ブログカテゴリ:しつけとは


犬の幸せ · 20日 6月 2019
ひとことで「犬のしつけ」というと、 「厳しくできない」「犬が可哀想」と感じる人が多いことに驚きます。 日本語はとても難しいですね。 「しつけではなく言語を持たない犬とのコミュニケーション方法」と言った方が誤解されないかもしれません。 また「犬との主従関係」はタブー視されるようになってから久しいですが、主従関係ではなく「犬の良き先導者でありましょう」というとしっくりくるかもしれません。 今「しつけ」をしないことを選択している飼い主さんや「しつけ」と「虐待」を混同している飼い主さんもいることが気になり、セラピードッグトレーナーとして、どういう風に犬の良き先導者になれるのか、 ブログに書くことにしました。 愛犬がいつも穏やかにリラックスして飼い主さんを信頼、尊敬、尊重できるように導くことが 犬の安心や安定に繋がることをどうしてもお伝えしたいのです。 では、その「愛犬の良き先導者」とはどういうものなのかをお伝えしようと思います。 それは難しいものでも厳しいものでもありませ...

犬の幸せ · 22日 2月 2019
噛む犬のしつけは、ひとつの方法だけではありません。なぜ噛むか、それが攻撃性からなのか、防御反応からなのか、色々な視点から咬む原因を見つけ出すことが大切です。原因を探らずに手あたり次第しつけ方法を試しては逆効果です。ではどうしたらよいのでしょうか。

犬の幸せ · 09日 11月 2018
犬のしつけについて色々な考え方も捉え方もありますが、個々の犬の性格や飼い主さんの生活スタイルによって教えることや伝えることは違うのです。その伝える手法をしつけといい、それによって犬の本当の幸せが約束されるものでなければいけません。教えなければいけないこと、教えなくていいこと、本当のしつけって??私の考え方もまた、ひとつの参考にしていただければと思います。

犬の幸せ · 02日 12月 2015
犬のしつけには色々な手法があり、 トレーナーさん独特の方法や 訓練所ごとに違います。 どこでも同じようにトレーニングをしているとは限らないのです。 中には、しつけと称して犬を叩いたり殴ったり、蹴ったり、チョークチェーンなどで首を思い切り絞めたりするしつけをしているところもあります。

犬の幸せ · 20日 12月 2014
動物行動学から見た犬の幸せ。 マテとフセは心を安定させ、命も守るしつけです♪