トイプードルプリンちゃん

2016年

12月

12日

第2回メディカルホームまどかさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

「SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

12/11はメディカルホームまどかさんでの2回目の活動でした。

 

 

前回10月の活動の反省点を踏まえて

施設側のスタッフさんがとても細やかな対応をして下さり、

とても充実した活動になりました。

今回は私の三女(高校生)や初参加の大学生、それからメンバーの初孫ちゃん(生後1.5か月)の参加もあり

下は0歳、上は50代と幅広い年齢層!!

参加犬は

ヨーキーノブナガくん、トイプープリンちゃん、ミニチュアダックスモカちゃん、そしてラブラドールロッキーの4頭でした♪

ノブナガちゃんフセ
ノブナガちゃんフセ
ロッキージャンプ♪
ロッキージャンプ♪
プリンちゃんオテ
プリンちゃんオテ
モカもジャンプ♪
モカもジャンプ♪

今回から、育休中のメンバーの代わりにハンドラーと努めて下さるメンバーもがんばりました。

2回ほどモカちゃんと絆を育むためにハンドリング練習をしてきた努力が実り、

ご利用者様も、私たちも素敵な笑顔が生まれました☆

また、セラピードッグ訓練生のプリンちゃんも、実習として初参加!

でも、まるで何年も前から活動してきたかのような余裕~(*^^*)

できなかった「オテ」も、本番でできたという奇跡も起こり、数か月プリンちゃんのレッスンをしてきた私もびっくり☆

 

ご利用者の方々も大きな声を出して犬たちの名前を呼んで下さったり

優しい笑顔で優しく犬たちを撫でたり抱っこして下さったり

 

芸の披露でもたくさんの拍手をいただき、私たちも楽しい楽しい活動なりました♪

 

活動するたびに、成長していく犬たち・・・

頼りない私の大きなサポートをして下さるメンバーの皆様に心から感謝です(*^-^*)

 

写真を撮って下さっているメンバーが映らなくて残念r(≧ω≦*)

準備に片付け、掃除までして下さって、写真撮影も!!

本当に心から感謝です。

 

ありがとうございました☆

0 コメント

2016年

9月

30日

トイプードルプリンちゃん10≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングに入り

7回目のレッスン記録です。

 

今回はご自宅ではなく、

認定試験会場予定の質会いドッグランでレッスンです。

試験内容に一部沿って練習しました。

落ち着いて横について歩いたり、グルーミングの項目の練習をしたりした後は

一番得意のロングリードのマテです。

まだ課題はありますが、成功は大きな自信にもつながりますね(#^.^#)

 

飼い主さんもプリンちゃんを更に上手に導けるようにこれからも頑張ってほしいと思います。

 

練習は、とにかく楽しくウキウキできるように

日々の生活に上手に取り入れて、

プリンちゃんが、楽しめることと、いつでもどこでもどんな時でもストレスが限りなく少なくなるようにを目標にしていきたいと思います。

 

つづく

0 コメント

2016年

9月

10日

第7回合同練習会【SMILEアニマルセラピークラブ】

SMILE SMILEが主催している動物介在活動

SMILEアニマルセラピークラブ」の

第7回合同練習会のご報告です。

 

 

7月から9月までは活動は犬の夏休みですが

練習会会場となるドッグカフェスマイリースマイルさんの室内ドッグランは

冷房がきいているので

10月からの活動に備えて久しぶりの集合となりました。

今回は、皆様のご都合があまり合わず参加犬は少なかったのですが

ヨークシャーテリアのノブナガちゃん

トイプードルあむくんと、

ラブラドールレトリバーmixのロッキー

張り切ってくれました。

 

今回からお手伝いいただくことになったサポーターも2名加わり、

またあむちゃんのお姉ちゃんもお手伝いにかけつけてくれて

とても有意義に老人ホームの活動に備えての実践練習をすることができました。

車椅子、椅子を用いて

 

サポーターさんに利用者さんを模して座っていただき、実際の活動に沿った練習をしました。

あ、ロッキーの写真撮り忘れてしまいました(^-^;

 

候補生のプリンちゃんも模擬体験しましたよ♪

 

終了後はみなさんとティータイム♪

もちろん、犬たちにもご褒美のお肉です。

 

10月からの活動が犬も利用者さんも私たちもみんなで楽しい時間となるといいです(#^^#)

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

0 コメント

2016年

8月

18日

トイプードルプリンちゃん9≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳2か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

分離不安はほとんど改善していて

セラピードッグ育成トレーニングに入り5回目と6回目のレッスン記録です。

今日は指示を出す前のアイコンタクトの強化を練習しました。

 

どんな指示も喜んで応えられるように

そしてアイコンタクトで集中することを覚えられるように

この練習はプリンちゃんにはとても必要です。

 

飼い主さんも愛情を持ってアイコン宅をしているので、指示を出す前に名前を呼んだりしてこちらに集中させられるようになっています。

レッスンの後は、

プリンちゃんの雨の日用お散歩グッズを見せていただきました。

 

雨の日でもお散歩行きたいプリンちゃん、でも、レインコートは嫌いです(;^_^A

犬のお散歩用の傘が売っているんですね!

はじめて見ましたが、便利そうです。

 

楽天にも売ってました!

次のレッスン時。

 

指示を出す前にアイコンタクトをする練習をしてくれていた飼い主さん。

 

マテもとても上手になっていました!

 

特にマテの後の次の指示をしっかりアイコンタクトをして待ってるところが

今回のプリンちゃんの急成長です(*^-^*)

 

 

室内以外も、お散歩中や見知らぬ場所でも練習していくと

益々絆が深まっていきます。

 

次回は、見知らぬ場所に同行させていただき

今まで練習してきたことを復習していきたいと思います。

 

つづく

0 コメント

2016年

7月

29日

トイプードルプリンちゃん8≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳1か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

基本トレーニングを取り入れながら、分離不安などの諸問題に取り組み、前回からセラピードッグ育成トレーニングに入り3回目のレッスンです。

 

引越し先の生活にもすっかり慣れて、少し自己主張が出てきてはいますが落ち着いています。

今日はプリンちゃんが苦手なヒール(横について歩く)を

いかにウキウキ楽しく練習をするかやってみました。

 

いつでもどんな場所でも落ち着いて歩けることは

セラピー犬にとって基本的な行動となります。

 

なぜプリンちゃんはヒールウォークが苦手なのでしょう。

よく見てみると、

他の練習より、ヒールウォークの練習をすると尻尾が下がります。

 

そうです。

プリンちゃんにとっては楽しくないのです。

 

それならば楽しくできる方法を探すのみ(#^^#)

ハンドラー(飼い主さん)がテンション高く

ウキウキしたエネルギーを発しながら

ヒールウォークの練習を楽しめると

プリンちゃんも尻尾が上がり、楽しく練習できそうだということがわかりました。

 

他にもマテができにくくなってきたりもしているので、

次回までに、ウキウキと練習を継続していただくことになりました。

 

 

つづく

0 コメント

2016年

7月

21日

トイプードルプリンちゃん7≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳1か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

基本トレーニングを取り入れながら、分離不安などの諸問題に取り組み、前回からセラピードッグ育成トレーニングに入りました。

 

この間、なんとプリンちゃんはお引越しを体験しています。

 

急激な環境の変化にストレスになったり、抱えている諸問題がエスカレートすることの無いよう

アドバイスさせていただき、飼い主さんはとても努力されていました。

 

引っ越し前から少しずつ新居に慣れさせることや、引っ越し当日のプリンちゃんの新居への入り方(実はこれが一番重要)など、私がお伝えできることは全てお伝えしました。

新居の「プリンちゃんコーナー」!

今まで使っていたゲージやベッドをそのまま生かしながら

リビング内にプリンちゃんの個室ができました。

 

飼い主さんのご努力の成果で

なんと、引っ越し後は分離不安がすっかり消滅したのです。

 

引っ越しは、

今まで無かった分離不安が始まる子もいるくらいワンコにとっては大きなストレスになることが多い中、プリンちゃんは引っ越しを良い結果につなげることができたのは

全て飼い主さんの努力のたまものです。

毎日のお散歩も新しい発見などでウキウキしているらしく、

プリンちゃんの表情もよく、トレーニングもやる気満々でがんばってくれました。

 

写真撮るもの忘れてしまうくらいです(;^_^A

 

この写真は、レッスン後のまったりタイムのものです。

今回は、若干の緊張化でもいつもの行動がとることができるようなレッスン予定でしたが

 

今日はプリンちゃんの課題が見つかったので

「アイコンタクトで指示を待つ」ための練習に切り替えました。

アイコンタクトは以前から上手なプリンちゃんですが

指示を待つ時にしっかりアイコンタクトができると更に集中力を高めることができるのです。

 

 

つづく

0 コメント

2016年

6月

30日

トイプードルプリンちゃん6≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳0か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

早い段階から夜泣きは無くなり、基本トレーニングもしっかり入ってきました。

今日からセラピードッグ育成トレーニングです♪

まだ分離不安の症状は残っていますが

セラピードッグ育成トレーニングは、信頼関係の強化と精神安定の効果がありますので

ゆっくり進めていきたいと思います。

 

もともと人が大好きで撫でられることも大好きなので

リスク管理のための練習から開始です。

セラピードッグ認定試験対策。

 

身体の清潔、健康のチェックの項目です。

足、尻尾、肛門、耳、目、口、被毛、皮膚のチェックを

落ち着いて受け入れる練習です。

 

次回は、若干の緊張下でもいつも行動がとることができる項目の練習です。

 

セラピードッグ育成トレーニングは

楽しみながら、そしてしっかり指示に従うことを喜べるようにしていくことが大切です(#^^#)

 

 

つづく

0 コメント

2016年

6月

17日

トイプードルプリンちゃん5

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

6/13で2歳になった女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングですが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んでいます。

 

5月から停滞期に入ってしまったプリンちゃんですが、1クールの最後の2回のレッスン記録です。

 

ゴミ出しやお風呂の時は、すっかりお利口に待てるプリンちゃんですが、

いざお仕事に行こうとするときは瞬時に判断して

ハウスにも入らず、飼い主さんを困らせているそうです。

 

長時間のお留守番でも落ち着いて待てるようになるには

短時間のお留守番から練習していきます。

その前にリビングのドア前で落ち着ける練習を開始しました。

 

まだまだ練習は必要ですが、

外出時、帰宅時もドアの前で落ち着けるようになっていきます。

 

室内でリードを着けて横について歩く練習も開始です。

リードが緩んだ状態で楽しく歩けることが目標です。

 

もともとリードを引っ張って歩くことが少ないプリンちゃんですが、

セラピードッグとして活動を予定しているので

しっかり指示に従い歩くことを喜べるように導いていきたいと思います。

 

 

 

 尻尾をふりふりルンルン歩けています。

 

飼い主さんとの信頼関係も育める練習なので

たくさん声をかけながら楽しく練習をしていってほしいです(*^-^*)

 

次回からはセラピードッグ育成トレーニングに入ります。

 

つづく

0 コメント

2016年

5月

30日

トイプードルプリンちゃん4

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

1歳11ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングですが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んでいます。

 

5月に入ってからそれまで順調だったプリンちゃんが、反抗期に入り

 

なかなか言うことをきかなかったり、分離不安のぶり返しが始まりました。

関係性の再構築信頼関係構築を開始すると

ダイエットの停滞期のようなものが訪れる子が少なくありません。

そこで諦めたり、やめてしまうと今までの努力が水の泡となってしまいます。

 

諦めることなく、どんな態度を取ろうとも一貫性を持った態度を保つことが成功の秘訣です。 

 

まずは、基本からやり直しをします。

初めて教えた時のように

少しずつできたら褒めていきます。

 

飼い主さんが出かけるとわかると

ハウスの指示に従わなくなってしまったとのこと。

ハウスではなくベッドでマテを練習してみることにします。

「指示に従うことが嬉しくて仕方ない」ということを飼い主さんもプリンちゃんも思い出すためでもあります(*^-^*)

反抗的な態度というより、指示に従うことが喜びになっていないという感じですが

何回か少しずつできるように仕向けて、褒めまくって

すんなりできるようになりました☆

 

喜んでいるのが動画でわかりますね(#^^#)

 

何度も練習し続けるより、

ワクワク楽しく練習している時に

終わりにしたり、

特別なおやつを使ったり

飼い主さんも工夫しながらがんばってください。

 

 

写真も動画もないのですが、この後は

帰宅時の「飛びつき」や「興奮」対策の練習をしました。

 

ドアに飛びついたりばたばたしていたら、決してドアは開かない。

ドアの前でオスワリができたら、ドアが開くということを

何度も何度も練習して

ドアが開いて、飼い主さんが部屋に入ってもオスワリをしていられるようになりました。

時間がかかっても、

どんなに出来そうもない状態が続ているように思えても

プリンちゃんを信頼し、できると信じてがんばってくれた飼い主さん。

 

これからも、一貫性を持ってドアが開くにはどうしたらいいかをプリンちゃんに考えさせてあげてくださいね(*^-^*)

 

停滞期に入っても、

イライラしたり、叱ったりせず

プリンちゃんができることを支持してみて

たくさん褒めてあげることで

停滞期を脱出していきましょう(#^^#)

 

つづく

0 コメント

2016年

4月

25日

トイプードルプリンちゃん3

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから開始です。

3回目のレッスンですが、

ここまでに、分離不安の改善が顕著に認められたという飼い主さんからのご報告がありました。

お留守番中、鳴いては眠り鳴いては眠るという状態だったプリンちゃんが

最初の30分ほどですっかり落ち着いて

飼い主さんの帰宅まで、鳴かずに待てるようになったそうです。

やはり、関係性の再構築基本トレーニング信頼関係構築が大きな成果を出していると感じています。

 

今回、訪問時もクレートの中でマテができて

興奮しない練習をしてくれた飼い主さん。

 

 

前回ヒール(横に着く)練習を開始したプリンちゃん。

家での練習はあまり好きではないらしく

まだまだ練習中です。

 

 

もう少し練習していきましょう。 

 

 

次は、遠くからの「ハウス」の指示で

ゲージに入る練習をしました。

 

理想は、飼い主さんがどこにいても

「ハウス」と言われたら

ゲージに入ることを喜べるようにすることです。

 

そして、ハウスで待つことも喜べるようにしていくと、分離不安の軽減に繋がっていきます。

 

 

遠くからの指示はまだ練習が必要ですね。

 

「ハウスでマテ」も飼い主さんが見えなくなると

出てきてしまっていたプリンちゃんが

 

なんと

飼い主さんが見えなくなっても

こんなに長く待てるようになりました(*^^*)

 

これからも楽しく練習していって

 

ハウスで待つことを喜べるように

更に信頼関係を育んでいってほしいです。

 

プリンちゃん、また来週がんばりましょうね。

 

つづく

0 コメント

2016年

4月

17日

トイプードルプリンちゃん2

トイプードルのプリンちゃん。

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

飛びつきや興奮癖が多かったのと

飼い主さんのお話からかなりの分離不安があるということで

まずは問題行動改善トレーニングから開始です。

 

フセができるようになり、

オスワリのマテもできるようになり

飼い主さんのたゆまぬ努力に敬服です。

 

今回のレッスンではマテの強化2です。

 

フセのマテは得意になっていたプリンちゃん、

オスワリのマテが難しかったのですが

なんと

しっかり「オスワリ」をして待てるようになってきました。

 

 

その上、フセのマテも飼い主さんがどんな動きをしても動かず待てるようになりました。

 

こうして基本トレーニングをしていく中で、

飼い主さんとの絆がどんどんと強くなっていき、

信頼し合える関係になります。

信頼していると、待つことも喜びとなり

分離不安の軽減→落ち着いて待てるようになる

に繋がっていきます。

 

 

 

この後ヒールウォークの挑戦をしました。

 

すぐに理解し

横につくことを覚えたプリンちゃん。

 

ヒールウォークの効果は、横に着いて歩くという行動が

飼い主さんとの関係性をより良いものにしていくことです。

リードを引っ張ったりしてお散歩していると、問題行動が改善されることはありません。

そして、とびつき防止やアイコンタクトの強化にもなっていきます。

今後のプリンちゃんが楽しみですね♪

 

つづく

 

 

0 コメント

2016年

4月

04日

トイプードルプリンちゃん1

トイプードルのプリンちゃん。

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

初回カウンセリングでプリンちゃんを拝見させていただき、

無駄吠えはなかったものの

飛びつきや興奮癖が多かったのと

飼い主さんのお話からかなりの分離不安があるということで

まずは問題行動改善トレーニングから開始しました。

 

 

オスワリはできたものの、フセやマテができなかったので

基本トレーニングを取り入れながら問題となっている飛びつきや分離不安の改善に取り組みます。 

初回カウンセリング時に、すぐにフセの体制になったので

トレーニング開始までに飼い主さんに練習をしてもらいましたら

1回目のレッスン時には「フセ」ができるようになっていました(*^^*)

飼い主さん、頑張りました!!

 

次に、分離不安のためのメニューをご提案させていただきました。

 

まずは接し方を180度変えていただきます。

 

ルールを設け、そのルールを守らせること、

知らず知らずのうちに応えてた要求に応えないこと、

一緒に寝ないこと、

生活全てを飼い主さんに主導権を持ってもらうことなどをお話しさせていただきました。

 

まずはお散歩の仕方、

そしてルール構築

基本トレーニングについて

愛犬との接し方について

詳しく、今のプリンちゃんと飼い主さんの関係性からできることをお話しさせていただき

困ったことやできにくいことはその都度ご相談していただくことをお伝えしました。

 

最初は本当に大変かもしれません。

でも、プリンちゃんが落ち着いて穏やかに留守番ができるようになるためです。

飼い主さんは一生懸命取り組んでくれました(*^^*)

 

すると、プリンちゃんが少しずつ変化していっていると飼い主さんからご連絡が入りました。

まず、夜中鳴くことがなくなり、

お散歩も、興奮しないで落ち着いて歩けるようになったとのこと。

 

飼い主さんが変われば、愛犬も代わるということを実感していただけたと思います。

この調子で、一貫性を持った接し方をしていただき、

プリンちゃんがいつも安定した精神状態でいられるように導いていきたいですね。

2回目のレッスンでは

早速、ゲージに入ることを喜べるように、

そして中で落ち着いてマテるようになるための「ハウス」と「マテ」、「アウト」の練習をしました。

「ゲージに入れられるとお留守番させられる」

という概念を

「ゲージに入ると褒められる、待ってると嬉しいことが起こる」

に変えていきます。

これは時間がかかるかもしれませんが、

地道に長い目でみながらがんばりましょう。

 

次は「マテ」という言葉が

動作を止めて「待つ」ことだということを伝えながら

「マテの強化」にチャレンジしました。

ついこの前まで「フセ」もできなかったプリンちゃんが

しっかり「フセ」をして待てるようになってきました。

 

いきなりたくさん待たせるのではなく、

少しずつマテル時間を延ばしていき、成功体験をたくさんさせていくことで

マテの強化になっていきます。

 

次回までに、

慌てず、ゆっくり、楽しく練習をしていただき、

次のレッスンでは姿が見えなくても待てるようにしていきたいと思っています。

 

プリンちゃん、飼い主さん、一緒にがんばりましょうね(*^^*)

 

つづく

0 コメント