セラピードッグ育成トレーニングについて

セラピードッグ育成トレーニングのモデル犬としてお申し込みいただいた生徒さんの

レッスンの状況をブログに書いています。

全ての子が同じトレーニングではありません。

その子その子の個性や特性を生かし、訪問する施設や活動内容によってレッスン内容は変わりますので

ご参考に読んで頂ければと思います。

 

セラピードッグ育成トレーニングについての詳細はこちら

 

セラピードッグ育成トレーニングモデル犬(実例)

ヨーキーノブナガちゃん

ミニチュアダックスココアちゃん・モカちゃん

トイプードルあむちゃん

トイプードルプリンちゃん

ミックスサンちゃん

ポメラニアンイヴちゃん

2017年

2月

11日

トイプードルプリンちゃん11≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングを続けていました。

 

とうとうセラピードッグ認定試験がやってきました。

 

前日に、試験対策レッスンを

サンちゃんとやりました。

 

 

緊張気味の飼い主さんと興奮気味のプリンちゃん。

前日から、コマンドに反応しなくなったと飼い主さんが不安げでした。

飼い主さんの緊張が伝わっていたのです。

 

緊張していると普段はできていることも

できなくなってしまうのです。

でも、落ち着けるように、

しっかりと行動できるように

アドバイスをさせていただきました。

 

できると信じること、

それが大切ですね(#^^#)

 

プリンちゃんもその気持ちに応えてくれましたよ☆

オスワリ・フセ・ロングリードのマテもクリア!

スムーズな移動も刺激に対する反応もクリア!

 

対象者さんの触り方の反応も全てクリア!

 

そして一番得意の「実際の活動に模した試験項目」もクリアしました(*^-^*)

 

合格です♪

分離不安で、飼い主さんがいないとギャン吠えしていたプリンちゃん。

いない間ずっと吠え続けていて

食も細くて食べない日もあったりする子でしたが

 

この1年で、飼い主さんがお仕事に行っている間のお留守番も静かにできるようになり

モリモリご飯も食べるようになり、

そしてとうとうセラピードッグとして活動できるようになりました。

奇跡のようですが奇跡ではないですね。

飼い主さんの大きな努力のたまものです。

 

本当に本当におめでとうございます。

 

つづく(セラピー活動につづく)

0 コメント

2017年

2月

11日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん5

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

2歳の男の子です。

 

 

いよいよというかとうとうというか

セラピードッグ認定試験を受験する日がやってきました。

前日、試験対策レッスンをしました。

飼い主さんは、少し心配そうでした。

 

 

当日は、とても良いお天気で

サンちゃんも飼い主さんも笑顔で試験会場にやってきてくれました。

 

落ち着けば大丈夫!

 

飼い主さんの声かけも適切で

前日の練習の効果もあって

最初は興奮気味だったサンちゃんも落ち着いて試験に挑めました(#^^#)

 

緊張感のある中、飼い主さんもサンちゃんも

落ち着いていつもの行動をとることができました。

一番心配していた

「他の犬とすれ違う試験項目」でも大成功!!

 

見事、合格となりました☆

 

サンちゃん、おめでとう♪

一緒に活動する日を楽しみにしています(#^^#)

 

0 コメント

2016年

12月

22日

ポメラニアンイヴちゃん~セラピードッグトレーニング~

ポメラニアンイヴちゃん2歳♪女の子です。

セラピードッグトレーニングのご依頼をいただき、

2回目のレッスンでした。

 

家庭犬としてはトイレの失敗以外は

ほとんど問題はありませんが

セラピードッグとして身につけておくことや

飼い主さんとの関係性を構築していくことが山ほどあります(*^-^*)

焦らずゆっくり楽しくレッスンしていきたいと思います。

 

まずは、オスワリとフセとオテが混同しているので

それぞれのコマンドでしっかり行動できるように導いていきます。

成功の秘訣は、一貫性です。

私はカウンセリング時を含め、まだ3回しかイヴちゃんに会っていませんが

常に一貫性ある態度を保っているので

イヴちゃんもすっかり信頼してくれるようになりました(*^^*)

 

オスワリやフセ、マテの基本を教えていきながら

アイコンタクトやヒールなどを開始しました。

 

私の前で落ち着いてオスワリをして、「私、覚えます!」という楽し気でリラックスした状態でいてくれるイヴちゃん。

とても従順です。

落ち着ていると、すぐに理解してくれるイヴちゃん。

飼い主さんは「私だとこんな風におとなしく待てない」と自信なさげですが、

 

イヴちゃんは、落ち着くことも、オスワリの指示に従うことも喜んで自らやっていますので

飼い主さんも一貫性を持って毎日少しずつ練習をしていけば、必ずできます。

自信を持って取り組んでいただきたいです(*^^*)

次回は来年になってしまうのですが

それまで楽しみながら練習をしてくださいね♪

 

つづく

0 コメント

2016年

11月

03日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん4

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

5回目のレッスンの記録です。

 

今日は室内練習の成果を見るためと

他のワンちゃんと遭遇すると興奮してしまう癖を改善レッスンです。 

室内でできることでも

刺激の多い場所では難しいこともたくさん。(今回は公園なのでなおさらでした)

 

アイコンタクトと声掛けが重要となります。

 

目標は

いつでもどこでもどんな時でも

 

落ち着いて行動できるように導くことです。

リードで合図を送ったり制御しようとすると

以前のトレーナーさんに教えられたチョークチェーンでの記憶が蘇り

抵抗してしまったり、飼い主さんの顔色を伺う子になってしまうので

 

リードはいつでも緩んだ状態を目標にして

アイコンタクトと声掛けで、サンちゃんが喜んで指示に従うことを選択できるようにします。

コマンドが聞こえなくなるほど

気が散っている時は、

大好きなおやつを鼻先に持っていって

こちら側に振り向かせたりします。

 

でもいつでも手の中におやつを持っていると

おやつが無いと言うことを聞かなくなってしまうということに陥りやすいので

工夫をします。

 

 

そして成功の秘訣は

 

褒めるタイミングと声のトーン。

 

他の散歩の人に振り向かれるほど

高い声で褒めます(〃▽〃)

 

サンちゃんはそうすることで

自分がどう行動したらいいのかを理解しはじめました。

 

しっかりアイコンタクトを取ることもできるようになってきました。

他のワンちゃんとも上手にすれ違えるようになりました。

 

チョークチェーンでコントロールしていたときより、ずっと信頼関係が強固になっています。

 

リードがピーンと張った状態になったら

 

「よし♪練習するチャンスだ!」と

思うことも大切です(#^^#)

普段のお散歩はハルくんがいて両手にリードなので

対応は少し難しいこともありますが、

基本は同じです。

望む行動をしたときに、たくさん褒めること、

褒める時は褒めていることが伝わるように声のトーンを高くします。

望まない行動をしたときは、望む方向に犬たちを導きます。

その時に大切なのはアイコンタクトと普段の声掛け(コマンド)の一貫性です(*^-^*)

 

ハルくんもがんばりました。

飼い主さん以外の人にリードを持たれて歩いたことが(拒否するため)なかったのですが

ハルくんの練習のために、私がリードを持ちました。

かなり不安そうに軽く抵抗していたのですが、

私にしっかり着いてくることができました。

そしてサンちゃんの練習を後ろから応援してくれました。

 

できないことができるようになると、犬だって嬉しいのです。

そして自信がつきます(#^^#)

 

サンちゃんのトレーニングをすることで

ハルくんも成長しているのは、私も飼い主さんも嬉しい副産物です(#^.^#)

 

 

次回のレッスンも楽しみです♪

 

つづく

0 コメント

2016年

10月

18日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん3

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

3回目~4回目のレッスンの記録です。

 

訪問時に興奮する癖は残っていますが、落ち着くまでの時間はとても短くなりました。

 

3回目のレッスンは

「タッテのマテ」と

「アイコンタクト」と

「ハウスで落ち着いてマテる」練習です。

 

前回まではタッテができるようになったので

立った姿勢で待てることを練習していただきました。

ハンドラーさんは穏やかに毅然ととても上手に導いているので

サンちゃんはすぐに覚えてくれます。

 

監督さんのハルくんも、タッテのマテをチャレンジして上手にできていました(*^-^*)

次は、アイコンタクトの練習と

ハウスで落ち着ける練習。

 

アイコンタクトはどんどん上手になっています。

指示を待つ時、見ての合図でアイコンタクトができるようになると

活動中も落ち着いていられますし、

対象者さんとのアイコンタクトに繋がります。

 

ハンドラーさんが毎日生活に取り入れていたハウスで落ち着ける練習は

素晴らしい状態にレベルアップしていました(*^-^*)

クレートで落ち着いて待つことができると、

セラピー活動以外でも動物病院や災害時などにとても役立ちます。

ハンドラーさんとサンちゃんは本当によく頑張っています。

4回目のレッスンは、

室内で練習してきたことを戸外でも練習しました。

 

ヒールウォークとアイコンタクトです。

 

お散歩中に出会う色々な刺激の中でも

ハンドラーさんとのアイコンタクトで

落ち着いていられるようにしていきます。

まずは、お庭で練習、

そして家の前の道路で練習です。

 

 

またまたハルくんが監督する中、

サンちゃんはがんばりました。

前を通る人や犬などの刺激に負けずに

ハンドラーさんの指示を聞けるようになってきました。

 

家の敷地から出る際に大切なのは

サンちゃんが落ち着いた状態でいることです。

 

お散歩に行けるという興奮状態のまま家を出ると

コントロールすることが難しい興奮状態が継続してしまいます。

 

落ち着いたら、門を出ます。

門を出ると、ご近所のお子さんが駆け寄ってきました。

 

レッスンは中断して

ふれあいタイムです(*^-^*)

 

サンちゃんは女の子に優しく撫でられて

大好き大好きのダンスを踊るかのように喜んでいました。

セラピードッグとしての適性は120点です♪

後ろ髪を引かれるように女の子と別れて

戸外でのヒールウォーク練習です。

 

リードを引っ張ったり、

怖い声で指示するのではなく

優しく声掛けをしながら導いていくのが

セラピードッグのトレーニングです。

 

ハンドラーさんはサンちゃんとアイコンタクトを取りながら、一歩ずつ歩きました。

絆が育まれていく情景はとても感動します。

 

次回は、家の周囲ではなく公園で練習予定です。

つづく

0 コメント

2016年

10月

04日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん2

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

2回目のレッスンの記録です。

 

1回目のレッスンの時から訪問時は大興奮でしたが

今回も嬉しそうに大興奮。

でも、前回より早く5分とかからず落ち着くことができました。

私の斜め後ろでフセをして私が入室するのを待つことを選べました。

セラピードッグ育成レッスンで大切なことは、たとえ興奮していても

喜んでいることを叱らずに、落ち着くことを自分で選べるように導くことです。

ここが少し家庭犬のしつけと違うところです。

今日もハル君は監督さん。

おとなしく、でしゃばることもなく

ただただハルくんのレッスンを見つめて応援していくれています。

 

ハルくんは純粋でおとなしいのですが、

人間、環境、撫でられることに少し抵抗感を持っているので

施設に訪問するセラピー犬には向いていないので残念です。

1回目のレッスンで身体のどこを触れても受け入れられるトレーニングの準備段階、

「立って」のレッスンに入りました。

飼い主さんもしっかり練習をして下さっていました。

 

立った状態でマテができることが目標です。

今度は1拍~2拍、10秒と立ったままマテをできるような練習につなげていきます。

 

あまり練習を続けてしまうと興奮度がアップしてしまうので、生活に上手に取り入れていく方がサンちゃんには向いています、。

ロングリードのマテも完璧に近づいてきました。

少し、マテのコマンドが多く感じますので

1回の指示でサンちゃんを信じていけるようになるといいですね(#^.^#)

レッスン終了後は

ハルくんと一緒にご褒美タイム(*^-^*)

 

サンちゃん楽しく練習できましたね。

毎日楽しくママと練習していきましょう。

 

つづく

0 コメント

2016年

9月

30日

トイプードルプリンちゃん10≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングに入り

7回目のレッスン記録です。

 

今回はご自宅ではなく、

認定試験会場予定の質会いドッグランでレッスンです。

試験内容に一部沿って練習しました。

落ち着いて横について歩いたり、グルーミングの項目の練習をしたりした後は

一番得意のロングリードのマテです。

まだ課題はありますが、成功は大きな自信にもつながりますね(#^.^#)

 

飼い主さんもプリンちゃんを更に上手に導けるようにこれからも頑張ってほしいと思います。

 

練習は、とにかく楽しくウキウキできるように

日々の生活に上手に取り入れて、

プリンちゃんが、楽しめることと、いつでもどこでもどんな時でもストレスが限りなく少なくなるようにを目標にしていきたいと思います。

 

つづく

0 コメント

2016年

9月

27日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

とても明るく、人間も犬も大好き天真爛漫でセラピードッグとしての適正は100点満点ですが、

 飛びつき・興奮癖・いたずらなどの

問題があるということで

 

基本トレーニングを取り入れながら、

セラピードッグ育成トレーニングを平行して行うことにしました。

 初回カウンセリングに伺ったときは

ワンワンと大興奮でした。

10分程度で落ち着きました。

 

サンちゃんには「ハルくん」というお兄ちゃん犬がいます。

とってもシャイな大人しいワンちゃんです(*^-^*)

でも、残念ながらシャイ過ぎるところがある小なのでセラピー活動には向いていません。

サンちゃんのレッスンの監督さんを頑張ってくれています。

1回目のレッスンは、まず落ち着く方法や落ち着いた方が楽しいことが早く来るといった学習をするために

訪問時やその他の場面で興奮した時の対策を練習しました。

 

次は、身体のどこを触れても受け入れられるトレーニングの準備段階、

「立って」のレッスン。

すぐにできましたよ~~さすがサンちゃん!

ゆっくりと「立ってのマテ」へ移行予定です

 

以前、トレーナーさんが付いていたお陰で

飼い主さんの指示の出し方や褒めるタイミング、褒め方がとても適格で

サンちゃんも理解力も飲み込みの早さも抜群です♪

 

次は、横についてオスワリやフセの確認と

ロングリードをつけてのマテの練習をしました。

これも素晴らしい!!

室内で100%できるようになったら、お庭やその他の戸外で刺激のある場所でも練習していきます。


天真爛漫、明るくお茶目な性格のサンちゃんは、きっと施設の利用者さんの人気者になります。

その日を目指して

楽しくワクワクレッスンをしていきたいです。

 

サンちゃん、毎日の練習もママと一緒に

楽しくがんばってね(*^^)

 

つづく

0 コメント

2016年

8月

18日

トイプードルプリンちゃん9≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳2か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

分離不安はほとんど改善していて

セラピードッグ育成トレーニングに入り5回目と6回目のレッスン記録です。

今日は指示を出す前のアイコンタクトの強化を練習しました。

 

どんな指示も喜んで応えられるように

そしてアイコンタクトで集中することを覚えられるように

この練習はプリンちゃんにはとても必要です。

 

飼い主さんも愛情を持ってアイコン宅をしているので、指示を出す前に名前を呼んだりしてこちらに集中させられるようになっています。

レッスンの後は、

プリンちゃんの雨の日用お散歩グッズを見せていただきました。

 

雨の日でもお散歩行きたいプリンちゃん、でも、レインコートは嫌いです(;^_^A

犬のお散歩用の傘が売っているんですね!

はじめて見ましたが、便利そうです。

 

楽天にも売ってました!

次のレッスン時。

 

指示を出す前にアイコンタクトをする練習をしてくれていた飼い主さん。

 

マテもとても上手になっていました!

 

特にマテの後の次の指示をしっかりアイコンタクトをして待ってるところが

今回のプリンちゃんの急成長です(*^-^*)

 

 

室内以外も、お散歩中や見知らぬ場所でも練習していくと

益々絆が深まっていきます。

 

次回は、見知らぬ場所に同行させていただき

今まで練習してきたことを復習していきたいと思います。

 

つづく

0 コメント

2016年

7月

29日

トイプードルプリンちゃん8≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳1か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

基本トレーニングを取り入れながら、分離不安などの諸問題に取り組み、前回からセラピードッグ育成トレーニングに入り3回目のレッスンです。

 

引越し先の生活にもすっかり慣れて、少し自己主張が出てきてはいますが落ち着いています。

今日はプリンちゃんが苦手なヒール(横について歩く)を

いかにウキウキ楽しく練習をするかやってみました。

 

いつでもどんな場所でも落ち着いて歩けることは

セラピー犬にとって基本的な行動となります。

 

なぜプリンちゃんはヒールウォークが苦手なのでしょう。

よく見てみると、

他の練習より、ヒールウォークの練習をすると尻尾が下がります。

 

そうです。

プリンちゃんにとっては楽しくないのです。

 

それならば楽しくできる方法を探すのみ(#^^#)

ハンドラー(飼い主さん)がテンション高く

ウキウキしたエネルギーを発しながら

ヒールウォークの練習を楽しめると

プリンちゃんも尻尾が上がり、楽しく練習できそうだということがわかりました。

 

他にもマテができにくくなってきたりもしているので、

次回までに、ウキウキと練習を継続していただくことになりました。

 

 

つづく

0 コメント

2017年

2月

11日

トイプードルプリンちゃん11≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングを続けていました。

 

とうとうセラピードッグ認定試験がやってきました。

 

前日に、試験対策レッスンを

サンちゃんとやりました。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

11日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん5

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

2歳の男の子です。

 

 

いよいよというかとうとうというか

セラピードッグ認定試験を受験する日がやってきました。

前日、試験対策レッスンをしました。

飼い主さんは、少し心配そうでした。

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

22日

ポメラニアンイヴちゃん~セラピードッグトレーニング~

ポメラニアンイヴちゃん2歳♪女の子です。

セラピードッグトレーニングのご依頼をいただき、

2回目のレッスンでした。

 

家庭犬としてはトイレの失敗以外は

ほとんど問題はありませんが

セラピードッグとして身につけておくことや

飼い主さんとの関係性を構築していくことが山ほどあります(*^-^*)

焦らずゆっくり楽しくレッスンしていきたいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

03日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん4

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

5回目のレッスンの記録です。

 

今日は室内練習の成果を見るためと

他のワンちゃんと遭遇すると興奮してしまう癖を改善レッスンです。 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

18日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん3

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

3回目~4回目のレッスンの記録です。

 

訪問時に興奮する癖は残っていますが、落ち着くまでの時間はとても短くなりました。

 

続きを読む 0 コメント