ブログ

2020年

4月

05日

【1】トイプードルナッツ☆パピートレーニング

トイプードルのナッツ(夏豆)くん

2019年8月14日生まれの男の子です。

 

生後3ヵ月でブリーダーさんから迎えて2ヵ月。

飛び付き、噛み、唸り、無駄吠えが

段々ひどくなってきた。。いうことで

ご依頼いただき、

生後5ヶ月からパピートレーニングを開始しました。

 

初回カウンセリングに伺ったときは

まだ2kgに満たない小さな身体ですが、ゲージの中での無駄吠えもかなりひどく、

興奮度が高い不安定な精神状態の時が多いと感じました。

お留守番時間も長く、お散歩の問題もありストレス値も高いのかもしれません。

子犬なので、興奮したりいたずらしたり、甘噛みしたりするのは普通です。

でも普通母犬と一緒であれば、叱られたりしつけをされるので

いわゆる問題行動と呼ばれるものはなくなっていきます。

 

母犬がいなくても飼い主もも同じようにしっかりとしつけをして早い段階で落ち着き方を教えておくと

後々とても穏やかな子になります。

 

無駄吠えも、知らず知らずのうちに助長していることが多く

対処の仕方ひとつで今後の生活が変わってきます。

そしてそのコミュニケーションの中で信頼関係を築いていけます(^^)

 

まずは基本のオスワリとフセ、マテ、アイコンタクト。

そして社会化と関係性構築、生活している中で困っていることを重点的に改善していきます。

続きを読む 0 コメント

2020年

3月

14日

新型コロナウィルスの影響によるアニマルセラピーについて

新型コロナウィルスの影響下の中、

2月までは変更なく活動していましたが、

3月からは乳児院、高齢者施設など全ての活動を中止しています。

楽しみにされていた方々には大変申し訳ない思いでいっぱいですが、

訪問先の担当者と話し合い、万が一のことを考えました。

活動再開は、安心できる状況になってからになると思います。

ちなみに、新型コロナウィルスは、

中国武漢で「コウモリ」から「ヒト」に感染したものです。

そうです。

人獣共通感染症なのです。

人から動物に移ることはないと言われていた常識も香港で感染例があり、覆されました・・・。

今のところ、そのペットには症状が出ていないそうで、現時点ではペットに感染しても重症化はしないということです。

そして世界保健機関(WHO)は

ペットから新型ウイルスに感染することはまずないとの見解で一致しているので

安心していいと思います。

飼い主の過剰な心配は、犬を不安定にさせてしまうので

平常心でいていただきたいです。

新型コロナウィルスだけではなく、人獣共通感染症はたくさんあります。

その感染を予防する方法は一緒です。

 

1.口移しで餌をやる、スプーンや食器、食器洗いスポンジを共用しない
2.一緒の布団で寝ることも避けた方が良い
3.顔をなめさせない

4.予防接種や抗体検査、健康診断、予防薬(フィラリアノミダニ)をする

5.野生動物のフンや尿があるような場所に行かない(匂いをかがせない)

6.お散歩から帰宅したら足を洗い、ブラッシングなどの清潔を保つ

 

飼い主の手洗いも重要です。

そして万が一、飼い主が陽性者になった場合は、ペットがいることを保健所にも伝えなければいけません。

続きを読む 0 コメント

2020年

2月

22日

「こんなはずじゃなかった」を作らないために~正しい犬の迎え方をサポート~

ペットショップでの衝動買いや

保護犬への同情心から、

心と環境の準備が整えずに犬を迎えてしまうと、

 

「こんなはずじゃなかった」

 

ということになりかねません。

 

犬を飼ったことがあるからという理由だけで

何気なく新しい犬を迎えても、

先住犬と比べたりその性格の違いに愛情を感じないということになってしまった方もいます。

悲しいことに「こんなはずじゃなかった」は無責任に犬を放棄してしまう要因になったり

無駄吠え、かみつき、分離不安などの大きな問題行動を抱える犬にしてしまう恐れが多々あります。

 

私は飼い主の性格や年齢、環境、仕事、家族構成などから適した犬種や子犬・保護犬を選ぶお手伝いもしています。

ブリーダーや保護施設に同行したりアドバイスをして、

失敗しない犬選びから理想的なドッグライフを過ごせるお手伝いをしています。

またセラピー犬の適性を持つ犬を選ぶこともできます。

 

犬は飼い主を選べません。

飼い主側が犬を100%幸せにできるように全力でお手伝いをしますので

ぜひご相談下さい。

 

犬を家に迎えたあとは、基本トレーニングかセラピー犬トレーニングを受けていただき、

犬も飼い主も心から信頼し合い、幸せだなと感じる毎日にしていきます(^^♪

子犬選びでの失敗例

続きを読む 0 コメント

2019年

12月

16日

今年最後の活動と1年を振り返って

12/14老人ホームはなことばさんにて クリスマスコスしてます
12/14老人ホームはなことばさんにて クリスマスコスしてます

早いもので今年のアニマルセラピー訪問の最終日となりました。

 

この1年を振り返ると

谷口小学校、

老人ホームはなことばさん、

光が丘小学校、

南児童ホーム、

老健ときさん、

 

月に2回~3回で全28回の活動でした。

 

長年訪問を継続している施設も、また初の試みとして

全国初の乳児院での活動も開始して

犬たちも楽しくウキウキ充実した1年だったと思います。

 

メンバーは犬たちの健康管理、衛生管理と仕事などの両立をはかりながら

積極的に参加してくれて、想像以上の輝く笑顔の花を咲かせてくれました。

個人情報保護の観点からその輝く笑顔の写真はご紹介できないのですが

いくつか写真を掲載します。

 

小学校でのウォーキング タフィー
小学校でのウォーキング タフィー
小学校朝の会 パッシュ
小学校朝の会 パッシュ
乳児院 ミンたん
乳児院 ミンたん
小学校にて上サンちゃん・下プリン
小学校にて上サンちゃん・下プリン
老健にてクッキー・ひめ
老健にてクッキー・ひめ
クッキー・ミンたん・ひめ・ロッキー
クッキー・ミンたん・ひめ・ロッキー
小学校での犬とのふれあい方教室
小学校での犬とのふれあい方教室
乳児院にて クッキー
乳児院にて クッキー
小学校ミンたん
小学校ミンたん

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

29日

【3】ラブラドールタフィーセラピードッグレッスン

セラピードッグ認定試験に合格後のタフィーです。
新しい場所に緊張したり興奮してしまわない練習も継続しながら、アニマルセラピー活動を楽しんでいます☆

ウキウキレッスンするタフィー
ウキウキレッスンするタフィー

タフィーはセラピードッグ育成トレーニングをたった3ヵ月でクリアして

 

2019年10月20日、セラピードッグ認定試験に見事合格しました。

 

新しい場所や他のセラピードッグたちと会うと

嬉しくてはしゃぎたくなる気持ちを

上手にコントロールする練習も継続していきながら

まずは、ウキウキ子供たちとウォーキングする小学校のセラピーアニマルに参加を開始です。

 

 

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

28日

アニマルセラピーのそれぞれの効果

アニマルセラピーと言ってもその相互作用は対象となる方々それぞれの環境、心身状態、健康状態によって様々で

同じ施設内においてもその効果は一様ではありません。例えば、高齢者施設では、動物とのふれあいの中ですぐに効果が出る方もいれば継続していく中で効果が表れる方もいます。

 

「効果」という言葉が適切なのかわからないこともありますし

犬の方に多く効果を感じることすらあるのです。

 

動物介在介入アニマルセラピーとは

奥が深く、そして奇跡と思うような現象も起きたりします。

 

 

11月21日に半期に一度訪問している老健さんでのスタッフの言葉です。

 

「ご家族の不幸でここのところすっかり気落ちされているご利用者様が

今日は柔らかな笑顔になってくれました。

何週間ぶりの笑顔です。

ありがとうございました」

 

私達はそのご利用者さんが気落ちされていることすら知らずに犬たちのふれあいをしています。

もちろん、犬もそんな事情を知る由もないのですが、

何故か犬は、その方のそばから離れようとしなかったりします。

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

08日

みなみっこ祭りで

2019年10月27日に相模原市南児童ホームのお祭り「みなみっこ祭り」で

 

セラピードッグとのふれあいコーナーと

募金箱設置をしました(^^♪

 

楽しく和気あいあいとした時間を過ごせて

犬たちもたくさん撫でてもらえて大喜びでした(^^)

 

ロッキー、クッキー、ひめちゃん♪

ありがとう~(*^-^*)

児童ホームの施設長さんがこんな素敵な受付をご用意くださって感謝です。


続きを読む 0 コメント

2019年

10月

21日

チラシができました♪

周知活動の一環としてチラシを作りました。

10/27の児童ホームみなみっこ祭りで配布予定です(^^♪

続きを読む 0 コメント

2019年

10月

21日

セラピードッグ認定試験

今年度初のセラピードッグ認定試験を実施しました。

12日に予定していましたが、台風19号の影響で

20日に延期となりましたが無事に実施することができました。

 

見事合格して正式なセラピードッグになった3頭をご紹介します(*^-^*)

 

今年の3月にひめちゃんがセラピードッグとして認定されてから7か月。

 

育成トレーニングを頑張ったワンコとハンドラーさん3組が受験しました。

 

小学校や乳児院、老人ホームに訪問しているので、それに沿ったトレーニングを積んできました。

 

トレーニングといっても、飼い主であるハンドラーさんが楽しみながら

愛犬との絆を育むことが一番の目標でした。

一番目はスタンダートプードルパッシュくんとWさんです。

 

多少アクシデントもあったり

独特な緊張感の影響か、少し興奮気味で

いつもの行動が取りにくい状態でしたが

なんとか項目ごとにクリアしていきました。

 

ただ、実際の活動に模した試験項目では、

対象者とふれあうことが嬉し過ぎて

飛びつき様の行動が見られたので

改善トレーニングをしていきながら

小学校でのアクティブな活動のみ参加できる条件付き合格となりました。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

9月

25日

最近のアニマルセラピー活動記録

夏休み中の活動は中高生も参加☆
夏休み中の活動は中高生も参加☆

 

最近のアニマルセラピー訪問記録1

夏は犬たちは基本的には夏休みです。高温多湿は犬にとっては体調不良や食欲不振などの夏バテ、または熱中症のリスクがあるからです。

ですが今年度から夏も冷房温度の設定を犬に合わせる子が可能な「相模原南児童ホーム乳児院」のみ訪問しました。

 

トイプードルプリンちゃん

チワワのひめちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

 

今年の夏はありがとうね。

 

そして夏休み期間中の中高生もボランティア参加してくれて

赤ちゃんたちも私たちも全員が良い経験ができたと思います。

 


続きを読む 0 コメント

2019年

8月

08日

【2】ラブラドールタフィーセラピードッグレッスン

タフィーは、とても素直で純粋なラブラドール5才です。家ではいつものんびり過ごしていています。

セラピードッグを目指してレッスンを開始しました。

ウキウキレッスンするタフィー
ウキウキレッスンするタフィー

2回目からのレッスン記録です。

 少々ランダムになってます。

 

家でのコマンドは100%完璧なタフィー。

 

お庭でも練習を開始しました。

 

気が散る環境や刺激の多い環境でも

飼い主さんの指示をしっかり聞いて

楽しみながら行動を共にすることが目的です。

続きを読む 0 コメント

2019年

8月

01日

命をかけてお散歩している飼い主さんへ

気温35度、アスファルト60度、灼熱の中お散歩するのは自殺行為です

犬の熱中症は人間と同じように重症化すると死亡率が高いことをご存知でしょうか。

犬は暑さに強いと勘違いしている飼い主さんもいたり、8月の酷暑の中、日中に平気でお散歩をしている飼い主さんもいたり・・・夕方であっても油断できないことをぜひ知っていただきたくブログに毎年書いています。

 

今年もまた外気温36度の猛暑日午後2時にお散歩している飼い主さんを目撃してしまったので、また書きたいと思います。

たとえ夕方17時でも、まだ太陽は出ています。

日向のアスファルトは50度以上です。

ぜひ素手でアスファルトを触ってみてください。

思わず「あちー!!」となりますから。

その暑いアスファルトの上を歩かせてはいけません。

アスファルトから数センチ~数十センチの犬たちの内臓が煮えてしまうのです。

 

決して大げさではありません。

本当に煮えてしまうのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

13日

【4】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

ブログを更新していませんでしたが

最近までのレッスン記録です。

 

室内では100%できるヒールウォークも

お散歩時やその他の場所では

気が散ってできにくくなることもあったミンちゃん。

なので、温室練習場で練習したり

いつものお散歩時に付き添って

正しいお散歩方法をお伝えしたりしました。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

09日

【1】ラブラドールタフィーセラピードッグレッスン

タフィーは、とても素直で純粋なラブラドール5才です。家ではいつものんびり過ごしていています。

セラピードッグを目指してレッスンを開始しました。

ウキウキレッスンするタフィー
ウキウキレッスンするタフィー

日本生まれ、アメリカ育ちのタフィー。

自然あふれるアメリカで伸び伸びと育ったタフィーが、日本に帰国して

毎日つまらなそうにしていることで

飼い主さんが

「何か使命を与えて覇気を取り戻してほしい」という気持ちから

レッスンのお申し込みをして下さいました。

続きを読む 0 コメント

2019年

6月

26日

第2回乳児院でのアニマルセラピー

プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ
プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ

保護者がいない、または虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に

今月も訪問してきました。

 

トイプードルプリンちゃん

チワワのひめちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

が参加しました。

前回よりもスムーズにそして和やかな時間を過ごせました。

入室するなり駆け寄ってきて笑顔で犬たちを撫でてくれる子もいたり、誰からともなく犬たちのリードを持ってよちよちお散歩もしてくれた子もいました。 前回触れなかった子も自分から手を伸ばしてきてくれたりも♪


続きを読む 0 コメント

2019年

6月

20日

しつけと主従関係の誤解

ひとことで「犬のしつけ」というと、

「厳しくできない」「犬が可哀想」と感じる方は少なくないと思います。

日本語はとても難しいですね。

 

しつけとは

 

犬と飼い主さんの意志疎通のツールです。

人間と犬との信頼関係を育むものです。

 

また「犬との主従関係」はタブー視されるようになってから久しいですが、

主従関係ではなく「犬の良き先導者でありましょう」というとしっくりくるかもしれません。

 

今「しつけ」をしないことを選択している飼い主さんや

「しつけ」と「虐待」を混同している飼い主さんもいることが気になり、

セラピードッグトレーナーとして、どういう風に犬の良き先導者になれるのか、

ブログに書くことにしました。

 

愛犬がいつも穏やかでリラックスして過ごし、

飼い主さんを信頼、尊敬、尊重できるように導いていくことがしつけです。

犬の心の安定と安心やに繋がることをどうしてもお伝えしたいのです。

 

では、その「愛犬の良き先導者」とはどういうものなのかをお伝えしようと思います。

それは難しいものでも厳しいものでもありません。

無駄に吠える、唸る、咬む、いたずらする、家中トイレ、他の犬に攻撃的、怖がり、玄関チャイムに大騒ぎなどの問題を抱えている愛犬の飼い主さんは、

どうしても必死になって色々なしつけ本やネットで氾濫しているしつけ方法を試しまくってしまいます。

 

そして益々エスカレートしてしまい、

私にご依頼いただくことが多いのが現状です。

 

どんな方法も、愛犬に合っていなければ良薬にはなりませんし、色々なしつけ方法を試しまくっていて、愛犬が混乱して飼い主さんに不信感を抱いてしまって、逆に悪化しては意味がありませんね。

 

まず方法を選択する前に

 

・愛犬の性格

・問題の原因

・住環境や家族構成

・愛犬にどうなって欲しいのか

 

この4つをまず考えていただきたいです。

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

15日

全国初の乳児院でのアニマルセラピー

お背中よしよしね~
お背中よしよしね~

今年度から虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に訪問をすることになりました。乳児院での動物介在介入(アニマルセラピー)は全国で初の試みだそうです。

 

チワワのひめちゃん

セントバーナードリズちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

賑やかで和やかな時間を共にしてきました。

 

ロッキーのような黒くて大きな犬と至近距離でふれあうなんて初体験!!

その環境上、どうしても犬などの動物と近い接触がありません。

施設内で犬を飼うこともままならないらしく、

 

恐らく全国で乳児院でのアニマルセラピー訪問は初の試みだそうです。

 

施設のスタッフも私たちもきっと大泣きしたり、大変になるのだろうと予想していましたが。。。

最初こそ緊張気味だった子供たちも、予想に反してすぐに慣れてくれて

 

笑顔いっぱい溢れて、施設スタッフの方々も驚きの笑顔になりました。

 

 

 

もちろん犬たちも、楽しんでいましたし、小さな赤ちゃんだということが分かっているので

 

どんな触り方をされても、上に乗られても、楽しんでくれました。

この写真はセントバーナードリズです。

身体は子供たちの10倍くらい大きいのですが

心は100倍大きいのです(*^-^*)

優しく受け入れてくれていました。

 

そしてそれを喜んでいるところ・・それが指導者の私にとっては一番安心するところなのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

合同練習会~セラピードッグ育成~

セラピードッグ育成に欠かせないのは、

色々な場面でも、すぐに慣れて

リラックスできることを教えることです。

 

セラピードッグは、色々な場所、色々な人、色々な音や匂いの中で

色々な触り方をされることがお仕事なので

それを耐えるとか我慢するのではなく、犬も飼い主さんも共に

楽しめることが大切なことです。

今回は、訓練生のミンちゃん、パッシュ君と卒業生のひめちゃん、クッキーと合同練習会です(*^-^*)

今年度から訪問が決まっている施設もあり、対象児の年齢が低いことから

そちらでの活動も視野に入れた練習もしました。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

【1】セラピー犬レッスン☆スタンプーパッシュくん

スタンダードプードルのパッシュ君2歳☆セラピー犬トレーニングを開始しました(*^-^*)

セラピードッグトレーニング記録ブログ1

4月からセラピードッグ育成トレーニングを開始したスタンダードプードルのパッシュ君。

 

犬種特有の明るく陽気で活発さがあり、

人が好きなパッシュ君なので

落ち着けること、穏やかな時間を好めること

そして、どんな触り方でも喜べるように

トレーニング内容を決めました(*^-^*)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

14日

【14】セラピー犬デビュー☆チワワひめちゃん

3月にセラピー犬認定試験に合格したひめちゃん☆いよいよ老人ホームでセラピー犬デビュー!!

セラピードッグトレーニング記録ブログ14

3月6日に1歳になり、いよいよセラピー犬デビューの日を迎えたひめちゃん♪

 

思えば昨年の6月に里親さんになったYさんの家にやってきたときは

まだ900g程度の小さなパピーでした。

 

それからすぐにセラピー犬として育てるために、楽しくレッスンしてきたひめちゃん。。

感慨ひとしおです。

もちろん、飼い主さんもですが・・・

緊張しているYさんとは対照的ないつもの様子のひめちゃん( ´艸`)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

10日

2【健康で長生きを目指すために】愛犬の予防接種の正しい知識

愛犬の予防接種、動物病院の言いなりになっていませんか?

 

病気を予防するためのワクチン接種で健康を害してしまうことがあるとしたら?

 

無知は可愛い可愛い愛犬を病気にしてしまうこともあります。

知識を持った上で予防接種の判断をしていきましょう。

癌や肝臓病やアレルギー、てんかんがもしかしたらワクチン接種が原因だとしたら?

 

全ての犬たちの健康と長寿のために

私が得た知識、体験したことを書いていきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

23日

【3】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

3回目のレッスンは苦手なことや

できにくい点を飼い主さんに伺って

どうやって導いたら理解してくれるのか

レクチャーしました。

 

ミンちゃんはすぐに理解し

色々な練習も順調です(*^-^*)

続きを読む 0 コメント