中学校にセラピー活動だワン

昨日はJCDCのボランティアで
町田市内の中学校にセラピードッグとして参加してきました( ´ ▽ ` )


雨のため、寒~い体育館での活動!
9時~12時までがんばったロッキー(^^;;


お隣は、シュナウザーとプードルのミックス犬

ポパイくんです。

素晴らしい災害救助犬♪

災害救助犬のデモンストレーションから、


中学生たちはみんな真剣な顔で

犬たちの訓練の様子に見入っていました。


瓦礫の中から要救助者を見つけだしたら

大きな拍手!


私もロッキーもあんぐり口を開けて

感心してみていました(//∇//)




その後のセラピードッグふれあい体験で
約60人ほどの中学生とふれあいました。


1時間目と2時間目は参加する中学生が変わります。

委員の保護者の方々もいて

皆さん笑顔で犬たちと触れ合っていました。


女子生徒にきゃーきゃー言われて
デレデレロッキーでした(o^^o)

これはいじめらてるように見えちゃいますが、ロッキー自らこんなスタイルになって撫でて~~アピール(//∇//)
これはいじめらてるように見えちゃいますが、ロッキー自らこんなスタイルになって撫でて~~アピール(//∇//)
足の間に入り込んで甘えるロッキー(^_^;)
足の間に入り込んで甘えるロッキー(^_^;)

子供達が、災害現場で働く犬のことや

アニマルセラピーのことを知っていただける良い機会となり
充実した1日でした♪


ロッキーの様子からわかることは

「老人ホーム」や「障がい者施設」の時とは全然態度が違うということ。

わかるんだな~とまた私も感心しました。

高齢の方、障がいのある方に接するときのロッキーは優しく穏やかに・・・

そして今日のような元気な若者と接するときのロッキーは

甘えん坊でやんちゃぶりを発揮します。

毎回、私が勉強になり、色々な活動に参加させていただけるJCDCに感謝です。