ブログ

2018年

7月

28日

夏期休業について

猛暑、酷暑の夏となっていますね。

そして台風12号もこの週末にやってきます。

豪雨被害の被災地も通過するということで

とても心配です。

どうぞ安全にご留意なさってください。

 

そして気温がそれほど高くなくても湿度に樹分注意してください。

犬は気温よりも湿度に弱いとされています。

 

  

犬の熱中症について

 

もぜひ、お読みください。

 

8月は不定期に夏期休業させていただきます。

 

レッスン、お問い合わせ返信、フード発送などお休みとなりますので

ご確認お願いします。

 

夏期休業

8/11~8/19

8/28~8/29

9/1~9/2

 

ご不便をおかけしますが、フードのご注文は8月に入ってすぐお願いいたします。 

0 コメント

2018年

7月

16日

チワワひめちゃんセラピードッグレッスン4

ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

全ての予防接種が終わったので

前回からお散歩レッスンを開始しているひめちゃん♪

 

飼い主さんが報告動画を送って下さいました。

 

しっかりとヒールウォークのできる生後4か月のチワワがそこにいました(*^-^*)

体重も順調に増えています。

フードの工夫を継続して下さっているお陰で

ひめちゃんの食欲も落ちることなく食べてくれているそうです。

 

子犬は、初めての夏に夏バテになりやすい傾向があり

そこで食欲が落ちると、手を変え品を変えと飼い主さんが努力するので、

食べるもの、食べない物、好き嫌いなどの食の偏りが始まってしまうケースもあるので

とても良い傾向です(*^-^*)

 

夏も残り2ヵ月程度なので、上手に乗り切って欲しいです。

 

前に戻る   つづきを読む

0 コメント

2018年

7月

12日

チワワひめちゃんセラピードッグレッスン3

ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。

縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼で

セラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

6月11日からチワワのひめちゃん、セラピードッグトレーニングを開始しました。

今日は3回目のレッスンです。

前回のレッスンで左につく(ヒールポジション)とハウスでマテを宿題にしました。

飼い主さんのYさんはこちらが驚くほど楽しみながら練習していてくれていましたので

もうゲージから出すときは落ち着いた状態でドアを開けられるようになっていました。

 

左につくヒールポジションもひめちゃんは楽しく挑戦してくれています。

リードをつけて歩けるようにするために

室内でリードに慣れることから始めました。

 

とても順調に慣れてくれたので

玄関、玄関前、玄関の外で

リードをつけてオスワリ、フセまで進みました。

 

玄関前ではロッキーと

落ち着いてオスワリもできていました。

 


体重1160g!!

順調に成長もしてくれています。

 

耳をかゆがる仕草が目立ちましたが

Yさんには耳掃除の仕をお伝えしましたので、

定期的に耳掃除もしてもらいます。

 

最後の予防接種も終わって2週間たったので

お散歩レッスンに入ります。

初めて公園を歩いたひめちゃん、最初は戸惑いいっぱいの様子でしたが

10分後にはスタスタとしっかりヒールウォークができました。

室内で100%できていたアイコンタクトもしっかりとできました。

 

ロッキーも寄り添ってくれていたので、ひめちゃんも安心したのでしょう。

 

飼い主さんが一人でお散歩挑戦を応援していきたいと思います。

次は、ひめちゃんの様子を見ながら、オスワリのマテ、フセのマテに入りたいと思っています。

 

前に戻る   つづきを読む

0 コメント

2018年

6月

25日

チワワひめちゃんセラピードッグレッスン2

ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。

縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼で

セラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

6月11日からチワワのひめちゃん、セラピードッグトレーニングを開始しました。

今日は2回目のレッスンです。

その間、飼い主のYさんは毎日宿題をしっかりとやってくれて、オスワリ、呼び戻しはすっかり完璧になっています☆素晴らしい!!

 

そして興奮しやすい特性を持つ犬種でもあるので、

落ち着いた性格を引き出せる指導もさせていただいています。

また昼間ひとりきりになる時間が長いので

分離不安予防の接し方もお伝えし、実行していただいています。

 

そのおかげで、子犬ならではの興奮やはしゃぎっぷりはありますが(笑)

飼い主さんの帰宅後の興奮時間もとても短くなっています。

 

ゲージから出る時も、決して興奮せず

 

扉を開けるのを落ち着いて待てる練習もしています。

呼び戻しもオスワリも完璧になっているのでフセとマテも教え始めています。

人の横を歩く練習も家の中でリードをつけずに練習も始めます。

 

そして前回から開始している、身体の手入れ、どこを触られても落ち着いていられる練習、これはセラピードッグに欠かせず、そして一生役に立つレッスンです。

動物病院でもくちわやカラーもせずに獣医さんに身を任せられるようになりますし

爪や耳などのお手入れ時も落ち着いているとトリマーさんにも可愛がられます( ´艸`)

犬自身がリラックスして身を任せられるのは

何よりストレスフリーでいられるという利点があるので

生後3ヵ月から始められるのはとても良いことです♪

体重970g程度に増えています。

フードを工夫して、遊び食いもなくなり

必要量を食べてくれているので

順調に成長しています。

次回は犬にとって一番必要な「お散歩」レッスンです。

前に戻る  >>つづきを読む

0 コメント

2018年

6月

18日

チワワひめちゃんセラピードッグレッスン1

6月11日からチワワのひめちゃん、セラピードッグトレーニングを開始しました。

 

ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて

目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。

私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。

縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼で

セラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

 

まずは基本的なしつけから開始です。

一番大切なのは「呼び戻し」

飼い主さんが呼んだら一目散に駆け寄れる子にすることで、家庭犬としての安心安全な日常を手に入れられます。

次にオスワリを教えました。

あっという間に覚えて、呼び戻し、オスワリは2日くらいで完璧にできるようになりました。

体重930g!!

小さなひめちゃん・・

その上オーバー気味の噛み合わせなので食べるのが下手なせいで体重が思うように増えません。。。

 

食事を工夫してみたらよく食べるようになったので

きっと健康で元気に成長してくれるでしょう。

 

※ひめちゃんの食べているドッグフード

キアオラ ラム

ジウィピーク ラム

バリアサプリ(免疫力アップ)

次回は「フセ」「ハウス」「お散歩」レッスンに続きます。

つづきを読む

0 コメント

2017年

7月

31日

夏期休業について

とうとう明日から8月ですね。

 

猛暑が続いておりますが

皆様わんちゃんの熱中症には注意されていますでしょうか?

 

今年も30度越えの毎日が続く神奈川ですが

昼間の2時頃にワンちゃんのお散歩をしている人をみかけました(@_@;)

 

びっくりです。

飼い主さんの知識が無いと、ワンちゃんはたまりませんね。

ぜひ、この時期は朝は早朝に、夜は日が暮れて、アスファルトの温度が下がってからお散歩に出かけてくださいね。

 

犬の熱中症について

 

もぜひ、お読みください。

 

明日から不定期に夏期休業させていただきます。

 

レッスン、お問い合わせ返信、フード発送などお休みとなりますので

ご確認お願いします。

 

夏期休業

8/1~8/4

8/14~8/16

8/19~5/21

 

8月19~21は福島にボランティアに行ってきます。

仮設住宅の夏祭りでたこ焼き屋さんをやります(#^^#)

お手伝いしていただける方はぜひご連絡下さい。

 

0 コメント

2017年

6月

10日

愛犬が食中毒にならないために!

6月から梅雨入りし、夏にかけて気をつけたいことは

熱中症ばかりではありません。

 

この時期意外に多いのが食中毒です。

嘔吐・下痢・発熱・痙攣など症状は様々です。

 

食中毒の主な原因は

 

1チョコレートやブドウなどの犬にとって毒性のある食べ物を口にしたとき

 

2カビの生えたものを食べたとき

 

3人間の飲み薬を誤飲したとき

 

4その他、他の犬の糞便を口にしたときや除草剤や農薬が口に入ったとき

 

1の犬にとって毒性のある食べ物については、最近の飼い主さんはよくご存じの方も多いですね。

 

この時期に多いのが2のカビです。

 

カビの生えたものなど食べさせてないわ!とおっしゃっていても

実はドッグフードのドライでも、この時期はカビてしまうことが多いのです。

 (カビは目に見える頃には大繁殖しているということなのです)

 

昨年6月にもこんなことがありました。

 

小型犬1頭のみしかいないのに、お得だからと5kgのドッグフードを買って与えている飼い主さん。

ある日、突然の嘔吐と下痢になった愛犬を動物病院に連れて行き、

嘔吐物と便を持参しました。

嘔吐物の未消化のドッグフードからカビの菌が見つかり

ご自宅のドッグフードの袋を見てみるとうっすら白っぽいカビが底に生えていたそうです。

 

6月から9月くらいまでは

ドッグフードを開封したら、小分けに密閉袋に入れて冷蔵庫で保存して、なるべく早く食べきるようにしてください。

 

冷蔵庫から出したらフードが冷たいので

室温に戻してあげたい気持ちになりますが

常温にさらす時間はなるべく短い方が賢明です。

密閉袋の蓋を開けずにそのまま室温に戻してから与えてください。

 

冷蔵庫にスペースが無い場合は、

小さめのパッケージを購入して

開封したら2週間くらいで食べきる量を選んでください。

そして、しっかり密閉してから

日の当たらない風通しのいい場所に保管してください。

 

 

それから、これも意外に多くて驚いてしまうのですが、

 

フードボウルを洗わないという飼い主さんもいるのです(;^_^A

 

犬の口腔内常在菌は人間のそれよりも少ないとされていますが

それでも、フードボウルにはその菌が付着します。

あっという間に増殖してしまい、

洗わずに使用すると、愛犬が食中毒を起こすリスクが高まってしまいます。

 

毎回、食べ終わったらすぐに綺麗に洗って下さい。

特にドッグ缶を与えている方は、そのまま放置しておくと

犬がまた舐めたりしますので、すぐに洗剤で洗って綺麗に流して

乾燥させてくださいね。

お水のボウルも同じです。

お水を取り替える度に洗って下さい。

 

ペットボトルから飲めるようになっているウォーターディッシュやノズルなどは

口が当たる部分をこまめに洗って下さい。

 

できればウォーターボウルで飲ませてあげましょう。

歯垢対策にもなります。

 

自動給水機や浄水器なども、こまめに洗浄しましょう。

カビは目に見えるものばかりではありません。

ワンちゃんの健康を守るためです(*^-^*)

3の人間の飲み薬を誤って口にしてしまい、

中毒症状で運ばれるというケースも少なくないそうです。

亡くなってしまったワンちゃんもいました。

 

風邪薬を飲もうとしていた飼い主さん、うっかり手から床に薬を落としてしまい、ワンちゃんが口にしてしまったのです。

 

また飼い主さんの降圧剤や解熱剤を口にして運ばれてくるワンちゃんが多いので

 

お薬を飲むときは、細心の注意をしてください。

そして、普段から落ちたものを勝手に食べてしまわないしつけをしておきましょう。

 

0 コメント

2017年

4月

30日

GWのお休みのお知らせ

早いもので桜の季節も終わり

明日から5月ですね。

 

今年は桜の時期が長く楽しめたので、わんちゃんとお散歩がてらお花見をされた方もおおいのではないでしょうか(^^)/

 

そして今年は大型連休となり

皆様もワンちゃんと一緒にお出かけを楽しんでいらっしゃるでしょうか。

 

おでかけの際には

必ず首輪、鑑札、狂犬病予防接種票をワンちゃんに装着してくださいね。

 

万が一に備えてあげることが

飼い主さんの責任と愛情です(*^-^*)

いつも首輪をつけずに過ごしている飼い犬がとても多く、散歩のときだけ、鑑札はリードに。

そんなことはないようにしてくださいね。

 

5月とはいえ、熱中症にも注意が必要です。

日差し、気温、湿度に注意をして、ワンちゃんと共に楽しいGWをお過ごしください(#^^#)

 

 

 

GWの休業のお知らせ

 

5月3日~5月8日まで

 

 

9日より平常業務となります。

お休み中のお問い合わせ、メールなどの返信と

ドッグフードなどのご注文の発送は

9日より順次対応いたしますのでご了承下さい。

 

0 コメント

2017年

4月

04日

愛犬に長生きして欲しいと願っている方へ

大切で可愛い愛犬にはいつまでも元気で健康に長生きして欲しいですね。

 

残念なことに、犬の寿命は人間よりもとても短く、その平均寿命は9歳~15歳と言われています。(犬種によって大きな差があります)

 

その短い寿命の中でも、病気と闘いながら生きているということが無いようにするには

どうしたらいいでしょうか。

 

以前にも愛犬の長寿のことについてコラムを書いてきました。

また改めてブログで書いていきますね。

・犬の健康と長生きを作るもの

 

健康を維持するのには人間もそうですが、やはり食べ物です。

 

食べたものが身体を作っている同時に病気も作ってしまうこともあります

 

人間と同じように、身体によいもの、
無添加無着色、非加熱のフード(酵素たっぷり)を選んであげることはもちろんですが

時々、何か違うな~と思うこともあります。

(この酵素がとても大切ってこと、後日また詳しくブログを書きますね)

 

犬の洋服やアクセサリー、または自分の楽しみのためなどにたくさんのお金をかけていても

犬の食べ物となると安いものを選んでいる・・・

これって何か違いますよね。。。。

 

安いからと言って悪いものとは限りませんが、

人間用のも無添加、無着色、オーガニック製品で

安価なものは見つからないと思います。

食材は中国製は避けてできれば国内産を選びたくなりませんか?

 

ワンコ用も同じですね。

犬も合成保存料などの添加物や酸化しやすいフード、人間の栄養学に沿ったフードでは

返って健康に害をもたらしてしまいます。

アレルギーや癌、内臓系、皮膚の疾病はフードが原因のことがほとんどです。

このフードに関する詳細は以前のブログに書いています。

 

また経済的に・・・という理由からも

愛犬の健康のことを考えていても、添加物がたくさん含まれている物を選んでいたら

 

結局動物病院に通院することが増えて、かえって不経済ですし

何よりワンコが可哀想ですね・・・。

 

・間違った手作り食で短命に?!

 

長生きのコツとして

以前コラムでは、

運動、食事、健康管理ということを書きました。

 

人の食べ物を与えないなど基本中の基本ですが

間違った手作り食神話も未だに信じて与えている飼い主さんも多く、

ぜひ知っていただきたい記事がこちらにあります。

獣医師の宿南章氏の愛犬を健康に飼うためにというブログからの抜粋です。

 

愛犬にキャベツと野菜を使用しない

 

犬種の違いを知った手作り食と知らない手作り食

 

この獣医師のブログにこんな一説があります。

適切な正しい手作り食は大変に有用です。

しかし、一歩間違えると愛犬を短命にする危険は認識しておく必要はあると思います。

 

喜んで食べるもの=犬にとって本当の幸せにつながらないこともあります

 

詳細はこちらを読んで下さい。

手作り食の我流が招く不幸

 

そして、宿南章獣医師はこうも言っています。

 

手作り食をしている子で、突然死が発生しているように思います。

手作り食をされている方に、聞いてみてください。

また、手作り食をしていた子で突然死や短命が起きていないか、

知人のワンちゃんたちを思いだしてみてください。

(この記事のブログはこちら

 

手作り食をしている子が癌になりやすいというデータもあるそうです。

実際にそういう事例もたくさん見てきました。

加熱食には犬にとってとても大切な酵素は含まれません。

また加熱野菜や生野菜に含まれる毒素についてのブログはこちらに書いていますので

ぜひご参考にしてください。

 

手作り食は、しっかりと犬の栄養学を勉強されて、愛犬に必要な栄養素とカロリー、

そしてナトリウムや酵素など全て満たすための新鮮な食材(生肉と内臓)を毎日得られれば

理想的な食事になりますが、そうでない場合は

良かれと思っていることが愛犬の寿命を縮ませている

病気を招いているということをぜひ知っていただきたいと思います。

・歯周病は命を落とす!?

 

そして、口腔内の健康、歯磨きですね。

 

え?犬に歯磨きって??

と驚かれる飼い主さんも多いのですが

歯周病が原因で亡くなる犬が多いということをご存知でしょうか。

 

歯が無くなって食べれなくなるということだけではなく

歯周病菌が脳や心臓などにいき、死んでしまうことがあるのです。

 

それは少ない数ではありません。

愛犬の突然死が、この歯周病が原因ということがあるのです。

 

ぜひ歯磨き習慣をつけていただきたいです。

 

歯磨きが大好きになるように、決して無理矢理押さえつけたりしないで

まずは歯ブラシに慣れさせることから始めましょう。

(歯磨きシートやガーゼなどではなく、必ず歯ブラシを使って下さいね)

もし、愛犬が暴れたり噛んだりしてうまく歯磨きができないという方は、お近くのドッグトレーナー(陽性トレーニングをしているトレーナー)に相談してくださいね。

 

・我慢強い犬だからこそ必要なもの

 

それから、私が一番お勧めするのは健康診断です。

 

予防接種でしか動物病院に行ったことがないという飼い主さんがとても多いのですが

できれば、年に1回以上は血液検査、尿検査、検便、触診、平熱、体重測定、(できればレントゲンも一度は・・)などの

基本的な健康診断を受けていただきたいです。

 

犬がぐったりしてから動物病院に行くのでは

手遅れになることが多いからです。

 

犬はとても我慢強い動物です。

痛いところがあっても平気を装います。

食欲も落ちない、下痢もしない、普通に元気にしている、

それだけで健康だと判断していると大変なことになります。

 

内臓の病気、骨、関節の病気や怪我など目に見えないものはたくさんあります。

 

ぐったりしてしまったら、それは重症化してしまっているということで

完治にも時間を要しますし、命を落とす危険もあるのです。

 

ある知人の獣医師は

「だいたい、ひどい状態になってから受診してきて

入院、手術、通院となって

結局亡くなってしまう患犬がとても多い・・・

健康診断さえしていれば、助かる命は3倍になるのに」

と嘆いていました。

 

健康な時の数値を知っておくことも、とても重要です。

 

動物病院によっては、誕生月にパック料金で健康診断をしてくれるところもあります。

予防接種の時やフィライリアの検査と一緒にでもいいと思うのです。

 

ぐったりしてから病院に行くより、ちょっとした数値の異常の発見や

獣医師の触診などで

愛犬が痛みや苦しみ、身体の異常を我慢していたことがわかるのです。

まだ愛犬が平気を装える状態の異常であれば、簡単な投薬か治療、予防、

食事の内容を変えるだけで、健康に戻せるのです。

 

その方が治療費もぐんと安価です。

重病化してからの治療費は保険に入っていなければとても高額になってしまうことが多いです。

まだ、たとえ高額だとしても治療方法があればいい方です。

手の施しようがなくなることも重症化した場合は多いのです・・・。

 

だからこそ健康診断は重要となります。

動物病院によって様々ですが

健康診断費は基本的なものであれば1万円もしないはずです。

 

7才までは年に1回、7才過ぎたら年に2回ほど健康診断をするのが理想的だと

私は考えています。

 

妹と妹の愛犬ラブ
妹と妹の愛犬ラブ

 ・食べなくなったら死のサイン?!

 

そして、ちょっとでもおかしいな~と思うことがあったら

「様子を見る」ということは避けてすぐに受診してください。

 

私の妹がとても悔やんでいることが

この「様子を見る」ということでした。

 

吐いて、食べなくなった愛犬を

いつもの動物病院に連れいて行って注射をしてもらって

それでも、なんだか変だな~と思っていたそうです。

以前にも同じようなことがあり、注射で治ったという経緯から少し楽観視していたと・・・。

 

明日まで様子を見ようと、その日は食べない愛犬に水分だけ与えていましたが噴水のように吐いたそうです。

翌日他の動物病院に連れいていきましたが、なんとその翌日亡くなってしまったのです。

あっという間でした・・・。

 

亡くなってしまったので、正しい病名は不明のままですが

先に受診した病院では「腎不全」。

次に連れて行った動物病院では

「腸に何か詰まっている影があるが重篤な脱水症状で手術もできない」と診断され、

即刻入院で点滴治療になりました。

その獣医師によると

死因は血栓が脳に飛んだのではないかと・・・

あと1日早く連れてきてくれたら、助かっていただろうと獣医師に言われたそうです。

 

手前ラブ、奥がラブの子供レオン 泳ぎがとても上手なラブでした
手前ラブ、奥がラブの子供レオン 泳ぎがとても上手なラブでした

亡くなった妹の犬は、私の愛犬ロッキーの母犬、ラブです。

 とても従順で可愛い可愛いラブでした・・・

享年9歳。

 

ラブが命をかけて教えてくれたことを

私は、ここでこうして皆さんにお伝えしたいと思って

涙をこらえて書いています。 

 

どうか、皆さん、

「痛いよ」「苦しいよ」「辛いよ」

と言えない愛犬のために

 

「様子を見る」ということはやめて

少しでもおかしいなと思ったら

即刻動物病院に受診してください。

かかりつけ医だけではなく、セカンドオピニオンも視野に入れてください。

 

普段から、犬の栄養学に沿った良質な食べ物を与えていただきたいです。

健康診断、歯磨きも欠かさないでいただきたいです。

 

愛犬のために、飼い主として正しい知識を得てください。

大切な家族として、最善を選んでください。

 

お願いします。

 

今月、10日はラブの一周忌です。

 

私にできるラブへの供養はこのブログとなりました。

 

ラブ、喜んでくれているかな・・・。

たくさんのことを教えてくれてありがとう。

ラブが教えてくれたことを必ず生かしていくからね。

 

全ての犬たちが、健康に元気に寿命を全うできますように・・・

 

 

愛するラブに捧ぐ

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

23日

愛犬のしつけ成功の秘訣~ポメラニアンチビチビちゃん~

昨年からご訪問していたポメラニアンのチビチビちゃんが

今月、卒業しました☆

 

ご依頼内容は

来客時の大興奮と吠え、

お散歩後の興奮と噛み癖、

飼い主の外出時の吠え、

電車にのるときに静かに乗れる、

動物病院受診時に落ち着ける、

色々ありました。

 

成犬ですが、パピートレーニングの基本から開始しました。

私が最初に伺ったときは

ゲージの中で大興奮で大暴れ、大鳴き、

落ち着くまでに30分かかりました。

 

お引越しされて間もなかったのですが

そのお引越しのストレスもあり

脱毛激しく、すかすか状態です。

食欲も波があったり、とにかくとても不安定な状態で、いつも大騒ぎしている感じでした。

 

まずは呼び戻しから。

首輪もついていなかったので

首輪(鑑札や狂犬病予防接種票付)をつけるところから開始。

 

それから

フセ、マテ、アイコンタクト、ハウス、オフ、ヒール

歯磨き指導もありましたよ♪

 

このチビチビちゃんが、どんなにおりこうさんに変身したか

皆さん、想像できますでしょうか。

 

玄関チャイムがなっても静かにクレートで待つことができ、

来客時や帰宅時もハウスの指示で落ち着けるまで待つことができ、

暴れて唸ったりすることがほとんどなくなり、

ヒールウォークもできるようになり、

落ちているものを拾い食いしなくなり

(たとえしても「オフ」のコマンドで離す)

お散歩もアイコンタクトしながら

楽しく歩けるようになったのです。

 

電車に乗る時もクレートでリラックスしていられるようになり

動物病院でもトリミングでも、チビチビちゃんの成長と変化に

驚かれていたそうです。

 

素晴らしい変身と成長をし続けたチビチビちゃん(#^^#)

 

このしつけ成功の秘訣はなんでしょう。

 

それは飼い主さんの一貫性ある態度と

決してあきらめず、チビチビちゃんの可能性を信じて

毎日毎日たくさんの成功体験を

チビチビちゃんにさせてあげることができたからです。

 

独自に記録表を作って

練習したことや困ったことなども

しっかり記録され

私の出した宿題は全て完璧にこなしてくださいました。

 

そうなんです。

 

犬は、全ては飼い主さんにかかっているのです。

 

それを証明してくださったチビチビちゃん飼い主さんご夫婦を

私は尊敬していますし

皆様にもご紹介したくなってブログを書きました。

 

お散歩も毎日2回、しっかりして

その時間を記録されていました。

練習した回数や、その都度問題があれば記録しておき

私が訪問した際にご相談してくださいました。

 

なので適切なアドバイスもできました。

 

暴れて噛んでしまってできなかった足ふきも

今では、おとなしく拭かせてくれます。

 

一番問題だった朝早くから鳴いて大騒ぎしていたのも

収まりました。

 

これは全て飼い主さんの一貫性ある態度と

楽しみながら練習をされてきた成果です。

飼い主さんとアイコンタクトをして指示を待つチビチビちゃん
飼い主さんとアイコンタクトをして指示を待つチビチビちゃん

できると信じてもらえる犬は幸せです。

 

必ずできるようになるんです(*^-^*)

 

チビチビちゃん、

これからもお母さん、お父さんと

楽しく幸せに過ごしてね(#^^#)

 

もうちょくちょく会えないのは本当に寂しいけれど

チビチビちゃんご家族の幸せなドッグライフをこれからも応援していきたいと思います☆

0 コメント