも飼い主さんも笑顔で試験会場にやってきてくれました。

 

落ち着けば大丈夫!

 

飼い主さんの声かけも適切で

前日の練習の効果もあって

最初は興奮気味だったサンちゃんも落ち着いて試験に挑めました(#^^#)

 

緊張感のある中、飼い主さんもサンちゃんも

落ち着いていつもの行動をとることができました。

一番心配していた

「他の犬とすれ違う試験項目」でも大成功!!

 

見事、合格となりました☆

 

サンちゃん、おめでとう♪

一緒に活動する日を楽しみにしています(#^^#)

 

0 コメント

2017年

2月

03日

あっという間に2月です(^-^;

新年のご挨拶ブログも書かないまま

なんともう2月になってしまいました(^^;

 

でも今日は節分、旧暦では明日から新年ですから・・

みなさま、本年もよろしくお願いいたします☆

 

写真はお正月に旅行に行ったときのものです♪

 

2017年の私の目標☆

 

一頭でも多くのワンコたちが、飼い主さんと共に更に幸せに暮らせるようお手伝いしていくこと。

(これは今年に限ってではないけれど・・・)

そして、もっとセラピードッグを育成していって、アニマルセラピー(動物介在活動)をがんばっていきたい。
ワンコたちが楽しくて、飼い主さんとワクワクしながら張り切ってくれるように
私のできる全てを全力でがんばります。

 

保護犬とらちゃんと私
保護犬とらちゃんと私

そして・・・・

 

保健所などで悲しい現実と向き合っているワンコが一匹でもいなくなることを目標に

私にできることを少しずつやっていきます。

 

保護犬とらちゃんが教えてくれたこと・・・

決して忘れない。

とらちゃんがお空で見守っていてくれるから。。

 

0 コメント

2016年

12月

27日

年末年始のお休みのお知らせ

いよいよ2016年も数日となりました。

2016年もたくさんのワンちゃんと飼い主さんとのレッスンを楽しめましたこと、

アニマルセラピー活動にもたくさんのご理解とご協力を得られて、犬たちと共にたくさんの笑顔の花を咲かせることができたことを

心より感謝しています。

 

生徒さんのたゆまぬ努力と

ワンちゃんの満たされたような表情と張り切る姿に励まされた一年でした。

ありがとうございました。

また来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

年末年始の休業のお知らせ

 

2016年12月30日~2016年1月9日

 

10日より平常業務となります。

お休み中のお問い合わせ、メールなどの返信と

ドッグフードなどのご注文の発送は

10日より順次対応いたしますのでご了承下しさい。

 

0 コメント

2016年

12月

22日

ポメラニアンイヴちゃん~セラピードッグトレーニング~

ポメラニアンイヴちゃん2歳♪女の子です。

セラピードッグトレーニングのご依頼をいただき、

2回目のレッスンでした。

 

家庭犬としてはトイレの失敗以外は

ほとんど問題はありませんが

セラピードッグとして身につけておくことや

飼い主さんとの関係性を構築していくことが山ほどあります(*^-^*)

焦らずゆっくり楽しくレッスンしていきたいと思います。

 

まずは、オスワリとフセとオテが混同しているので

それぞれのコマンドでしっかり行動できるように導いていきます。

成功の秘訣は、一貫性です。

私はカウンセリング時を含め、まだ3回しかイヴちゃんに会っていませんが

常に一貫性ある態度を保っているので

イヴちゃんもすっかり信頼してくれるようになりました(*^^*)

 

オスワリやフセ、マテの基本を教えていきながら

アイコンタクトやヒールなどを開始しました。

 

私の前で落ち着いてオスワリをして、「私、覚えます!」という楽し気でリラックスした状態でいてくれるイヴちゃん。

とても従順です。

落ち着ていると、すぐに理解してくれるイヴちゃん。

飼い主さんは「私だとこんな風におとなしく待てない」と自信なさげですが、

 

イヴちゃんは、落ち着くことも、オスワリの指示に従うことも喜んで自らやっていますので

飼い主さんも一貫性を持って毎日少しずつ練習をしていけば、必ずできます。

自信を持って取り組んでいただきたいです(*^^*)

次回は来年になってしまうのですが

それまで楽しみながら練習をしてくださいね♪

 

つづく

0 コメント

2016年

12月

19日

第6回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

老人ホームはなことばさん6回目の活動です。

 

 

ヨーキーノブナガくん、ミニチュアダックスモカちゃん、トイプードルプリンちゃん

そしてロッキーの4頭(*^^*) 

利用者さん45名、

数か月ぶりにモカちゃんが参加で、モカちゃんを待っていたご利用者様もとても喜んで下さいました。

モカちゃんのハンドラーさん村上さんは、6月に出産後現在育児中ですが

赤ちゃんを連れてお手伝いに来てくれました( ;∀;)

モカちゃんのハンドリングは、何度も練習してきて

前回「まどかさん」でも大活躍の降矢さん♪

メンバーみんなが協力してくれることに感謝いっぱいです!!

 

介護関係のお仕事をされているメンバー徳差さんも適切なフォローアップと笑顔が素敵で

心から感謝です。

 

プリンちゃんは二回目の参加で、しかも実習中ですが

まるで何年もセラピードッグをやっているかのような大物ぶりでした(#^.^#)

 

利用者さんの笑顔の写真はまた後日アップします☆

 

 

 今回、プリンちゃんのご家族も写真撮影のお手伝いもして下さり、

とてもとても助かりました。

お忙しい中

活動にご理解、ご協力下さる全てのボランティアさん、ワンコたちに

たくさんの「ありがとう」を伝えたいです。

ささやかなボランティア活動ですが

笑顔を愛を分かち合えるようがんばっていきたいと思っています。

 

0 コメント

2016年

12月

12日

接し方ひとつで愛犬は変わる

唸る・噛む・無駄吠えばかりの愛犬にお困りの方、また犬を迎えたばかりの方にはぜひ読んでいただきたいブログです。もちろん問題が何もないという飼い主さんも問題行動予防の観点からぜひ読んで下さい。

普段生徒さんと愛犬の幸せをサポートをさせていただいてる中で

 

ただ、オスワリやフセができることより

どれだけ深い信頼関係や絆が

育まれていくかということを重要視しています。

 

確かに「オスワリ」「フセ」「マテ」は大事な大事なしつけの基本です(*^^*)

でも、それは信頼関係があってこそ有効になるのです。

いたずらしたら叱る、できないから叱る、問題行動を叱る。

 

叱る、脅かす、嫌な思いをさせる・・・・

そればかりだとどうでしょうか・・。

恐怖心や不信感ばかり育ててしまいますね。

叱るとか、いけないことを違うよって教えることは、信頼関係があった方がいいですよね。

「もう信頼関係できてます!!」

と自信100%の方は以外と少ないのです。

 

また、「信頼関係」を勘違いされている方もいらっしゃいます。

 

犬と人間ではその「信頼関係」の作り方は

大きく違うのです。

人間同士と同じように作った信頼関係は

多分、犬は大きな勘違いをしているか

大きな不安と不信感を抱いてしまい、

唸る、噛む、言うことを聞かない、分離不安、異常な怖がり、攻撃性などの問題行動に繋がってしまいます。

 

問題行動だけでに注目するのではなく、

愛犬との真の信頼関係と絆を作っていくことを意識するだけで、愛犬の態度は変化していきます(*^-^*)

では、犬との本当の信頼関係の作り方とはどういうものでしょうか?

 

人間と人間の場合は、相手を思いやる、困っていたら助ける、約束を守る、たくさん話したり笑いあったりするなど色々ありますね。

親子や夫婦、恋人などは、見つめ合う、抱きしめ合うなどのスキンシップも必要だったり♪

 

犬も同じ!!

いえ、全部同じではないのです。

犬の行動学を学んだ方ならわかると思いますが

抱っこ、抱きしめ合う、撫でられることが大きなストレスとなってしまうワンちゃんもいます。

私たち飼い主の方からは愛を持ってしている行動も

犬たちにとっては迷惑極まりないこともあるのです。

人間と犬は違うということをしっかり意識することも大切です。

 

もちろん、ワンちゃんによっては抱きしめられることを受け入れてくれる子もいますし

それが飼い主さんの愛情表現だということを理解してくれる子もいます。

ワンちゃんの犬種や性格によって、それはとても様々ですが

ずっと一緒にいる飼い主さんだからこそ、気が付けないこともあります。

 

 

 

関係性を作っていく中で、お散歩と同様にワンちゃんにとって必要なのは「ルール」です。

家、家族、部屋、外などのルールを一貫性を持って教えて、守らせてあげること。

 

そのルールを教えてくれる人を犬は信頼し、安心します。

ルールを教えられ守ることでワンちゃんの精神は安定し穏やかで従順さを引き出せます。

 

そして自然と問題行動が減少することが多いのです。

チョークチェーン、スパイクチェーン、うるさい音の缶などもいりません。

もちろん、体罰だって必要ありません。

体罰は不信感しか生みません。詳しくはこちらを参考にして下さい

 

ただひたすら犬がわかるように、ルールを教えるのです。

その方法は、とても自然な方法です。

犬は言葉を理解していませんので、コマンドはあとから付け足します。

犬が理解しやすいボディーランゲージと、できた時にとても褒めてあげること、

それだけです。

 

言葉はいらないのです。

 

保護犬とらちゃん パニックになって唸ったり噛んだりしたけれど正しい信頼関係を作り、人間を再び信頼してくれるようになりました。
保護犬とらちゃん パニックになって唸ったり噛んだりしたけれど正しい信頼関係を作り、人間を再び信頼してくれるようになりました。

接し方ひとつで愛犬が変わる!

それを実感すれば

きっと愛犬との幸せな毎日を手に入れられる♪

 

信じてくださいね。

 

 

ルールとは

 

◎正しいお散歩

お散歩は運動させるというだけではないのです。関係性を作っていく大切な習慣です。

 

◎犬との正しい接し方

 

これらを参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 厳しくスパルタにするわけではありません。

穏やかに毅然とただただ愛犬を愛する行動を継続していくだけです。

 

決して途中で諦めないこと

(結構このパターンが多いのです。それでは益々愛犬は混乱してしまいます)

家族全員が協力して一貫性を持つこと

(家族としっかり話し合うことで家族との絆も深まっていきます)

 

そして、愛犬を信じること

 

飼い主としての自分を信じること

 

必ずできると信じることは、愛犬にもちゃんと伝わります。

 

飼い主に信じてもらえる犬は、必ず期待に応えようとしてくれます。

時間がかかっても、

たとえ何度も失敗しても、何度でもやり直せばいいのです。

信じてもらえている愛犬は、必ず

ちゃんとついてきてくれます。

 

イライラしたり、まっいいかなどど一貫性のない態度を取らないことが

関係性を再構築していく上でとても大切です。

 

それができない、または自信が無いという飼い主さんには、

できるようになるまで私が全力でサポートします(*^-^*)

 

 

0 コメント

2016年

12月

12日

第2回メディカルホームまどかさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

「SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

12/11はメディカルホームまどかさんでの2回目の活動でした。

 

 

前回10月の活動の反省点を踏まえて

施設側のスタッフさんがとても細やかな対応をして下さり、

とても充実した活動になりました。

今回は私の三女(高校生)や初参加の大学生、それからメンバーの初孫ちゃん(生後1.5か月)の参加もあり

下は0歳、上は50代と幅広い年齢層!!

参加犬は

ヨーキーノブナガくん、トイプープリンちゃん、ミニチュアダックスモカちゃん、そしてラブラドールロッキーの4頭でした♪

ノブナガちゃんフセ
ノブナガちゃんフセ
ロッキージャンプ♪
ロッキージャンプ♪
プリンちゃんオテ
プリンちゃんオテ
モカもジャンプ♪
モカもジャンプ♪

今回から、育休中のメンバーの代わりにハンドラーと努めて下さるメンバーもがんばりました。

2回ほどモカちゃんと絆を育むためにハンドリング練習をしてきた努力が実り、

ご利用者様も、私たちも素敵な笑顔が生まれました☆

また、セラピードッグ訓練生のプリンちゃんも、実習として初参加!

でも、まるで何年も前から活動してきたかのような余裕~(*^^*)

できなかった「オテ」も、本番でできたという奇跡も起こり、数か月プリンちゃんのレッスンをしてきた私もびっくり☆

 

ご利用者の方々も大きな声を出して犬たちの名前を呼んで下さったり

優しい笑顔で優しく犬たちを撫でたり抱っこして下さったり

 

芸の披露でもたくさんの拍手をいただき、私たちも楽しい楽しい活動なりました♪

 

活動するたびに、成長していく犬たち・・・

頼りない私の大きなサポートをして下さるメンバーの皆様に心から感謝です(*^-^*)

 

写真を撮って下さっているメンバーが映らなくて残念r(≧ω≦*)

準備に片付け、掃除までして下さって、写真撮影も!!

本当に心から感謝です。

 

ありがとうございました☆

0 コメント

2016年

11月

03日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん4

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

5回目のレッスンの記録です。

 

今日は室内練習の成果を見るためと

他のワンちゃんと遭遇すると興奮してしまう癖を改善レッスンです。 

室内でできることでも

刺激の多い場所では難しいこともたくさん。(今回は公園なのでなおさらでした)

 

アイコンタクトと声掛けが重要となります。

 

目標は

いつでもどこでもどんな時でも

 

落ち着いて行動できるように導くことです。

リードで合図を送ったり制御しようとすると

以前のトレーナーさんに教えられたチョークチェーンでの記憶が蘇り

抵抗してしまったり、飼い主さんの顔色を伺う子になってしまうので

 

リードはいつでも緩んだ状態を目標にして

アイコンタクトと声掛けで、サンちゃんが喜んで指示に従うことを選択できるようにします。

コマンドが聞こえなくなるほど

気が散っている時は、

大好きなおやつを鼻先に持っていって

こちら側に振り向かせたりします。

 

でもいつでも手の中におやつを持っていると

おやつが無いと言うことを聞かなくなってしまうということに陥りやすいので

工夫をします。

 

 

そして成功の秘訣は

 

褒めるタイミングと声のトーン。

 

他の散歩の人に振り向かれるほど

高い声で褒めます(〃▽〃)

 

サンちゃんはそうすることで

自分がどう行動したらいいのかを理解しはじめました。

 

しっかりアイコンタクトを取ることもできるようになってきました。

他のワンちゃんとも上手にすれ違えるようになりました。

 

チョークチェーンでコントロールしていたときより、ずっと信頼関係が強固になっています。

 

リードがピーンと張った状態になったら

 

「よし♪練習するチャンスだ!」と

思うことも大切です(#^^#)

普段のお散歩はハルくんがいて両手にリードなので

対応は少し難しいこともありますが、

基本は同じです。

望む行動をしたときに、たくさん褒めること、

褒める時は褒めていることが伝わるように声のトーンを高くします。

望まない行動をしたときは、望む方向に犬たちを導きます。

その時に大切なのはアイコンタクトと普段の声掛け(コマンド)の一貫性です(*^-^*)

 

ハルくんもがんばりました。

飼い主さん以外の人にリードを持たれて歩いたことが(拒否するため)なかったのですが

ハルくんの練習のために、私がリードを持ちました。

かなり不安そうに軽く抵抗していたのですが、

私にしっかり着いてくることができました。

そしてサンちゃんの練習を後ろから応援してくれました。

 

できないことができるようになると、犬だって嬉しいのです。

そして自信がつきます(#^^#)

 

サンちゃんのトレーニングをすることで

ハルくんも成長しているのは、私も飼い主さんも嬉しい副産物です(#^.^#)

 

 

次回のレッスンも楽しみです♪

 

つづく

0 コメント