ブログ

2019年

8月

01日

命をかけてお散歩している飼い主さんへ

気温35度、アスファルト60度、灼熱の中お散歩するのは自殺行為です

犬の熱中症は人間と同じように重症化すると死亡率が高いことをご存知でしょうか。

犬は暑さに強いと勘違いしている飼い主さんもいたり、8月の酷暑の中、日中に平気でお散歩をしている飼い主さんもいたり・・・夕方であっても油断できないことをぜひ知っていただきたくブログに毎年書いています。

 

今年もまた外気温36度の猛暑日午後2時にお散歩している飼い主さんを目撃してしまったので、また書きたいと思います。

たとえ夕方17時でも、まだ太陽は出ています。

日向のアスファルトは50度以上です。

ぜひ素手でアスファルトを触ってみてください。

思わず「あちー!!」となりますから。

その暑いアスファルトの上を歩かせてはいけません。

アスファルトから数センチ~数十センチの犬たちの内臓が煮えてしまうのです。

 

決して大げさではありません。

本当に煮えてしまうのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

13日

【4】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

ブログを更新していませんでしたが

最近までのレッスン記録です。

 

室内では100%できるヒールウォークも

お散歩時やその他の場所では

気が散ってできにくくなることもあったミンちゃん。

なので、温室練習場で練習したり

いつものお散歩時に付き添って

正しいお散歩方法をお伝えしたりしました。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

6月

26日

第2回乳児院でのアニマルセラピー

プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ
プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ

保護者がいない、または虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に

今月も訪問してきました。

 

トイプードルプリンちゃん

チワワのひめちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

が参加しました。

前回よりもスムーズにそして和やかな時間を過ごせました。

入室するなり駆け寄ってきて笑顔で犬たちを撫でてくれる子もいたり、誰からともなく犬たちのリードを持ってよちよちお散歩もしてくれた子もいました。 前回触れなかった子も自分から手を伸ばしてきてくれたりも♪


続きを読む 0 コメント

2019年

6月

20日

しつけと主従関係の誤解

ひとことで「犬のしつけ」というと、

「厳しくできない」「犬が可哀想」と感じる方は少なくないと思います。

日本語はとても難しいですね。

 

しつけとは

 

犬と飼い主さんの意志疎通のツールです。

人間と犬との信頼関係を育むものです。

 

また「犬との主従関係」はタブー視されるようになってから久しいですが、

主従関係ではなく「犬の良き先導者でありましょう」というとしっくりくるかもしれません。

 

今「しつけ」をしないことを選択している飼い主さんや

「しつけ」と「虐待」を混同している飼い主さんもいることが気になり、

セラピードッグトレーナーとして、どういう風に犬の良き先導者になれるのか、

ブログに書くことにしました。

 

愛犬がいつも穏やかでリラックスして過ごし、

飼い主さんを信頼、尊敬、尊重できるように導いていくことがしつけです。

犬の心の安定と安心やに繋がることをどうしてもお伝えしたいのです。

 

では、その「愛犬の良き先導者」とはどういうものなのかをお伝えしようと思います。

それは難しいものでも厳しいものでもありません。

無駄に吠える、唸る、咬む、いたずらする、家中トイレ、他の犬に攻撃的、怖がり、玄関チャイムに大騒ぎなどの問題を抱えている愛犬の飼い主さんは、

どうしても必死になって色々なしつけ本やネットで氾濫しているしつけ方法を試しまくってしまいます。

 

そして益々エスカレートしてしまい、

私にご依頼いただくことが多いのが現状です。

 

どんな方法も、愛犬に合っていなければ良薬にはなりませんし、色々なしつけ方法を試しまくっていて、愛犬が混乱して飼い主さんに不信感を抱いてしまって、逆に悪化しては意味がありませんね。

 

まず方法を選択する前に

 

・愛犬の性格

・問題の原因

・住環境や家族構成

・愛犬にどうなって欲しいのか

 

この4つをまず考えていただきたいです。

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

15日

全国初の乳児院でのアニマルセラピー

お背中よしよしね~
お背中よしよしね~

今年度から虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に訪問をすることになりました。乳児院での動物介在介入(アニマルセラピー)は全国で初の試みだそうです。

 

チワワのひめちゃん

セントバーナードリズちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

賑やかで和やかな時間を共にしてきました。

 

ロッキーのような黒くて大きな犬と至近距離でふれあうなんて初体験!!

その環境上、どうしても犬などの動物と近い接触がありません。

施設内で犬を飼うこともままならないらしく、

 

恐らく全国で乳児院でのアニマルセラピー訪問は初の試みだそうです。

 

施設のスタッフも私たちもきっと大泣きしたり、大変になるのだろうと予想していましたが。。。

最初こそ緊張気味だった子供たちも、予想に反してすぐに慣れてくれて

 

笑顔いっぱい溢れて、施設スタッフの方々も驚きの笑顔になりました。

 

 

 

もちろん犬たちも、楽しんでいましたし、小さな赤ちゃんだということが分かっているので

 

どんな触り方をされても、上に乗られても、楽しんでくれました。

この写真はセントバーナードリズです。

身体は子供たちの10倍くらい大きいのですが

心は100倍大きいのです(*^-^*)

優しく受け入れてくれていました。

 

そしてそれを喜んでいるところ・・それが指導者の私にとっては一番安心するところなのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

合同練習会~セラピードッグ育成~

セラピードッグ育成に欠かせないのは、

色々な場面でも、すぐに慣れて

リラックスできることを教えることです。

 

セラピードッグは、色々な場所、色々な人、色々な音や匂いの中で

色々な触り方をされることがお仕事なので

それを耐えるとか我慢するのではなく、犬も飼い主さんも共に

楽しめることが大切なことです。

今回は、訓練生のミンちゃん、パッシュ君と卒業生のひめちゃん、クッキーと合同練習会です(*^-^*)

今年度から訪問が決まっている施設もあり、対象児の年齢が低いことから

そちらでの活動も視野に入れた練習もしました。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

【1】セラピー犬レッスン☆スタンプーパッシュくん

スタンダードプードルのパッシュ君2歳☆セラピー犬トレーニングを開始しました(*^-^*)

セラピードッグトレーニング記録ブログ1

4月からセラピードッグ育成トレーニングを開始したスタンダードプードルのパッシュ君。

 

犬種特有の明るく陽気で活発さがあり、

人が好きなパッシュ君なので

落ち着けること、穏やかな時間を好めること

そして、どんな触り方でも喜べるように

トレーニング内容を決めました(*^-^*)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

14日

【14】セラピー犬デビュー☆チワワひめちゃん

3月にセラピー犬認定試験に合格したひめちゃん☆いよいよ老人ホームでセラピー犬デビュー!!

セラピードッグトレーニング記録ブログ14

3月6日に1歳になり、いよいよセラピー犬デビューの日を迎えたひめちゃん♪

 

思えば昨年の6月に里親さんになったYさんの家にやってきたときは

まだ900g程度の小さなパピーでした。

 

それからすぐにセラピー犬として育てるために、楽しくレッスンしてきたひめちゃん。。

感慨ひとしおです。

もちろん、飼い主さんもですが・・・

緊張しているYさんとは対照的ないつもの様子のひめちゃん( ´艸`)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

10日

2【健康で長生きを目指すために】愛犬の予防接種の正しい知識

愛犬の予防接種、動物病院の言いなりになっていませんか?

 

病気を予防するためのワクチン接種で健康を害してしまうことがあるとしたら?

 

無知は可愛い可愛い愛犬を病気にしてしまうこともあります。

知識を持った上で予防接種の判断をしていきましょう。

癌や肝臓病やアレルギー、てんかんがもしかしたらワクチン接種が原因だとしたら?

 

全ての犬たちの健康と長寿のために

私が得た知識、体験したことを書いていきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

23日

【3】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

3回目のレッスンは苦手なことや

できにくい点を飼い主さんに伺って

どうやって導いたら理解してくれるのか

レクチャーしました。

 

ミンちゃんはすぐに理解し

色々な練習も順調です(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

13日

【2】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。二回目のレッスン記録です。

監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん
監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

二回目のレッスンは預かり犬も含めて二頭の監督犬の中、頑張りました。

 

外野がどんな状況でも、集中できる点で

ミンちゃんはスペシャリストです(*^-^*)

 

ワンワン鳴いていても、周りをうろうろされていても、飼い主さんの指示をウキウキ待てるのです♪ 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

04日

【13】飼い主さんのご感想☆チワワひめちゃん

2019年3月2日に「セラピードッグ認定試験」に挑んだひめちゃんとYさん。見事合格した翌日、ご感想メールをいただいたのでご紹介します。

3/2に「セラピードッグ認定試験」に挑み、

見事合格したYさんとひめちゃん。

 

ご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

03日

【12】セラピードッグ認定試験☆チワワひめちゃん

ひめちゃんあと4日で1歳となる2019年3月2日に「セラピードッグ認定試験」に挑みました。生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられ、縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始し、8か月が経ちセラピードッグ認定試験の日がやってきました。

練習の時のようにはいかない二人
練習の時のようにはいかない二人

いよいよ本番がやってきました。

この8ヵ月間、一番大切にしてきたのは「飼い主と犬との信頼関係」

それが試される日です。

 

普通の家庭犬でも必要な「人と犬の絆」

それはたった数日でできるものではありませんね。

 

でもYさんは緊張しまくりでした(^-^;

それがひめちゃんにも伝わって落ち着きがありませんでした・・・・

 

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

28日

【1】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。先住犬のアルちゃんも応援してくれています。

誰がいてもリラックスできるミンちゃん
誰がいてもリラックスできるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

ブリーダー放棄の保護犬です。

 

飼い主Kさんからのご依頼で、

セラピードッグ適正診断に伺いました。

 

人が好き。他の犬も好き。

そして人に撫でられることが大好きなミンちゃん。

基本的なしつけはオスワリくらいですが

適正は100点でした。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

28日

【11】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後11か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始し、8か月が経ちセラピードッグ認定試験が迫ってきました。

若干の緊張下でも日頃の行動ができるかな
若干の緊張下でも日頃の行動ができるかな

ひめちゃんのセラピードッグ認定試験が迫ってきましたので、

会場となる室内ドッグランで、試験の内容に沿って練習をしました。

 

日頃の練習の成果が生きてきます。

 

飼い主さんも緊張しているせいか、

ひめちゃんも緊張気味・・・(^-^;

 

犬は飼い主の鏡です。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

22日

噛む犬の導き方

噛む犬のしつけは、ひとつの方法だけではありません。なぜ噛むか、それが攻撃性からなのか、防御反応からなのか、色々な視点から咬む原因を見つけ出すことが大切です。原因を探らずに手あたり次第しつけ方法を試しているのは逆効果です。ではどうしたらよいのでしょうか。

前回、犬の本当の幸せと題して

本当に必要なしつけについて書きました。

 

嬉しいことにとても反響があり、メッセージもいただきました。

 

「犬の本当の幸せはしつけから生まれる」

 

そのしつけが自分の大切な愛犬に適していなければ意味がない

 

 

そのことについて皆さん共感して下さったようで嬉しいです。

そして「咬む犬はどういうしつけが適していますか?」と質問をいただいたので

そのことについてブログを書くことにしました。

ここで咬むというのは「甘噛み」ではなく本気咬みのことです。

そして咬む犬をしつけるというよりは、

犬が人間を噛まないことを選択できるように導くと言った方が適しています。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

09日

動物介在教育~小学校~

2018年は春から動物介在教育として

小学校に継続的に訪問しています。

 

朝のウォーキングタイムに合わせて訪問し

子供たちと校庭を一緒に歩きます。

 

早朝にも関わらず、参加してくれるメンバーに感謝いっぱいです。

 

子供たちの大きな歓声と群らがり一緒に歩く楽しさは、高齢者施設の訪問ではなかなかないことですし、

犬たちもアクティブな活動に大張り切りです。

ウォーキングタイムの後は、毎回1学年ごと

朝の会に一緒に参加しています。

 

1年生は春にふれあい教室を開催しているのですが、ほかの学年はしていないので

犬たちの自己紹介を兼ねています。

 

メンバーのお仕事などの都合で、

2頭しか訪問できない月もありましたが

 

サンちゃん、アース、プリンちゃんとロッキーが常連です(^^♪

 

保護犬のサンちゃんの飼い主さんは、毎回朝の会で

命の大切さ、命への責任についての話を

子供たちにしてくれています。

子供たちは真剣に話を聞いてくれます。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

09日

【10】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後11か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

日向ぼっこしながら噛み噛み♪
日向ぼっこしながら噛み噛み♪

あっという間に2019年も2月になってしまいました。

本年もよろしくお願いします。

 

2月に入って生後11か月になったひめちゃん。

昨年からまた少し体重が増えてしまったので

絶賛ダイエット中が続いています(^-^;

 

 

 

 この写真は、飼い主Yさんの仕事場で

日向ぼっこをしながら、

クレートの中でいい子に噛み噛みしているひめちゃんです。

仕事場でも人の出入りや機械音などの音がしていても騒ぐことなく、とてもお利口に過ごしているそうです。

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

26日

【9】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後7か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

トリミング後の撮影も1発♪
トリミング後の撮影も1発♪

12月に入って生後9か月になったひめちゃん。

更に落ち着いてきました。

 

トリミングに行っても

とてもおりこうさんで

トリマーさんに毎回褒められるそうです(*^-^*)

 

 

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

17日

人生楽笑デイサービス相模大野さんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

高齢者施設訪問記録です。

 

人生楽笑デイサービス相模大野さんに初訪問でした。

 10月にご依頼いただきましたが、12月にやっと実現しました。

 

犬は

サンちゃん、プリン、ロッキーの三頭。

ご利用者さんは10名ほどのアットホームな活動となりました。

サンちゃん、ロッキー・プリンちゃんと共に

ご利用者さんと楽しい時間を過ごしました。

 

こういう試みが初めてだったそうで、最初は戸惑っていたご利用者さんもいらっしゃいましたが

徐々に打ち解けて、笑顔になってくれて

私たちも職員の方々も嬉しい気持ちになりました。

 

大きな施設ではできない、和やかなふれあいタイムは

犬たちもいつもよりリラックスしていたように感じました(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

15日

第14回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

老人ホームはなことばさん14回目の活動です。

 

 今日は、春に認定試験に合格したクッキーのセラピードッグデビューでもありました(*^-^*)

 

最初は初めての場所、苦手な鉄筋コンクリートの建物だったため

かなりの緊張状態でしたが

利用者さんに撫でてもらうたびにしっぽがあがり、楽しく活動できました。

サンちゃん、ロッキーと共に

ご利用者さんの笑顔の花をさかせてくれました。

 

サポートしてくれたメンバーの皆さんもありがとうございます。

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

15日

ビルが教えてくれたこと~3年の闘病と犬生~

我が家の隣の隣に住むビーグルビル。

12月8日に虹の橋に旅立ちました。

あと1週間でビルは12歳になるところでした。

鼻腔腺癌という病気でした・・・

 

私にとってビルはご近所犬という感覚ではなく、近所に住む可愛い甥っ子のような存在でした。

ロッキーがまだ子犬の頃からお散歩友達として仲良くしてくれて、

Facebookの愛犬グループのオフ会に一緒に参加したり、楽しい楽しい時間を一緒に過ごせたことは、とても大きな幸せでした。

 

そして何より、ビルが命をかけて教えてくれたことを

私だけではなく、このブログを読んで下さる皆様にもぜひシェアしたいと思い、

流れる涙と戦いながら書きたいと思います・・・。

 

※写真は我が家のとらちゃんの応援オフ会「とらちゃんお散歩会」の時のビルです。

 

鼻腔腺癌・・・聞いたことはありましたが、まさかこの元気なビルが??

と最初は驚きしかありませんでした。

 

お散歩中にあった時に、興奮したりすると息苦しそうにすることもあったので

アレルギーからくる鼻炎かなと思っていました。

(ビルは食物アレルギーなどがありました)

でも3年前の11月ころに鼻血が出るようになって、

心配したビルママが何軒か病院に連れて行って

この病気であることが発覚したのです。

 

手術ができる場所ではなく、

 

「来年のお花見の時期はどうかな・・」と言われたそうです。

 

そして放射線治療、そして続いて抗がん剤を決断したビルママ。

 

良い先生、良い治療に恵まれ、ビルは病気を感じることなく、

余命宣告から3年も過ぎました。

 

私も1度鼻腔腺癌のゴールデンレトリバーにあったことがあって

その時も余命宣告から2年経っているということで

ビルにも大きな希望を持った記憶があります。

続きを読む 0 コメント