お子様セラピー(9歳の女の子)

3月からロッキーと訪問セラピーをしているNちゃんをご紹介します(#^.^#)

 

9歳の女の子で先天性脳梁欠損症という病気を持っていて、

運動機能や言語に遅れがありますが、笑顔の可愛い元気なお子さんです。

 

ご依頼下さったお母さまのお話しでは

支援学級に通学してるのですが、不登校気味となりふさぎ込むことが多くなったとのことで、
せめて大好きなワンちゃんと過ごして、
楽しい時間を作ってあげたいとのことでした。

3月30日、初めての日はご自宅に訪問しました。

 

既に玄関先に出で1人で待っていてくれました。


夜明け前から起きて楽しみにしていたそうで
駐車場に車を止めるとドアが開くのももどかしく、
ロッキー、ロッキーと叫んでくれました(;^ω^A 

ロッキーとおもちゃで遊んだり、抱きしめあったり
写真を撮ったり
歓声と笑い声の
あっという間の1時間でした。

 

Nちゃんにとってこのセラピーがどんな影響が出て、

どんな効果があるかは、回を重ねていくうちにわかった来ると思いますが

セラピードッグとしてというよりも

家庭犬としてロッキーも共に楽しめているのが一番だなと感じました。

 

5月29日の2回目は、お母さまからのご希望でもあったのでドッグランでの

アクティブセラピーを試してみました。

 

5月にしては気温が高く、ロッキーには暑すぎてしまい短い時間になりましたが

なるべく日陰で遊ぶようにして楽しい時間を過ごせました。

 

ロッキー、待って~

Nちゃん、待って~~


ロッキー、マテ!

鼻パクできるかな~~


リードをつけて、お散歩しましょ♪

リードさばきもとっても上手なNちゃん☆


ご両親、ご兄弟も一緒で

前回近寄れなかった弟くんも

おやつをあげることができたり

(お手々ごと舐められてしまったけど・・)

ご家族一緒に、ロッキーも楽しんで

笑い声と歓声が響き渡たりました。

 

一番楽しんでいたのはロッキーでした(^-^;

 

ありがとう、Nちゃん、

ありがとうございます、Nちゃんご家族様☆