ヨーキーミンちゃん記録ブログ

2019年

2月

28日

【1】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。先住犬のアルちゃんも応援してくれています。

誰がいてもリラックスできるミンちゃん
誰がいてもリラックスできるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

ブリーダー放棄の保護犬です。

 

飼い主Kさんからのご依頼で、

セラピードッグ適正診断に伺いました。

 

人が好き。他の犬も好き。

そして人に撫でられることが大好きなミンちゃん。

基本的なしつけはオスワリくらいですが

適正は100点でした。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

13日

【2】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。二回目のレッスン記録です。

監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん
監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

二回目のレッスンは預かり犬も含めて二頭の監督犬の中、頑張りました。

 

外野がどんな状況でも、集中できる点で

ミンちゃんはスペシャリストです(*^-^*)

 

ワンワン鳴いていても、周りをうろうろされていても、飼い主さんの指示をウキウキ待てるのです♪ 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

23日

【3】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

3回目のレッスンは苦手なことや

できにくい点を飼い主さんに伺って

どうやって導いたら理解してくれるのか

レクチャーしました。

 

ミンちゃんはすぐに理解し

色々な練習も順調です(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

合同練習会~セラピードッグ育成~

セラピードッグ育成に欠かせないのは、

色々な場面でも、すぐに慣れて

リラックスできることを教えることです。

 

セラピードッグは、色々な場所、色々な人、色々な音や匂いの中で

色々な触り方をされることがお仕事なので

それを耐えるとか我慢するのではなく、犬も飼い主さんも共に

楽しめることが大切なことです。

今回は、訓練生のミンちゃん、パッシュ君と卒業生のひめちゃん、クッキーと合同練習会です(*^-^*)

今年度から訪問が決まっている施設もあり、対象児の年齢が低いことから

そちらでの活動も視野に入れた練習もしました。

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

13日

【4】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

ブログを更新していませんでしたが

最近までのレッスン記録です。

 

室内では100%できるヒールウォークも

お散歩時やその他の場所では

気が散ってできにくくなることもあったミンちゃん。

なので、温室練習場で練習したり

いつものお散歩時に付き添って

正しいお散歩方法をお伝えしたりしました。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

10月

21日

セラピードッグ認定試験

今年度初のセラピードッグ認定試験を実施しました。

12日に予定していましたが、台風19号の影響で

20日に延期となりましたが無事に実施することができました。

 

見事合格して正式なセラピードッグになった3頭をご紹介します(*^-^*)

 

今年の3月にひめちゃんがセラピードッグとして認定されてから7か月。

 

育成トレーニングを頑張ったワンコとハンドラーさん3組が受験しました。

 

小学校や乳児院、老人ホームに訪問しているので、それに沿ったトレーニングを積んできました。

 

トレーニングといっても、飼い主であるハンドラーさんが楽しみながら

愛犬との絆を育むことが一番の目標でした。

一番目はスタンダートプードルパッシュくんとWさんです。

 

多少アクシデントもあったり

独特な緊張感の影響か、少し興奮気味で

いつもの行動が取りにくい状態でしたが

なんとか項目ごとにクリアしていきました。

 

ただ、実際の活動に模した試験項目では、

対象者とふれあうことが嬉し過ぎて

飛びつき様の行動が見られたので

改善トレーニングをしていきながら

小学校でのアクティブな活動のみ参加できる条件付き合格となりました。

 

続きを読む 0 コメント

2020年

3月

14日

新型コロナウィルスの影響によるアニマルセラピーについて

新型コロナウィルスの影響下の中、

2月までは変更なく活動していましたが、

3月からは乳児院、高齢者施設など全ての活動を中止しています。

楽しみにされていた方々には大変申し訳ない思いでいっぱいですが、

訪問先の担当者と話し合い、万が一のことを考えました。

活動再開は、安心できる状況になってからになると思います。

ちなみに、新型コロナウィルスは、

中国武漢で「コウモリ」から「ヒト」に感染したものです。

そうです。

人獣共通感染症なのです。

人から動物に移ることはないと言われていた常識も香港で感染例があり、覆されました・・・。

今のところ、そのペットには症状が出ていないそうで、現時点ではペットに感染しても重症化はしないということです。

そして世界保健機関(WHO)は

ペットから新型ウイルスに感染することはまずないとの見解で一致しているので

安心していいと思います。

飼い主の過剰な心配は、犬を不安定にさせてしまうので

平常心でいていただきたいです。

新型コロナウィルスだけではなく、人獣共通感染症はたくさんあります。

その感染を予防する方法は一緒です。

 

1.口移しで餌をやる、スプーンや食器、食器洗いスポンジを共用しない
2.一緒の布団で寝ることも避けた方が良い
3.顔をなめさせない

4.予防接種や抗体検査、健康診断、予防薬(フィラリアノミダニ)をする

5.野生動物のフンや尿があるような場所に行かない(匂いをかがせない)

6.お散歩から帰宅したら足を洗い、ブラッシングなどの清潔を保つ

 

飼い主の手洗いも重要です。

そして万が一、飼い主が陽性者になった場合は、ペットがいることを保健所にも伝えなければいけません。

続きを読む 0 コメント