セントバーナード リズちゃん4

セントバーナードのリズちゃん4回目のレッスンは

飼い主さんご夫婦との練習です。


まずは室内で、「ストップ」と「リズ」でこちらに戻ってくる練習をしました。

それから外での実践編です。


リードを出すと大興奮になるそうですが

私がいたからか、かなり興奮度は低く

落ち着いてリードを着けることができました。


いつもこういう状態を保てるといいですね。


まずは玄関で落ち着くまで待ちます。

 

玄関を出る順番も大切です。

まずは飼い主さん、それからリズちゃんです。


そして、玄関の外でも敷地内で落ち着くのを待ちます。

この後、フセて、待つことができました。


待っている間に落ち着けました。


興奮度を限りなく0に近い状態で出発すると

飼い主さんの指示もしっかりと耳に入り

たとえ、大好きな人や犬が来ても

突進しないで済むのです。

耳の状態がキーワードとなります。

誘惑物(刺激物)が少ない場所で

室内で練習したことと同じことをします。


横につけて歩いていて

「ストップ」のコマンドで止まらせます。

止まったら

「リズ」と呼んでこちらに戻ってこさせます。

パパさんは、とても的確に指示を出せていました。

「ストップ」=「止まること」と理解しているリズちゃん!

止まれた時、戻ってこれた時もっと褒めてあげるといいですね(*^^*)

この練習は、対象物に突進して飛びかからないという目標だけでなく、

止まったり、方向転換することでも

足腰の筋肉を鍛えてくれます。


リズちゃんがすぐに疲れてしまうのは、

重い体重のせいばかりではなく、筋力が未発達ということもあります。

大型犬は体重の影響で老犬になってからは

足腰、関節が弱り寝たきりになってしまうことが多いので、ぜひ筋力アップのためにも

毎日朝夕、しっかりとお散歩して下さいね。


つづく