セラピードッグ育成レッスンサンちゃん3

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

3回目~4回目のレッスンの記録です。

 

訪問時に興奮する癖は残っていますが、落ち着くまでの時間はとても短くなりました。

 

3回目のレッスンは

「タッテのマテ」と

「アイコンタクト」と

「ハウスで落ち着いてマテる」練習です。

 

前回まではタッテができるようになったので

立った姿勢で待てることを練習していただきました。

ハンドラーさんは穏やかに毅然ととても上手に導いているので

サンちゃんはすぐに覚えてくれます。

 

監督さんのハルくんも、タッテのマテをチャレンジして上手にできていました(*^-^*)

次は、アイコンタクトの練習と

ハウスで落ち着ける練習。

 

アイコンタクトはどんどん上手になっています。

指示を待つ時、見ての合図でアイコンタクトができるようになると

活動中も落ち着いていられますし、

対象者さんとのアイコンタクトに繋がります。

 

ハンドラーさんが毎日生活に取り入れていたハウスで落ち着ける練習は

素晴らしい状態にレベルアップしていました(*^-^*)

クレートで落ち着いて待つことができると、

セラピー活動以外でも動物病院や災害時などにとても役立ちます。

ハンドラーさんとサンちゃんは本当によく頑張っています。

4回目のレッスンは、

室内で練習してきたことを戸外でも練習しました。

 

ヒールウォークとアイコンタクトです。

 

お散歩中に出会う色々な刺激の中でも

ハンドラーさんとのアイコンタクトで

落ち着いていられるようにしていきます。

まずは、お庭で練習、

そして家の前の道路で練習です。

 

 

またまたハルくんが監督する中、

サンちゃんはがんばりました。

前を通る人や犬などの刺激に負けずに

ハンドラーさんの指示を聞けるようになってきました。

 

家の敷地から出る際に大切なのは

サンちゃんが落ち着いた状態でいることです。

 

お散歩に行けるという興奮状態のまま家を出ると

コントロールすることが難しい興奮状態が継続してしまいます。

 

落ち着いたら、門を出ます。

門を出ると、ご近所のお子さんが駆け寄ってきました。

 

レッスンは中断して

ふれあいタイムです(*^-^*)

 

サンちゃんは女の子に優しく撫でられて

大好き大好きのダンスを踊るかのように喜んでいました。

セラピードッグとしての適性は120点です♪

後ろ髪を引かれるように女の子と別れて

戸外でのヒールウォーク練習です。

 

リードを引っ張ったり、

怖い声で指示するのではなく

優しく声掛けをしながら導いていくのが

セラピードッグのトレーニングです。

 

ハンドラーさんはサンちゃんとアイコンタクトを取りながら、一歩ずつ歩きました。

絆が育まれていく情景はとても感動します。

 

次回は、家の周囲ではなく公園で練習予定です。

つづく