ブログ一覧

2019年

8月

01日

命をかけてお散歩している飼い主さんへ

気温35度、アスファルト60度、灼熱の中お散歩するのは自殺行為です

犬の熱中症は人間と同じように重症化すると死亡率が高いことをご存知でしょうか。

犬は暑さに強いと勘違いしている飼い主さんもいたり、8月の酷暑の中、日中に平気でお散歩をしている飼い主さんもいたり・・・夕方であっても油断できないことをぜひ知っていただきたくブログに毎年書いています。

 

今年もまた外気温36度の猛暑日午後2時にお散歩している飼い主さんを目撃してしまったので、また書きたいと思います。

たとえ夕方17時でも、まだ太陽は出ています。

日向のアスファルトは50度以上です。

ぜひ素手でアスファルトを触ってみてください。

思わず「あちー!!」となりますから。

その暑いアスファルトの上を歩かせてはいけません。

アスファルトから数センチ~数十センチの犬たちの内臓が煮えてしまうのです。

 

決して大げさではありません。

本当に煮えてしまうのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

13日

【4】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

ブログを更新していませんでしたが

最近までのレッスン記録です。

 

室内では100%できるヒールウォークも

お散歩時やその他の場所では

気が散ってできにくくなることもあったミンちゃん。

なので、温室練習場で練習したり

いつものお散歩時に付き添って

正しいお散歩方法をお伝えしたりしました。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

6月

26日

第2回乳児院でのアニマルセラピー

プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ
プリンちゃんとおしゃんぽ、おしゃんぽ

保護者がいない、または虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に

今月も訪問してきました。

 

トイプードルプリンちゃん

チワワのひめちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

が参加しました。

前回よりもスムーズにそして和やかな時間を過ごせました。

入室するなり駆け寄ってきて笑顔で犬たちを撫でてくれる子もいたり、誰からともなく犬たちのリードを持ってよちよちお散歩もしてくれた子もいました。 前回触れなかった子も自分から手を伸ばしてきてくれたりも♪


続きを読む 0 コメント

2019年

6月

20日

しつけと主従関係の誤解

ひとことで「犬のしつけ」というと、

「厳しくできない」「犬が可哀想」と感じる方は少なくないと思います。

日本語はとても難しいですね。

 

しつけとは

 

犬と飼い主さんの意志疎通のツールです。

人間と犬との信頼関係を育むものです。

 

また「犬との主従関係」はタブー視されるようになってから久しいですが、

主従関係ではなく「犬の良き先導者でありましょう」というとしっくりくるかもしれません。

 

今「しつけ」をしないことを選択している飼い主さんや

「しつけ」と「虐待」を混同している飼い主さんもいることが気になり、

セラピードッグトレーナーとして、どういう風に犬の良き先導者になれるのか、

ブログに書くことにしました。

 

愛犬がいつも穏やかでリラックスして過ごし、

飼い主さんを信頼、尊敬、尊重できるように導いていくことがしつけです。

犬の心の安定と安心やに繋がることをどうしてもお伝えしたいのです。

 

では、その「愛犬の良き先導者」とはどういうものなのかをお伝えしようと思います。

それは難しいものでも厳しいものでもありません。

無駄に吠える、唸る、咬む、いたずらする、家中トイレ、他の犬に攻撃的、怖がり、玄関チャイムに大騒ぎなどの問題を抱えている愛犬の飼い主さんは、

どうしても必死になって色々なしつけ本やネットで氾濫しているしつけ方法を試しまくってしまいます。

 

そして益々エスカレートしてしまい、

私にご依頼いただくことが多いのが現状です。

 

どんな方法も、愛犬に合っていなければ良薬にはなりませんし、色々なしつけ方法を試しまくっていて、愛犬が混乱して飼い主さんに不信感を抱いてしまって、逆に悪化しては意味がありませんね。

 

まず方法を選択する前に

 

・愛犬の性格

・問題の原因

・住環境や家族構成

・愛犬にどうなって欲しいのか

 

この4つをまず考えていただきたいです。

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

15日

全国初の乳児院でのアニマルセラピー

お背中よしよしね~
お背中よしよしね~

今年度から虐待やネグレストで保護されている子供たちの施設「相模原南児童ホーム乳児院」に訪問をすることになりました。乳児院での動物介在介入(アニマルセラピー)は全国で初の試みだそうです。

 

チワワのひめちゃん

セントバーナードリズちゃん

保護犬クッキー

愛犬ロッキー

賑やかで和やかな時間を共にしてきました。

 

ロッキーのような黒くて大きな犬と至近距離でふれあうなんて初体験!!

その環境上、どうしても犬などの動物と近い接触がありません。

施設内で犬を飼うこともままならないらしく、

 

恐らく全国で乳児院でのアニマルセラピー訪問は初の試みだそうです。

 

施設のスタッフも私たちもきっと大泣きしたり、大変になるのだろうと予想していましたが。。。

最初こそ緊張気味だった子供たちも、予想に反してすぐに慣れてくれて

 

笑顔いっぱい溢れて、施設スタッフの方々も驚きの笑顔になりました。

 

 

 

もちろん犬たちも、楽しんでいましたし、小さな赤ちゃんだということが分かっているので

 

どんな触り方をされても、上に乗られても、楽しんでくれました。

この写真はセントバーナードリズです。

身体は子供たちの10倍くらい大きいのですが

心は100倍大きいのです(*^-^*)

優しく受け入れてくれていました。

 

そしてそれを喜んでいるところ・・それが指導者の私にとっては一番安心するところなのです。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

合同練習会~セラピードッグ育成~

セラピードッグ育成に欠かせないのは、

色々な場面でも、すぐに慣れて

リラックスできることを教えることです。

 

セラピードッグは、色々な場所、色々な人、色々な音や匂いの中で

色々な触り方をされることがお仕事なので

それを耐えるとか我慢するのではなく、犬も飼い主さんも共に

楽しめることが大切なことです。

今回は、訓練生のミンちゃん、パッシュ君と卒業生のひめちゃん、クッキーと合同練習会です(*^-^*)

今年度から訪問が決まっている施設もあり、対象児の年齢が低いことから

そちらでの活動も視野に入れた練習もしました。

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

18日

【1】セラピー犬レッスン☆スタンプーパッシュくん

スタンダードプードルのパッシュ君2歳☆セラピー犬トレーニングを開始しました(*^-^*)

セラピードッグトレーニング記録ブログ1

4月からセラピードッグ育成トレーニングを開始したスタンダードプードルのパッシュ君。

 

犬種特有の明るく陽気で活発さがあり、

人が好きなパッシュ君なので

落ち着けること、穏やかな時間を好めること

そして、どんな触り方でも喜べるように

トレーニング内容を決めました(*^-^*)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

14日

【14】セラピー犬デビュー☆チワワひめちゃん

3月にセラピー犬認定試験に合格したひめちゃん☆いよいよ老人ホームでセラピー犬デビュー!!

セラピードッグトレーニング記録ブログ14

3月6日に1歳になり、いよいよセラピー犬デビューの日を迎えたひめちゃん♪

 

思えば昨年の6月に里親さんになったYさんの家にやってきたときは

まだ900g程度の小さなパピーでした。

 

それからすぐにセラピー犬として育てるために、楽しくレッスンしてきたひめちゃん。。

感慨ひとしおです。

もちろん、飼い主さんもですが・・・

緊張しているYさんとは対照的ないつもの様子のひめちゃん( ´艸`)

 

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

10日

2【健康で長生きを目指すために】愛犬の予防接種の正しい知識

愛犬の予防接種、動物病院の言いなりになっていませんか?

 

病気を予防するためのワクチン接種で健康を害してしまうことがあるとしたら?

 

無知は可愛い可愛い愛犬を病気にしてしまうこともあります。

知識を持った上で予防接種の判断をしていきましょう。

癌や肝臓病やアレルギー、てんかんがもしかしたらワクチン接種が原因だとしたら?

 

全ての犬たちの健康と長寿のために

私が得た知識、体験したことを書いていきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

23日

【3】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。3回目のレッスン記録です。

リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん
リードの付け替えもオスワリで静かに待てるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

3回目のレッスンは苦手なことや

できにくい点を飼い主さんに伺って

どうやって導いたら理解してくれるのか

レクチャーしました。

 

ミンちゃんはすぐに理解し

色々な練習も順調です(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

13日

【2】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。二回目のレッスン記録です。

監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん
監督犬アルちゃん、いちくんがいても集中できるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

 

二回目のレッスンは預かり犬も含めて二頭の監督犬の中、頑張りました。

 

外野がどんな状況でも、集中できる点で

ミンちゃんはスペシャリストです(*^-^*)

 

ワンワン鳴いていても、周りをうろうろされていても、飼い主さんの指示をウキウキ待てるのです♪ 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

04日

【13】飼い主さんのご感想☆チワワひめちゃん

2019年3月2日に「セラピードッグ認定試験」に挑んだひめちゃんとYさん。見事合格した翌日、ご感想メールをいただいたのでご紹介します。

3/2に「セラピードッグ認定試験」に挑み、

見事合格したYさんとひめちゃん。

 

ご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

03日

【12】セラピードッグ認定試験☆チワワひめちゃん

ひめちゃんあと4日で1歳となる2019年3月2日に「セラピードッグ認定試験」に挑みました。生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられ、縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始し、8か月が経ちセラピードッグ認定試験の日がやってきました。

練習の時のようにはいかない二人
練習の時のようにはいかない二人

いよいよ本番がやってきました。

この8ヵ月間、一番大切にしてきたのは「飼い主と犬との信頼関係」

それが試される日です。

 

普通の家庭犬でも必要な「人と犬の絆」

それはたった数日でできるものではありませんね。

 

でもYさんは緊張しまくりでした(^-^;

それがひめちゃんにも伝わって落ち着きがありませんでした・・・・

 

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

28日

【1】ヨーキーミンちゃんセラピードッグレッスン

ブリーダー放棄の保護犬、ヨークシャーテリアの「ミン」ちゃん5歳。2019年2月からセラピードッグ育成トレーニングを開始しました。

セラピードッグとしての適性は100点!飼い主Kさんと楽しくレッスンしています。先住犬のアルちゃんも応援してくれています。

誰がいてもリラックスできるミンちゃん
誰がいてもリラックスできるミンちゃん

ヨークシャーテリアのミンちゃん☆

ブリーダー放棄の保護犬です。

 

飼い主Kさんからのご依頼で、

セラピードッグ適正診断に伺いました。

 

人が好き。他の犬も好き。

そして人に撫でられることが大好きなミンちゃん。

基本的なしつけはオスワリくらいですが

適正は100点でした。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

28日

【11】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後11か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始し、8か月が経ちセラピードッグ認定試験が迫ってきました。

若干の緊張下でも日頃の行動ができるかな
若干の緊張下でも日頃の行動ができるかな

ひめちゃんのセラピードッグ認定試験が迫ってきましたので、

会場となる室内ドッグランで、試験の内容に沿って練習をしました。

 

日頃の練習の成果が生きてきます。

 

飼い主さんも緊張しているせいか、

ひめちゃんも緊張気味・・・(^-^;

 

犬は飼い主の鏡です。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

22日

噛む犬の導き方

噛む犬のしつけは、ひとつの方法だけではありません。なぜ噛むか、それが攻撃性からなのか、防御反応からなのか、色々な視点から咬む原因を見つけ出すことが大切です。原因を探らずに手あたり次第しつけ方法を試しているのは逆効果です。ではどうしたらよいのでしょうか。

前回、犬の本当の幸せと題して

本当に必要なしつけについて書きました。

 

嬉しいことにとても反響があり、メッセージもいただきました。

 

「犬の本当の幸せはしつけから生まれる」

 

そのしつけが自分の大切な愛犬に適していなければ意味がない

 

 

そのことについて皆さん共感して下さったようで嬉しいです。

そして「咬む犬はどういうしつけが適していますか?」と質問をいただいたので

そのことについてブログを書くことにしました。

ここで咬むというのは「甘噛み」ではなく本気咬みのことです。

そして咬む犬をしつけるというよりは、

犬が人間を噛まないことを選択できるように導くと言った方が適しています。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

09日

動物介在教育~小学校~

2018年は春から動物介在教育として

小学校に継続的に訪問しています。

 

朝のウォーキングタイムに合わせて訪問し

子供たちと校庭を一緒に歩きます。

 

早朝にも関わらず、参加してくれるメンバーに感謝いっぱいです。

 

子供たちの大きな歓声と群らがり一緒に歩く楽しさは、高齢者施設の訪問ではなかなかないことですし、

犬たちもアクティブな活動に大張り切りです。

ウォーキングタイムの後は、毎回1学年ごと

朝の会に一緒に参加しています。

 

1年生は春にふれあい教室を開催しているのですが、ほかの学年はしていないので

犬たちの自己紹介を兼ねています。

 

メンバーのお仕事などの都合で、

2頭しか訪問できない月もありましたが

 

サンちゃん、アース、プリンちゃんとロッキーが常連です(^^♪

 

保護犬のサンちゃんの飼い主さんは、毎回朝の会で

命の大切さ、命への責任についての話を

子供たちにしてくれています。

子供たちは真剣に話を聞いてくれます。

続きを読む 0 コメント

2019年

2月

09日

【10】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後11か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

日向ぼっこしながら噛み噛み♪
日向ぼっこしながら噛み噛み♪

あっという間に2019年も2月になってしまいました。

本年もよろしくお願いします。

 

2月に入って生後11か月になったひめちゃん。

昨年からまた少し体重が増えてしまったので

絶賛ダイエット中が続いています(^-^;

 

 

 

 この写真は、飼い主Yさんの仕事場で

日向ぼっこをしながら、

クレートの中でいい子に噛み噛みしているひめちゃんです。

仕事場でも人の出入りや機械音などの音がしていても騒ぐことなく、とてもお利口に過ごしているそうです。

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

26日

【9】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後7か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

トリミング後の撮影も1発♪
トリミング後の撮影も1発♪

12月に入って生後9か月になったひめちゃん。

更に落ち着いてきました。

 

トリミングに行っても

とてもおりこうさんで

トリマーさんに毎回褒められるそうです(*^-^*)

 

 

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

17日

人生楽笑デイサービス相模大野さんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

高齢者施設訪問記録です。

 

人生楽笑デイサービス相模大野さんに初訪問でした。

 10月にご依頼いただきましたが、12月にやっと実現しました。

 

犬は

サンちゃん、プリン、ロッキーの三頭。

ご利用者さんは10名ほどのアットホームな活動となりました。

サンちゃん、ロッキー・プリンちゃんと共に

ご利用者さんと楽しい時間を過ごしました。

 

こういう試みが初めてだったそうで、最初は戸惑っていたご利用者さんもいらっしゃいましたが

徐々に打ち解けて、笑顔になってくれて

私たちも職員の方々も嬉しい気持ちになりました。

 

大きな施設ではできない、和やかなふれあいタイムは

犬たちもいつもよりリラックスしていたように感じました(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

15日

第14回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

老人ホームはなことばさん14回目の活動です。

 

 今日は、春に認定試験に合格したクッキーのセラピードッグデビューでもありました(*^-^*)

 

最初は初めての場所、苦手な鉄筋コンクリートの建物だったため

かなりの緊張状態でしたが

利用者さんに撫でてもらうたびにしっぽがあがり、楽しく活動できました。

サンちゃん、ロッキーと共に

ご利用者さんの笑顔の花をさかせてくれました。

 

サポートしてくれたメンバーの皆さんもありがとうございます。

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

15日

ビルが教えてくれたこと~3年の闘病と犬生~

我が家の隣の隣に住むビーグルビル。

12月8日に虹の橋に旅立ちました。

あと1週間でビルは12歳になるところでした。

鼻腔腺癌という病気でした・・・

 

私にとってビルはご近所犬という感覚ではなく、近所に住む可愛い甥っ子のような存在でした。

ロッキーがまだ子犬の頃からお散歩友達として仲良くしてくれて、

Facebookの愛犬グループのオフ会に一緒に参加したり、楽しい楽しい時間を一緒に過ごせたことは、とても大きな幸せでした。

 

そして何より、ビルが命をかけて教えてくれたことを

私だけではなく、このブログを読んで下さる皆様にもぜひシェアしたいと思い、

流れる涙と戦いながら書きたいと思います・・・。

 

※写真は我が家のとらちゃんの応援オフ会「とらちゃんお散歩会」の時のビルです。

 

鼻腔腺癌・・・聞いたことはありましたが、まさかこの元気なビルが??

と最初は驚きしかありませんでした。

 

お散歩中にあった時に、興奮したりすると息苦しそうにすることもあったので

アレルギーからくる鼻炎かなと思っていました。

(ビルは食物アレルギーなどがありました)

でも3年前の11月ころに鼻血が出るようになって、

心配したビルママが何軒か病院に連れて行って

この病気であることが発覚したのです。

 

手術ができる場所ではなく、

 

「来年のお花見の時期はどうかな・・」と言われたそうです。

 

そして放射線治療、そして続いて抗がん剤を決断したビルママ。

 

良い先生、良い治療に恵まれ、ビルは病気を感じることなく、

余命宣告から3年も過ぎました。

 

私も1度鼻腔腺癌のゴールデンレトリバーにあったことがあって

その時も余命宣告から2年経っているということで

ビルにも大きな希望を持った記憶があります。

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

05日

犬の風邪・年末年始休業について

猛暑の夏がやっと終わったかと思っていたら

もう早くも12月です。

2018年も残すところ1か月を切りました。

 

真夏よりも犬たちにとっては過ごしやすい季節ですが、犬も気温差で体調を崩すこともありますので、

外気と室内の気温差が激しくなる12月以降は

体調管理も気を付けてくださいね。

特に幼犬や高齢犬、病中病後犬には注意が必要です。風邪をこじらせて肺炎から入院になる子もいるので・・・

人間と同じですね。

 

風邪の症状を書いておきますので、ご参考になさってください。

犬の風邪の症状

初期症状

・なんとなく元気がない感じ

・鼻が乾いている

・食欲が落ちている

・時々震える

 

中期

・くしゃみ

・咳

・鼻水

・下痢

・発熱

・目やに

 

重症

・痙攣

・ぐったりして起き上がれない

・呼吸困難(パンディングが激しい)

・下痢・血便・嘔吐

・食欲0

 

また初期から発熱している場合があります。

犬の検温は肛門に体温計を刺して測るので、嫌がったり動いたりしてうまくいかない場合は

早めの受診をしてください。

気温が低い日に何時間も外にいるのは小型犬(特に短毛種)はやめましょう。

衣服での調整ができる子であれば、おなかも冷やさないタイプの服を着せてあげましょう。

 

たまに初期症状をまったく見せずにいきなりぐったりして肺炎になる子もいたりします。

呼吸が荒くなったり、舌が紫色(チアノーゼ)になっているようなら

救急動物病院に受診してください。

日ごろから年末年始でもやっている救急病院を見つけてチェックしたり

一度健康診断などで受診して診察券を作っておきましょう。

犬はとても我慢強い動物です。

ぐったりしてからでは手遅れになることが多いので、日ごろから体調をチェックする癖をつけてくださいね。

 

日ごろから加湿と保温を心がけてください。

 

風邪の初期症状のうちは、犬用の湯たんぽを使ったり

水分や栄養がたっぷり取れる工夫をしてくださいね。

幼犬や高齢犬、病中病後犬は、特に冷やさないことが重要です。

運動不足になるのも困りますが、お散歩時は長時間にならない工夫もして下さいね。

続きを読む 0 コメント

2018年

11月

09日

犬の本当の幸せとは

飼い主さんの目を見つめるプリンちゃん。飼い主さんも幸せそうです。
飼い主さんの目を見つめるプリンちゃん。飼い主さんも幸せそうです。

犬のしつけについて色々な考え方も捉え方もありますが、

個々の犬の性格や飼い主さんの生活スタイルによって教えることや伝えることは違います。

たとえば、マンションに住んでいたらエレベーターでは静かにするとご近所に迷惑がかからないのでエレベーター吠えを無くすしつけが必要ですし、

赤ちゃんが生まれるご家庭では、赤ちゃんに対しての接し方を教える必要もあります。(何かあってからでは遅いのです)

 

飼い主さんがお勤めを始める場合は、落ち着いてお留守番ができる練習もした方がいいでしょう。

咬んだり唸ったりする子には、その原因を探って安心させてあげることも必要です。

「咬まないでね」と頼んでも咬むのですから(;^_^A

 

「しつけ」とは

愛犬と家族、そして周囲の方々との幸せな共生のため、

何より、愛犬がストレス少なく安心安全に生活できるようにするためのものだと

私は考えています。

 

言いかえれば、

「犬の本当の幸せはしつけから生まれる」

とも言えますね。

 

人間社会に住まわされ、人間社会のルールやマナーにあわせなければならない犬たちに

少しでもストレスを少なく、幸せに生活してもらえるように

私たち人間は努力していきたいですね。

 

でも数えきれないしつけ本やネットに氾濫するしつけ方法、

有名なドッグトレーナーの手法など

色々ありますが自分の大切な愛犬に適していなければ

意味がありません。

 

ある有名なトレーナーさんは「犬にアイコンタクトを教える必要はありません」

「フセを教える必要はありません」と断言しています。

 

確かにアイコンタクトを教える必要のない子もいます。

犬の本能として知らない人や犬にじっと目を見つめられると

恐怖心や攻撃性を刺激されます。

でも、信頼関係のある家族とのアイコンタクトは、

犬も人間も両方、幸せホルモン「オキシトシン」が分泌されるという研究結果があります。

 

教えると自らアイコンタクトをしなくなるとも書いておられますが

アイコンタクトを教えている私としては、それこそナンセンスで

もったいないことだな~と思っています。

犬によっては、知らない人や犬とのアイコンタクトは怖いものじゃないよと教えることで

他者への攻撃性や恐怖心を軽減できることもあるので

教えた方がいい子もいるのです。

そしてアイコンタクトを教えても、自然なアイコンタクトをしなくなることはありません。

実際、私が教えてきているワンちゃんたちは

みんな自然にアイコンタクトをしてきます。

アイコンタクトを無理強いしているわけではなく

自然なアイコンタクトの方法を伝えている、ヒントを出しているということになりますね。

 

フセも教えると興奮癖のある子にはとても有効ですし

ドッグカフェや動物病院でもフセて待っていられると落ち着いていられます。

愛犬も落ち着ける方法を教えてくれる飼い主さんを

ますます信頼してくれるという大きなメリットがあるのに、

教えないなんて、もったいないと思うのです。

または教えた方が絆が深まることもたくさんあります。

 

必要ある子、必要ない子、それはプロのトレーナーならわかります。

 

でも私はアイコンタクトを始め、フセやオスワリ、クレートトレーニングは

教えておくべきだと考えています。

 

犬が伏せることで頭の位置が下がり、興奮した脳が落ち着くというデータもあります。

興奮癖のある子は、フセが苦手なことが多いのです。

犬たちも興奮状態が長く続くより、落ち着ける方法を知りたいのです。

落ち着いたら自分も楽になり、その上褒めてもらえるのですから。

 

病気になったり怪我をしたりして動物病院に頻繁に行くようになることもあります。

待合室や診察台でフセで落ち着いていられたら、余計なストレスがかからずにすみますよね。

恐怖で固まってしまったり、獣医さんや看護師さんに吠えかかったり

咬んだり、、そんなことになる前に大丈夫だよという言葉より

フセをさせてあげるだけで落ち着けることが多いのです。

もちろん、普段から日常でフセで落ち着けることを教えていればこそですが・・・

 

入院となっても、クレートトレーニングができていれば

少ないストレスで済みそうですね。

 

また大きな災害があって避難所生活になることやクレートで過ごす時間が多くなったりすることもあります。

できれば愛犬のストレスが少ない方がいいでしょう。

そんな時に、教えておいてよかった~~となるしつけはたくさんあります。

 

被災地の動物保護施設で私はたくさん見てきました。

クレートで大暴れして鼻やパット(肉球)が血だらけになっている犬たちを・・・・

ストレス性脱毛であちこちに禿を作っている子もいました。

毛艶もまったくなく、ストレスから自虐行為(自分の足を噛む)などもある子もいました。

 

普段狭いゲージやクレートに入ったことの無い子が

住み慣れた家、大好きな飼い主さんから離れて

どんな思いで過ごしていたでしょう。。。

もし、クレートやゲージで落ち着けることを飼い主さんに教えてもらっていたら

被災後の生活もストレスがもっと少なかったもしれません。

血だらけになることもなかったかもしれません。

 

万が一を考えて、愛犬に色々なことを教えてあげたいものですね。

楽しくコミュニケーションの1つとして♪

 

しつけとはそういうものです。

人間社会で暮らしていく犬たちに、安心と安全、ストレスフリーで過ごせる方法を伝えること。

 

教えられることなのに

「人間の身勝手だから」という理由をつけて

教えないのは、人間側の怠慢です。

 

ベビーカーや自転車など動くものに吠えかかってしまうビーグルげんちゃんに家の中でベビーカーに慣れてもらう練習をしているところです
ベビーカーや自転車などに吠えかかってしまうビーグルげんちゃんに..

今回、このブログを書いたのも

色々なドッグトレーナーが

色々なしつけについての考え方を

我こそが正しいと断言し

こうあるべき!!と公表しているのを見て

 

こうやって飼い主さんは振り回され

愛犬も振り回されているのだろうなと

なんだか悲しい気持ちになったからです。

 

こうあるべきことは一つだけ。

「犬に体罰でしつけてはいけない」

それだけです。

 

チョークチェーンなどで痛みや苦しみ、恐怖を与えるしつけはしつけではなく虐待です。

 

決して他のトレーナーさんを批判しているわけではなく、しつけ方法はその子の性格や飼い主さんの生活スタイルなどでそれぞれ違うということを皆さんに知っていただけたらと思い、勇気を出して書くことにしたのです。

 

私は今は、家庭犬のしつけはご紹介のみお受けしていますし

セラピードッグ育成トレーニングを主にやっているので

いったいどれだけの方が私の言葉を受け入れて下さるかはわかりません。

 

でも、どうしてもこれだけはご理解いただけたら嬉しいです。

 

愛犬を幸せに健康に安全に過ごして欲しいならば

愛犬に適したしつけをしていただきたいです。

 

ひとつの方法や考え方に囚われず、愛犬や生活スタイルに合わせて

ご自分の愛犬が幸せになれるしつけ方法を見つけていただきたいのです。

 

交渉事故、近所迷惑、こそこそ散歩、しつけジプシーになることなく

皆さんに幸せなドッグライフを過ごしていただきたいです。

 

この写真のビーグルはげんちゃん。

昨年まで家庭犬しつけでトレーニングに伺っていました。

お散歩中にベビーカー、車いす、台車、自転車など動くものに吠えかかってしまうげんちゃんに

家の中でベビーカーに慣れてもらう練習をしているところです。

この後、車いすでも練習し、外でも練習して

動いて近づいて来ても大丈夫ということを伝える努力を飼い主さんと共にしました。

そして無事に吠えかかることがなくなり、

飼い主さんもげんちゃんも安心してお散歩に出られるようになりました。

 

げんちゃんの飼い主さんからのご感想も合わせて読んで下さい。

 

そうなんです。

げんちゃんには、ベビーカーや車いす、自転車も恐怖の対象ではないよということを

伝えるしつけが必要でした。

お散歩中の刺激を無視できるタイプの子なら、無視することを教えればいいのですが

げんちゃんは、「無視する」ことより「大丈夫なんだよ」ということを伝えた方が良いと判断したのです。

 でも他のワンちゃんで吠えたりしない子には必要のないしつけでもありますよね。

 

セラピードッグの育成トレーニングでも、車椅子やベビーカーに愛着を持つ

安心する、一緒に楽しく歩く(並行歩行)という練習があります。

 

セラピードッグトレーニングは家庭犬としてもとても役に立つものなのです。

 

その子にとって必要なしつけを正の強化(陽性トレーニング)で

愛犬に喜びと楽しさの中でたくさんのことを伝えていくことで

飼い主さんとの信頼関係が育ち、揺るぎない絆となっていくこと・・・

皆様にも知っていただきたいです。

落ち着いて従順、そして犬らしさを失わないしつけ、

少しずつブログでもアップしていきたいです。

 

全ての愛犬家と全ての犬たちが穏やかで幸福な毎日が訪れますように・・・・

 

続きを読む 0 コメント

2018年

11月

07日

【8】チワワひめちゃん雑誌に載る♪

ひめちゃん生後8か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

続きを読む 0 コメント

2018年

11月

02日

【7】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後7か月になりました。3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

水も滴るいいチワワ♪
水も滴るいいチワワ♪

お風呂上りのひめちゃん( ´艸`)

かわいいですね。

 

でも洗面所に立たせるのは

落下の危険があるので

やめましょうね(;^_^A

 

飼い主さんの頑張りで、

楽しく喜びの中トレーニングをしている

ひめちゃん。

 

避妊手術後は肥満に気をつけないといけません。

フードの加減はその子その子の体質で適量が違うので

パッケージの表示量を基本に調整していきます。

 

そしてまだ成長期なので、

骨や筋肉などを作る良質な動物性たんぱく質が豊富なフードを選びます。

 

ひめちゃんが食べているフードはこちら

 

続きを読む 0 コメント

2018年

10月

13日

【6】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後7か月になりました。ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるために生後3ヵ月からトレーニングを開始しました。

10月に入り、生後7か月になったひめちゃん♪

 

避妊手術も終えました。

初ヒートが来る前に手術できたことは

性格形成の上でも、身体にかかる負担を考えた上でもとても良いタイミングだったと思います。

獣医さんも同じ考えの先生で、手術も大成功、その後の回復もとても早いものでした。

 

避妊手術の時期はその子の体重、体質、健康状態などによりそれぞれ獣医師の判断が必要です。

ひめちゃんは良い先生に巡り合えて幸せです。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

11日

【5】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後6か月になりました。ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

9月に入り、生後6か月になったひめちゃん♪

 

8月に飼い主さんから送っていただいた動画と

写真をアップさせていただきますね。

続きを読む 0 コメント

2018年

7月

28日

夏期休業について

猛暑、酷暑の夏となっていますね。

そして台風12号もこの週末にやってきます。

豪雨被害の被災地も通過するということで

とても心配です。

どうぞ安全にご留意なさってください。

 

そして気温がそれほど高くなくても湿度に樹分注意してください。

犬は気温よりも湿度に弱いとされています。

 

  

犬の熱中症について

 

もぜひ、お読みください。

 

8月は不定期に夏期休業させていただきます。

 

レッスン、お問い合わせ返信、フード発送などお休みとなりますので

ご確認お願いします。

 

夏期休業

8/11~8/19

8/28~8/29

9/1~9/2

 

ご不便をおかけしますが、フードのご注文は8月に入ってすぐお願いいたします。 

続きを読む 0 コメント

2018年

7月

16日

【4】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後4か月記録。ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼でセラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

全ての予防接種が終わったので

前回からお散歩レッスンを開始しているひめちゃん♪

 

飼い主さんが報告動画を送って下さいました。

 

しっかりとヒールウォークのできる生後4か月のチワワがそこにいました(*^-^*)

続きを読む 0 コメント

2018年

7月

12日

【3】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン3

ひめちゃん生後4か月になりました。ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。

縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼で

セラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

続きを読む 0 コメント

2018年

6月

25日

【2】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン

ひめちゃん生後3ヵ月になりました。ひめちゃんは3/6生まれで生後すぐに母犬に育児放棄をされて目が開く前からブリーダーさんの手で育てられました。私の大切な友達でもあり尊敬する埼玉県のブリーダーさんです。

縁があってこの子の里親さんになってくれたYさんのご依頼で

セラピードッグに育てるためにトレーニングを開始しました。

続きを読む 0 コメント

2018年

6月

18日

【1】チワワひめちゃんセラピードッグレッスン1

6月11日からチワワのひめちゃん、セラピードッグトレーニングを開始しました。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

31日

夏期休業について

とうとう明日から8月ですね。

 

猛暑が続いておりますが

皆様わんちゃんの熱中症には注意されていますでしょうか?

 

今年も30度越えの毎日が続く神奈川ですが

昼間の2時頃にワンちゃんのお散歩をしている人をみかけました(@_@;)

 

びっくりです。

飼い主さんの知識が無いと、ワンちゃんはたまりませんね。

ぜひ、この時期は朝は早朝に、夜は日が暮れて、アスファルトの温度が下がってからお散歩に出かけてくださいね。

 

犬の熱中症について

 

もぜひ、お読みください。

 

明日から不定期に夏期休業させていただきます。

 

レッスン、お問い合わせ返信、フード発送などお休みとなりますので

ご確認お願いします。

 

夏期休業

8/1~8/4

8/14~8/16

8/19~5/21

 

8月19~21は福島にボランティアに行ってきます。

仮設住宅の夏祭りでたこ焼き屋さんをやります(#^^#)

お手伝いしていただける方はぜひご連絡下さい。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

10日

愛犬が食中毒にならないために!

6月から梅雨入りし、夏にかけて気をつけたいことは

熱中症ばかりではありません。

 

この時期意外に多いのが食中毒です。

嘔吐・下痢・発熱・痙攣など症状は様々です。

 

食中毒の主な原因は

 

1チョコレートやブドウなどの犬にとって毒性のある食べ物を口にしたとき

 

2カビの生えたものを食べたとき

 

3人間の飲み薬を誤飲したとき

 

4その他、他の犬の糞便を口にしたときや除草剤や農薬が口に入ったとき

 

1の犬にとって毒性のある食べ物については、最近の飼い主さんはよくご存じの方も多いですね。

 

この時期に多いのが2のカビです。

 

カビの生えたものなど食べさせてないわ!とおっしゃっていても

実はドッグフードのドライでも、この時期はカビてしまうことが多いのです。

 (カビは目に見える頃には大繁殖しているということなのです)

 

昨年6月にもこんなことがありました。

 

小型犬1頭のみしかいないのに、お得だからと5kgのドッグフードを買って与えている飼い主さん。

ある日、突然の嘔吐と下痢になった愛犬を動物病院に連れて行き、

嘔吐物と便を持参しました。

嘔吐物の未消化のドッグフードからカビの菌が見つかり

ご自宅のドッグフードの袋を見てみるとうっすら白っぽいカビが底に生えていたそうです。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

30日

GWのお休みのお知らせ

早いもので桜の季節も終わり

明日から5月ですね。

 

今年は桜の時期が長く楽しめたので、わんちゃんとお散歩がてらお花見をされた方もおおいのではないでしょうか(^^)/

 

そして今年は大型連休となり

皆様もワンちゃんと一緒にお出かけを楽しんでいらっしゃるでしょうか。

 

おでかけの際には

必ず首輪、鑑札、狂犬病予防接種票をワンちゃんに装着してくださいね。

 

万が一に備えてあげることが

飼い主さんの責任と愛情です(*^-^*)

いつも首輪をつけずに過ごしている飼い犬がとても多く、散歩のときだけ、鑑札はリードに。

そんなことはないようにしてくださいね。

 

5月とはいえ、熱中症にも注意が必要です。

日差し、気温、湿度に注意をして、ワンちゃんと共に楽しいGWをお過ごしください(#^^#)

 

 

 

GWの休業のお知らせ

 

5月3日~5月8日まで

 

 

9日より平常業務となります。

お休み中のお問い合わせ、メールなどの返信と

ドッグフードなどのご注文の発送は

9日より順次対応いたしますのでご了承下さい。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

23日

愛犬のしつけ成功の秘訣~ポメラニアンチビチビちゃん~

昨年からご訪問していたポメラニアンのチビチビちゃんが

今月、卒業しました☆

 

ご依頼内容は

来客時の大興奮と吠え、

お散歩後の興奮と噛み癖、

飼い主の外出時の吠え、

電車にのるときに静かに乗れる、

動物病院受診時に落ち着ける、

色々ありました。

 

成犬ですが、パピートレーニングの基本から開始しました。

私が最初に伺ったときは

ゲージの中で大興奮で大暴れ、大鳴き、

落ち着くまでに30分かかりました。

 

お引越しされて間もなかったのですが

そのお引越しのストレスもあり

脱毛激しく、すかすか状態です。

食欲も波があったり、とにかくとても不安定な状態で、いつも大騒ぎしている感じでした。

 

まずは呼び戻しから。

首輪もついていなかったので

首輪(鑑札や狂犬病予防接種票付)をつけるところから開始。

 

それから

フセ、マテ、アイコンタクト、ハウス、オフ、ヒール

歯磨き指導もありましたよ♪

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

13日

ゴールデンレトリーバーの咬傷事故について

3/10悲しいニュースを目にしました。

 

ゴールデンレトリーバーが生後10ヵ月の赤ちゃんを咬んでしまい、死亡してしまったニュースです。

このニュースを見た時、涙が止まりませんでした。

 

亡くなってしまった赤ちゃん、そのゴールデンの飼い主さんご夫婦、

そして赤ちゃんのご両親である娘さんご夫婦のことを思うと

胸が痛くて・・・苦しかったです。

 

こんな悲しいことってありますか?????

 

悲し過ぎます。

 

切な過ぎます。

 

色々なご意見もあるでしょう。

 

やっぱり犬って怖い・・・

犬が好きでない人は

ますます犬を嫌いになってしまったかもしれません。

 

私の生徒さんのゴールデンを飼っているご家族も

早速翌日通りがかりの人に

「あの犬がゴールデンだよ~あの犬が赤ちゃん殺したんだよ~」

と言われ、

犬を連れてお散歩に出るのが怖いとおっしゃっていました。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

11日

トイプードルプリンちゃん11≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングを続けていました。

 

とうとうセラピードッグ認定試験がやってきました。

 

前日に、試験対策レッスンを

サンちゃんとやりました。

 

 

緊張気味の飼い主さんと興奮気味のプリンちゃん。

前日から、コマンドに反応しなくなったと飼い主さんが不安げでした。

飼い主さんの緊張が伝わっていたのです。

 

緊張していると普段はできていることも

できなくなってしまうのです。

でも、落ち着けるように、

しっかりと行動できるように

アドバイスをさせていただきました。

 

できると信じること、

それが大切ですね(#^^#)

 

プリンちゃんもその気持ちに応えてくれましたよ☆

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

11日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん5

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

2歳の男の子です。

 

 

いよいよというかとうとうというか

セラピードッグ認定試験を受験する日がやってきました。

前日、試験対策レッスンをしました。

飼い主さんは、少し心配そうでした。

 

 

当日は、とても良いお天気で

サンちゃんも飼い主さんも笑顔で試験会場にやってきてくれました。

 

落ち着けば大丈夫!

 

飼い主さんの声かけも適切で

前日の練習の効果もあって

最初は興奮気味だったサンちゃんも落ち着いて試験に挑めました(#^^#)

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

03日

あっという間に2月です(^-^;

新年のご挨拶ブログも書かないまま

なんともう2月になってしまいました(^^;

 

でも今日は節分、旧暦では明日から新年ですから・・

みなさま、本年もよろしくお願いいたします☆

 

写真はお正月に旅行に行ったときのものです♪

 

2017年の私の目標☆

 

一頭でも多くのワンコたちが、飼い主さんと共に更に幸せに暮らせるようお手伝いしていくこと。

(これは今年に限ってではないけれど・・・)

そして、もっとセラピードッグを育成していって、アニマルセラピー(動物介在活動)をがんばっていきたい。
ワンコたちが楽しくて、飼い主さんとワクワクしながら張り切ってくれるように
私のできる全てを全力でがんばります。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

27日

年末年始のお休みのお知らせ

いよいよ2016年も数日となりました。

2016年もたくさんのワンちゃんと飼い主さんとのレッスンを楽しめましたこと、

アニマルセラピー活動にもたくさんのご理解とご協力を得られて、犬たちと共にたくさんの笑顔の花を咲かせることができたことを

心より感謝しています。

 

生徒さんのたゆまぬ努力と

ワンちゃんの満たされたような表情と張り切る姿に励まされた一年でした。

ありがとうございました。

また来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

年末年始の休業のお知らせ

 

2016年12月30日~2016年1月9日

 

10日より平常業務となります。

お休み中のお問い合わせ、メールなどの返信と

ドッグフードなどのご注文の発送は

10日より順次対応いたしますのでご了承下しさい。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

17日

第6回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

老人ホームはなことばさん6回目の活動です。

 

 

ヨーキーノブナガくん、ミニチュアダックスモカちゃん、トイプードルプリンちゃん

そしてロッキーの4頭(*^^*) 

利用者さん45名、

数か月ぶりにモカちゃんが参加で、モカちゃんを待っていたご利用者様もとても喜んで下さいました。

モカちゃんのハンドラーさん村上さんは、6月に出産後現在育児中ですが

赤ちゃんを連れてお手伝いに来てくれました( ;∀;)

モカちゃんのハンドリングは、何度も練習してきて

前回「まどかさん」でも大活躍の降矢さん♪

メンバーみんなが協力してくれることに感謝いっぱいです!!

 

介護関係のお仕事をされているメンバー徳差さんも適切なフォローアップと笑顔が素敵で

心から感謝です。

 

プリンちゃんは二回目の参加で、しかも実習中ですが

まるで何年もセラピードッグをやっているかのような大物ぶりでした(#^.^#)

 

利用者さんの笑顔の写真はまた後日アップします☆

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

12日

接し方ひとつで愛犬は変わる

唸る・噛む・無駄吠えばかりの愛犬にお困りの方、また犬を迎えたばかりの方にはぜひ読んでいただきたいブログです。もちろん問題が何もないという飼い主さんも問題行動予防の観点からぜひ読んで下さい。

普段生徒さんと愛犬の幸せをサポートをさせていただいてる中で

 

ただ、オスワリやフセができることより

どれだけ深い信頼関係や絆が

育まれていくかということを重要視しています。

 

確かに「オスワリ」「フセ」「マテ」は大事な大事なしつけの基本です(*^^*)

でも、それは信頼関係があってこそ有効になるのです。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

12日

第2回メディカルホームまどかさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

「SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

12/11はメディカルホームまどかさんでの2回目の活動でした。

 

 

前回10月の活動の反省点を踏まえて

施設側のスタッフさんがとても細やかな対応をして下さり、

とても充実した活動になりました。

今回は私の三女(高校生)や初参加の大学生、それからメンバーの初孫ちゃん(生後1.5か月)の参加もあり

下は0歳、上は50代と幅広い年齢層!!

参加犬は

ヨーキーノブナガくん、トイプープリンちゃん、ミニチュアダックスモカちゃん、そしてラブラドールロッキーの4頭でした♪

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

16日

本当の動物愛護とは

よく、インターネット上でも役所などでも

 

「殺処分0を目指して」という標語のような投稿をたくさん見かけるようになりました。

 

日本の殺処分数は本当に目を疑いたくなるような数字なのです。

 

その2割以上が、なんと

 

飼い主持ち込みという悲しい現実があります。

 

家族として生活してきたペットを保健所に持ち込むなんて

私には考えられませんが

 

その理由の多くは

 

「引っ越し先では飼えないから」

 

「病気だから」

 

「噛むから・吠えるから」

 

などという耳を疑いたくなるようなことばかりです。

 

そんな現状をただ嘆いてばかりいても

何も変わりません。

 

ペット産業についての批判もありますが

今すぐできることは

 

自らが

無責任な飼い主にならないこと。

 

そして飼い主による保健所持ち込みを1頭でも減らせるように行動を起こしていくことだと感じています。

 

新たに犬猫を飼いたいと考えている方に

ペットショップで犬を買うのではなく

動物愛護センターなどから保護犬の里親さんになることも検討していただきたいと思っていますが

 

犬種にこだわる方々や子犬子猫からと考えている方が非常に多いことから

まずは、犬猫の専門家に飼う前に相談していただきたいなって思うのです。

 

自分の家族や住居環境、生活スタイル、近隣のことなどを踏まえて

どんな犬猫を迎えたら幸せに共生できるかをアドバイスしてくれます。

 

先日も話題になったのが

 

一人暮らしの70代の母親にボケ防止ということで

離れて暮らす娘さんが

ペットショップで子犬を購入してプレゼントした犬種は

なんと「ジャックラッセルテリア」!

 

ジャックラッセルは小型犬ですが、大型犬並みの運動量が必要です。

その上常に落ち着いて寝そべっていることが好きな子は少ないので

ご高齢の一人暮らしの女性に向いた犬種ではありません。

でも、ペットショップの販売員はなぜそのことを伝えなかったのでしょう。

 

応えは簡単です。

 

知識がないのです。

 

もしかしたら知識があったとしても、販売ノルマのある販売員は

売ることだけが目的なのかもしれません。

 

専門家に相談したら

決してご高齢の一人暮らしの方に「ジャックラッセルテリア」などはすすめません。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

03日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん4

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

5回目のレッスンの記録です。

 

今日は室内練習の成果を見るためと

他のワンちゃんと遭遇すると興奮してしまう癖を改善レッスンです。 

室内でできることでも

刺激の多い場所では難しいこともたくさん。(今回は公園なのでなおさらでした)

 

アイコンタクトと声掛けが重要となります。

 

目標は

いつでもどこでもどんな時でも

 

落ち着いて行動できるように導くことです。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

02日

第2回老健ときさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

活動報告~老健ときさん~

 

今日は、介護老人保健施設ときのセラピー活動でした。

平日の活動は、メンバーが集まれなくなってきている状況で

今回は、JCDC(ジャパンコンパニオンドッグクラブ)の原田先生と夢知くん、

伊藤先生とメグちゃんにいらしていただき、

ロッキーと3頭での活動になりました。

こうしてサポートして下さることに心から感謝です。

 

ときさんのご利用者様15名と

夢知くんとメグちゃん、ロッキーと和やかにふれあい

その後はゲーム形式で芸の披露をしました(#^^#)

 

ロッキーは、ご利用者様に持っていたいただいたフラフープをジャンプしたり

ご利用者様やスタッフの方々の歌に合わせてタンバリンを鳴らしたり

今回も大成功♪

 

夢知くんは、ご利用者様の投げたおもちゃを持ってくるという芸と

大きなサイコロをご利用者様に投げてもらって出た目の芸を披露してくれました☆

メグちゃんも、ご利用者様が投げたボールを持ってい来るという芸と

3つの植木鉢の1つに隠したおやつを見つけるという芸を披露!

歓声や拍手、笑顔がいっぱいの時間になりました。

 

課題や反省点もありますが、参加されたご利用者様が

いつも違う表情をされたり、動かない手を伸ばして撫でて下さる方もいらして

私たちハンドラーもとても嬉しい時間でした。

 

犬無しで参加下さるアシスタントのボランティアメンバーも

回を重ねるごとに私が気が回らないことや

ロッキーのハンドリングでオタオタしている中、大きなサポートをして下さり

参加下さるメンバーにも心から感謝していますし、私もとても勉強になります。

 

人と動物の福祉を理念に、ヒューマンアニマルボンド(人と動物の絆)の素晴らしさを

これからも分かち合える活動をしていきたいと思いました。

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

01日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆8

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘6までお読みください。

 

パピートレーニング3クールを終えたミニピンはーたんと

2015年12月に家族となったミニピンベルちゃん1才3ヶ月、

 サポートレッスン8回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

20日

第1回メディカルホームまどかさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

10/19はメディカルホームまどかさんでの

初めての活動でした。

 

 

8月から打ち合わせを重ね、とうとう初訪問の前日・・・!


参加予定だった2匹が事情で参加ができなくなってしまったので
参加できるセラピー犬が3頭のみとなり、色々悩んだ末に・・

活動内容を少し変えて、無事に開催できました。

本日からアシスタントとして参加下さった方も数名いらして
たくさんのサポートをして下さり、

9人のスタッフの優しさとご協力で、施設の方々の笑顔となりました。
本当に感謝いっぱいです。

初めての施設だと犬たちは緊張しやすいのですが、
アース、大河、ロッキー共に張り切ってくれました(o^^o)


続きを読む 0 コメント

2016年

10月

18日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん3

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

3回目~4回目のレッスンの記録です。

 

訪問時に興奮する癖は残っていますが、落ち着くまでの時間はとても短くなりました。

 

3回目のレッスンは

「タッテのマテ」と

「アイコンタクト」と

「ハウスで落ち着いてマテる」練習です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

18日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆7

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘6までお読みください。

 

パピートレーニング3クールを終えたミニピンはーたんと

昨年12月に家族となったミニピンベルちゃん1才2ヶ月、

 サポートレッスン7回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

04日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん2

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1からお読みください。

 

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

 

 

2回目のレッスンの記録です。

 

1回目のレッスンの時から訪問時は大興奮でしたが

今回も嬉しそうに大興奮。

でも、前回より早く5分とかからず落ち着くことができました。

私の斜め後ろでフセをして私が入室するのを待つことを選べました。

セラピードッグ育成レッスンで大切なことは、たとえ興奮していても

喜んでいることを叱らずに、落ち着くことを自分で選べるように導くことです。

ここが少し家庭犬のしつけと違うところです。

今日もハル君は監督さん。

おとなしく、でしゃばることもなく

ただただハルくんのレッスンを見つめて応援していくれています。

 

ハルくんは純粋でおとなしいのですが、

人間、環境、撫でられることに少し抵抗感を持っているので

施設に訪問するセラピー犬には向いていないので残念です。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

02日

第5回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

老人ホームはなことばさん5回目の活動です。

 

 

ヨーキーノブナガくん、ビーグル大河くん、

柴犬バロンくん、柴犬紅緒ちゃん、

そしてロッキーの5頭の犬たちががんばりました。

 

利用者さん46名、

犬たちの夏休み(7月~9月)が開けて

最初の活動でしたので

とても楽しみに待っていて下さっていた利用者さんが多く、

 拍手の中入場し、楽しいふれあいの時間を持つことができました。

 

 

ロッキーは、前回大失敗したフラープジャンプが

今回は大成功して

たくさん褒めてもらい、撫でてもらってご満悦でした。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

30日

トイプードルプリンちゃん10≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳の女の子です。

 

基本トレーニングから

セラピードッグ育成トレーニングに入り

7回目のレッスン記録です。

 

今回はご自宅ではなく、

認定試験会場予定の質会いドッグランでレッスンです。

試験内容に一部沿って練習しました。

落ち着いて横について歩いたり、グルーミングの項目の練習をしたりした後は

一番得意のロングリードのマテです。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

27日

セラピードッグ育成レッスンサンちゃん1

ミックス犬のサンちゃん。

1歳の男の子です。

とても明るく、人間も犬も大好き天真爛漫でセラピードッグとしての適正は100点満点ですが、

 飛びつき・興奮癖・いたずらなどの

問題があるということで

 

基本トレーニングを取り入れながら、

セラピードッグ育成トレーニングを平行して行うことにしました。

 初回カウンセリングに伺ったときは

ワンワンと大興奮でした。

10分程度で落ち着きました。

 

サンちゃんには「ハルくん」というお兄ちゃん犬がいます。

とってもシャイな大人しいワンちゃんです(*^-^*)

でも、残念ながらシャイ過ぎるところがある小なのでセラピー活動には向いていません。

サンちゃんのレッスンの監督さんを頑張ってくれています。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

25日

愛犬を大切に思うならやって欲しいこと

愛犬を大切に思うならやって欲しいこと1

愛犬は、私たちにとってかけがえのない存在ですね。

いつまでも一緒にいたい、いつまでも大切にしていきたいと思っている飼い主さんは

ぜひ、このブログを読んで下さい。

 

愛犬の安心安全と信頼、そして

いつまでも一緒にいられるためのブログです。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

17日

犬の社会化レッスン~ミニチュアアダックスラヴちゃん~

怖がり、内弁慶、他の犬が苦手などのワンちゃんは、社会化不足が原因かもしれません。子犬の頃に大切な社会化期。成犬になっても時間はかかるけれど、正しいアプローチならば社会化期を取り戻すことができます。ミニチュアダックスラヴちゃん2歳の社会化レッスンを通してみなさんにお伝えしていきたいと思います。

ミニチュアダックスラヴちゃん。お散歩が苦手、他の犬が苦手、知らない場所が苦手でした。成犬社会化レッスンで大きな成長♪ドッグランでの笑顔 可愛いですね☆
ミニチュアダックスラヴちゃん。お散歩が苦手、他の犬が苦手、知らない場所が苦手でした。成犬社会化レッスンで大きな成長♪ドッグランでの笑顔 可愛いですね☆
続きを読む 0 コメント

2016年

9月

10日

第7回合同練習会【SMILEアニマルセラピークラブ】

SMILE SMILEが主催している動物介在活動

SMILEアニマルセラピークラブ」の

第7回合同練習会のご報告です。

 

 

7月から9月までは活動は犬の夏休みですが

練習会会場となるドッグカフェスマイリースマイルさんの室内ドッグランは

冷房がきいているので

10月からの活動に備えて久しぶりの集合となりました。

今回は、皆様のご都合があまり合わず参加犬は少なかったのですが

ヨークシャーテリアのノブナガちゃん

トイプードルあむくんと、

ラブラドールレトリバーmixのロッキー

張り切ってくれました。

 

今回からお手伝いいただくことになったサポーターも2名加わり、

またあむちゃんのお姉ちゃんもお手伝いにかけつけてくれて

とても有意義に老人ホームの活動に備えての実践練習をすることができました。

車椅子、椅子を用いて

 

サポーターさんに利用者さんを模して座っていただき、実際の活動に沿った練習をしました。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

31日

個人宅訪問8~アニマルセラピー~

先月に引き続き、

 今月も中村さんのご自宅にセラピー訪問してきました。

 

いつも止める駐車場に着くと

中村さん宅まで私を案内してくれるほど道を覚えているロッキー(#^^#)

 

到着すると早速中村さんとご挨拶♪

中村さんに撫でてもらうと大満足で

足元に寝そべっていました。

 

「ロッキー、お水を飲みなさい」

 

「はい!飲みます!」

「僕、中村さん大好きだよ」

 

「僕もだよ」


続きを読む 0 コメント

2016年

8月

18日

トイプードルプリンちゃん9≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳2か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

分離不安はほとんど改善していて

セラピードッグ育成トレーニングに入り5回目と6回目のレッスン記録です。

今日は指示を出す前のアイコンタクトの強化を練習しました。

 

どんな指示も喜んで応えられるように

そしてアイコンタクトで集中することを覚えられるように

この練習はプリンちゃんにはとても必要です。

 

飼い主さんも愛情を持ってアイコン宅をしているので、指示を出す前に名前を呼んだりしてこちらに集中させられるようになっています。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

07日

ボランティア募集【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

訪問活動には、

愛犬と共に参加するハンドラー(飼い主)さんの他に

活動をサポートするボランティアを募集しています。

 

 主な活動場所は、相模原市内の高齢者施設、

老人ホームはなことばさん、老健ときさん、

メディカルホームまどかさんです。

 

 

 

 

  

 

主なサポート内容は

 

・写真や動画を撮影

・活動前の会場準備や片付け

・スタッフの少ない場所で活動補助や利用者さんの話し合い手など

・音楽、タイムキーパー担当(CDのON・OFF)

 

 

 犬が好きで、高齢者施設などでボランティア活動をしたいとお考えの方や

アニマルセラピーに興味のある方、

または写真や動画撮影が得意な方、

私たちと一緒に活動しませんか?

 

 交通費(一律500円)と活動ポロシャツは支給します。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

02日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆6

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘5までお読みください。

 

パピートレーニング3クールを終えたミニピンはーたんと

昨年12月に家族となったミニピンベルちゃん11ヶ月、

 サポートレッスン6回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

31日

夏期休業日のお知らせ

下記日程は、夏期休業日となります。

 

レッスン、お問い合わせやお申込みの返信、お電話対応など全てお休みとなりますので

ご了承下さい。

 

メールやLINE対応などは、お休み明けに順次対応となります。

◎2016年8月9日~8月12日
8月19日~8月22日

その他、臨時休業となることもございますので

トップページをご確認下さい。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

30日

犬にあげていい果物って?

この季節になると、

 

「犬にスイカや桃をあげてもいいですか?」

 

などとご質問が増えます。

 

ぶどうや柿、アボガドなどはあげてはいけないということは

かなりの確率で知っている飼い主さんは多いですが

 

その他の果物はわからない。。。だから聞いてみようと思って下さるのでとても嬉しいです。

それだけ愛犬の食べるものに対して意識が高くなっているということですから(*^-^*)

犬と人間の消化システムが違うということを意識している飼い主さんは

愛犬を長生きさせることができますね。

 

さて、夏の果物でよく聞かれるのがスイカとメロンです。

昨年も、スイカとメロンを食べて下痢になったという話を何度も見聞きしています。

 

それについてのブログも書きましたが下記にも再度書こうと思います。

 

スイカ、メロン、きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ、冬瓜などの瓜類には

ククルビタシンという毒性を持つ成分が含まれています。

(サイトによってはきゅうり、かぼちゃは食べてもいい野菜と堂々と明記されています・・

なんでだろうとびっくりします)

 

しかも、犬だけではなく人間にも共通な毒性成分!!

瓢箪やかんぴょうで食中毒になったというニュースも報道されています。


多量に摂取すると、腹痛、嘔吐、下痢、場合によっては

重篤な胃腸不全に至る可能性があるとのこと!

しかも、熟れれば熟れるほどクルルビタシンの含有量が増えるので、

人間が食べごろの完熟メロンや完熟かぼちゃなどは与えない方が良いと思います。

 

少量なら問題ないと思います。でも小型犬と大型犬ではその少量の分量は違いますので

飼い主さんの判断にかかっているということを意識してくださいね。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

29日

トイプードルプリンちゃん8≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳1か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

基本トレーニングを取り入れながら、分離不安などの諸問題に取り組み、前回からセラピードッグ育成トレーニングに入り3回目のレッスンです。

 

引越し先の生活にもすっかり慣れて、少し自己主張が出てきてはいますが落ち着いています。

今日はプリンちゃんが苦手なヒール(横について歩く)を

いかにウキウキ楽しく練習をするかやってみました。

 

いつでもどんな場所でも落ち着いて歩けることは

セラピー犬にとって基本的な行動となります。

 

なぜプリンちゃんはヒールウォークが苦手なのでしょう。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

21日

トイプードルプリンちゃん7≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳1か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

基本トレーニングを取り入れながら、分離不安などの諸問題に取り組み、前回からセラピードッグ育成トレーニングに入りました。

 

この間、なんとプリンちゃんはお引越しを体験しています。

 

急激な環境の変化にストレスになったり、抱えている諸問題がエスカレートすることの無いよう

アドバイスさせていただき、飼い主さんはとても努力されていました。

 

引っ越し前から少しずつ新居に慣れさせることや、引っ越し当日のプリンちゃんの新居への入り方(実はこれが一番重要)など、私がお伝えできることは全てお伝えしました。

新居の「プリンちゃんコーナー」!

今まで使っていたゲージやベッドをそのまま生かしながら

リビング内にプリンちゃんの個室ができました。

 

飼い主さんのご努力の成果で

なんと、引っ越し後は分離不安がすっかり消滅したのです。

 

引っ越しは、

今まで無かった分離不安が始まる子もいるくらいワンコにとっては大きなストレスになることが多い中、プリンちゃんは引っ越しを良い結果につなげることができたのは

全て飼い主さんの努力のたまものです。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

20日

とらちゃん、トウモロコシになる・・♪

とらちゃんがお空に旅立ってから

今日で2ヵ月・・・

 

あっという間のような・・

長かったような・・・

とても不思議な気持ちです。

 

悲しみや寂しさは、日が経てば経つほど増していくような気もしてしまうし

とらちゃんの写真を見ながら

「お空は快適?」なんて話しかけたり

笑えたりするようにもなってきました。

 

手がかかる子ほどかわいいとは言うけれど

手がかからなくなってもかわいいのです。

 

そして、この悲しみは一生消えないことも知っています。

ただ、悲しみは「辛いもの」から「温かいもの」へと変化していくことも知っています。

だから、いつでも思い出して、いつでも家族と思い出を共有していきたいです。

先日、朝起きるなり旦那さんが少し興奮気味に


「とらの夢を見たよ!」って。

 

 

えー?!
私の夢には1回も出てきてくれないのに〜?!
どんな?どんな? どんな夢?

 

 

「家族でトウモロコシ畑に、トウモロコシをもぎに行くんだよ。
これは大きくて甘そうだよって
ヒゲの部分を剥いたら、


なんと中にとらがいたんだよ。


トウモロコシのふりをしたとらが!!

 

みんながキャーキャー大騒ぎしてたら、
ロッキーがヤキモチ焼いて
自分もトウモロコシの中に入ろうと努力してるところで目が覚めた(^◇^;)」

 

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

12日

個人宅訪問(誕生会)~アニマルセラピー~

前回4月はロッキーはお留守番で介助犬デモンストレーションに行ったり

 

5月はとらちゃんがお空に行って

私が体調を崩したのもあり

 

3か月ぶりの再会となったロッキーと中村さん。

 

 

 

 

「ね~、携帯で何してるの~?

 

遊ぼうよ~」

 

と言っているかのように、

中村さんにべったりなロッキー(;´∀`)

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

06日

恐ろしい犬の熱中症≪原因・症状・手当≫

先日、アメリカの警察犬のベルジアン・シェパード(マリノア)のインカが、

約3時間にわたってエンジンを切った車に置き去りにされ、死亡するという事故のニュースを目にしました。

事故?事故でしょうか?

これは間違いなく虐待です。

 

インカ、どんなに暑かったでしょう。どんなに苦しかったでしょう。

自ら車のドアを開けて避難することのできない(いえ、できたとしても飼い主に忠実な警察犬はきっとしないだろうけれど)動物を車に放置するなんて悲しすぎます。

 

その翌日には、35度の猛暑の神奈川で

炎天下の中お散歩しているボクサー犬を見ました。思わず車の窓を開けて「熱中症になりますよ!」と言ってしまいました。。

またSNSでも、暑い中飼い主のレジャーに連れまわして

木陰に入って出てこないという動画をアップしている人もいました(@_@;)

なぜ、飼い主は平気で灼熱の太陽の下、熱いアスファルトの上を歩かせ

お散歩するのでしょう。

それは「無知」の何ものでもありません。

犬の雑誌やサイトにも、熱中症についての詳細が

書かれていたり、動物病院でもポスターが掲示されていたり、飼い主として知識が無いわけではないと思うのに・・・・

 

嘆いていても何も変わらない。

飼い主の無知は、愛犬を殺してしまうこともあるということを知っていただくために

また

もう熱中症で命を落とす犬たちが二度と出ないように

ここに犬の熱中症について書こうと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

30日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆5

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘4までお読みください。

 

パピートレーニング3クール目を終えたミニピンはーたんと

昨年12月に家族となったミニピンベルちゃん9ヶ月、

 サポートレッスン5回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

30日

トイプードルプリンちゃん6≪セラピードッグ育成≫

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

2歳0か月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングでしたが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んできました。

 

早い段階から夜泣きは無くなり、基本トレーニングもしっかり入ってきました。

今日からセラピードッグ育成トレーニングです♪

まだ分離不安の症状は残っていますが

セラピードッグ育成トレーニングは、信頼関係の強化と精神安定の効果がありますので

ゆっくり進めていきたいと思います。

 

もともと人が大好きで撫でられることも大好きなので

リスク管理のための練習から開始です。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

29日

ミニチュアダックスミルクちゃん、そらちゃん10

ミニチュアダックスのミルクちゃん8歳の女の子と

チワワのそらちゃん4歳女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 2クール目 最後のレッスンとなりました。

今までたくさんのことを練習してきました。

まずは基本のオスワリ、フセ、マテ、ヒールウォーク、ハウストレーニング。

 

 

それらを生かして、ハウスのマテ、ピンポンでハウスなど

玄関チャイムが鳴ったらクレートに入って静かに待てるように練習してきました。

 

今回もまた少しずつ難度を上げて、そして何度も何度も練習しました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

17日

トイプードルプリンちゃん5

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

6/13で2歳になった女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングですが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んでいます。

 

5月から停滞期に入ってしまったプリンちゃんですが、1クールの最後の2回のレッスン記録です。

 

ゴミ出しやお風呂の時は、すっかりお利口に待てるプリンちゃんですが、

いざお仕事に行こうとするときは瞬時に判断して

ハウスにも入らず、飼い主さんを困らせているそうです。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

31日

ミニチュアダックスミルクちゃん、そらちゃん9

ミニチュアダックスのミルクちゃん8歳の女の子と

チワワのそらちゃん4歳女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 2クール目 2回目のレッスンの記録です。 

チワワのそらちゃんは、すっかりフセも得意になり、ハウスの指示でクレートに入れるようになっています。

 

今日も玄関チャイム吠え対策練習です。

前回まで

チャイムが鳴ったら「ハウス」でクレートに入る練習をしてきました。

 

練習では、リビングにクレートを置いてやっていたのですが

今日は、いつもクレートを置いてある場所に

玄関チャイムが鳴ったら入るという練習をしました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

30日

トイプードルプリンちゃん4

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

1歳11ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングですが

 飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから取り組んでいます。

 

5月に入ってからそれまで順調だったプリンちゃんが、反抗期に入り

 

なかなか言うことをきかなかったり、分離不安のぶり返しが始まりました。

関係性の再構築信頼関係構築を開始すると

ダイエットの停滞期のようなものが訪れる子が少なくありません。

そこで諦めたり、やめてしまうと今までの努力が水の泡となってしまいます。

 

諦めることなく、どんな態度を取ろうとも一貫性を持った態度を保つことが成功の秘訣です。 

 

まずは、基本からやり直しをします。

初めて教えた時のように

少しずつできたら褒めていきます。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

29日

お子様セラピー(9歳の女の子)

3月からロッキーと訪問セラピーをしているNちゃんをご紹介します(#^.^#)

 

9歳の女の子で先天性脳梁欠損症という病気を持っていて、

運動機能や言語に遅れがありますが、笑顔の可愛い元気なお子さんです。

 

ご依頼下さったお母さまのお話しでは

支援学級に通学してるのですが、不登校気味となりふさぎ込むことが多くなったとのことで、
せめて大好きなワンちゃんと過ごして、
楽しい時間を作ってあげたいとのことでした。

3月30日、初めての日はご自宅に訪問しました。

 

既に玄関先に出で1人で待っていてくれました。


夜明け前から起きて楽しみにしていたそうで
駐車場に車を止めるとドアが開くのももどかしく、
ロッキー、ロッキーと叫んでくれました(;^ω^A 

ロッキーとおもちゃで遊んだり、抱きしめあったり
写真を撮ったり
歓声と笑い声の
あっという間の1時間でした。

 

Nちゃんにとってこのセラピーがどんな影響が出て、

どんな効果があるかは、回を重ねていくうちにわかった来ると思いますが

セラピードッグとしてというよりも

家庭犬としてロッキーも共に楽しめているのが一番だなと感じました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

23日

とらちゃんが旅立ちました

昨年8月に公園に遺棄されて、保健所に収容されたミニチュアダックスのとらちゃん。

我が家の家族となって9ヵ月半。。

 

5月20日午前7時40分に家族全員に見守られながら

 

眠るように旅立ちました。

 

※写真は昨年の11月ドッグランにて

続きを読む 3 コメント

2016年

5月

22日

第4回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

 

老人ホームはなことばさん4回目の活動です(*^^*)

 

 

ヨーキーノブナガくん、ビーグル大河くん、コリーアースくん、

トイプードルあむちゃん

 

利用者さん50名、

中には犬たちの名前を憶えていて下さり

「待ってたのよ~」

「あら?モカちゃんは?」

「アース、今日も大きいね~」

などと嬉しい言葉をたくさんいただきました!

 

写真は今日セラピードッグデビューした「あむちゃん」です(#^.^#)

 

 

今回は私は、ロッキーを連れずに

アシスタントに徹しました。

 

活動を開始してから、ロッキーを連れずに参加したのは初めてで

犬たちやハンドラーたちをしっかりとみることもでき、

参加者さんの反応や笑顔を第三者的な立場で感じることができ、

とても勉強になりました。

 

動画も撮影することができました(#^.^#)

 

 

続きを読む 1 コメント

2016年

5月

16日

老犬ホーム、デイサービス

愛犬が歳をとるということ

犬の寿命と健康について、以前コラムとして書いてきましたが

人間と同じように犬も高齢化社会に突入しています。

 

ペットブームだった10年~15年前に

家族となった犬たちが老犬になっているのです。

 

動物の医療も日々進歩していて

18歳、20歳という長寿犬も珍しくなくなってきています。

 

ただ、健康で長寿ではなく、病気を抱えての長生きは

医療費や介護などといった飼い主側の負担も見え隠れしています。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

27日

第1回老健ときさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

 

老健ときさん初めての活動です(*^^*)

 

数ヶ月前から打ち合わせをし、

やっと今日を迎えられました。

 

参加してくれたセラピードッグは

ミニチュアダックスモカちゃん、

ビーグル大河くん、コリーアースくん、

そしてロッキーの4頭♪

犬無しボランティアスタッフも1名。

 

 

写真はコリーのアースくん

ポラロイドカメラでの撮影はたくさんできて、

撮った写真はその場で利用者さんにプレゼントできたのですが

記録やブログ用の写真を撮影がほとんどできず ・・

 

ときさんが撮影して下さった写真を掲載します(*^^*)

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

25日

トイプードルプリンちゃん3

トイプードルのプリンちゃん

からお読みください)

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

飛びつき・興奮癖・分離不安の

問題行動改善トレーニングから開始です。

3回目のレッスンですが、

ここまでに、分離不安の改善が顕著に認められたという飼い主さんからのご報告がありました。

お留守番中、鳴いては眠り鳴いては眠るという状態だったプリンちゃんが

最初の30分ほどですっかり落ち着いて

飼い主さんの帰宅まで、鳴かずに待てるようになったそうです。

やはり、関係性の再構築基本トレーニング信頼関係構築が大きな成果を出していると感じています。

 

今回、訪問時もクレートの中でマテができて

興奮しない練習をしてくれた飼い主さん。

 

 

前回ヒール(横に着く)練習を開始したプリンちゃん。

家での練習はあまり好きではないらしく

まだまだ練習中です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

18日

セラピー犬認定試験

セラピー犬育成教室を経て

4月18日に認定試験を開催しました。

 

セラピードッグ育成グループレッスン第1回~第5回を開催し

Smileアニマルセラピークラブで活動するための

認定試験を開催しました。

 

セントバーナードリズちゃん

トイプードルサスケくん

トイプードルあむちゃん

 

 

 

 

 

3組のペアが受験して下さいました。

皆さん、今日の試験までにたくさん練習を重ねてきました。

やはり緊張して普段とは違う雰囲気の中、いつも通りの行動ができなかったりもありました。

 

がんばる皆さんに胸が熱くなりました。

 

サスケくんは小さな変化に敏感に反応して、今まで大得意だったフセができなかったけれど

あとは完璧にこなしていました。

 

リズちゃんペアは、ハンドラーさんが来月出産という大きなお腹でチャレンジしてくれました。

お腹の中の赤ちゃんも一緒に挑戦してくれたのですが

やはりいつもと違う緊張感の中で落ち着きがない時がありました。

でも、セラピードッグとしての適性は満点だったと思います。

 

あむちゃんは、対照的に大張り切りで少し興奮気味でしたが

いつもの行動をとることができ、見事合格しました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

17日

トイプードルプリンちゃん2

トイプードルのプリンちゃん。

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

飛びつきや興奮癖が多かったのと

飼い主さんのお話からかなりの分離不安があるということで

まずは問題行動改善トレーニングから開始です。

 

フセができるようになり、

オスワリのマテもできるようになり

飼い主さんのたゆまぬ努力に敬服です。

 

今回のレッスンではマテの強化2です。

 

フセのマテは得意になっていたプリンちゃん、

オスワリのマテが難しかったのですが

なんと

しっかり「オスワリ」をして待てるようになってきました。

 

 

その上、フセのマテも飼い主さんがどんな動きをしても動かず待てるようになりました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

16日

介助犬デモンストレーション~アニマルセラピーの効果~

毎月伺っている中村さんが、

「介助犬を迎える」という一大決心をしてくださいました。

 

それまでは、犬の面倒は自分には無理だと諦めていたのです。

でも、毎月ロッキーと伺う中で

介助犬を迎えて、介助してもらうことで生活の質が上がることや

もっと素晴らしい未来が待っていることを想像できるようになり

とても前向きになって下ったのです。

 

そして今日は横浜ラポールで行われた介助犬デモンストレーションに行ってきました。

今回は犬は同伴できず、ロッキーはお留守番です。

新横浜で待ち合わせをし、横浜ラポールの送迎バスで向かいました。

 

緊張より、期待感の方が増している様子の中村さん。

 

まずは、介助犬の訓練の様子や介助犬譲渡までの流れなどを

スライドを見ました。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

05日

ミニチュアダックスミルクちゃん8

ミニチュアダックスのミルクちゃん。

8歳の女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 2クール目 1回目のレッスンの記録です。 

 

 

前回までのクレートトレーニングが

実践で通用するかどうか

訪問時に試してみました。

 

訪問時にインターホンを鳴らし、

予め飼い主さんにお伝えしておいた「ハウス」の指示でクレートに導いて

おやつ入りのコングを入れてもらうことにしました。

 

さて~~どうなるでしょう!!

(私は成功すると思っていましたが・・・)

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

04日

トイプードルプリンちゃん1

トイプードルのプリンちゃん。

1歳10ヶ月の女の子です。

ご依頼内容は

セラピードッグ育成トレーニングです。

 

初回カウンセリングでプリンちゃんを拝見させていただき、

無駄吠えはなかったものの

飛びつきや興奮癖が多かったのと

飼い主さんのお話からかなりの分離不安があるということで

まずは問題行動改善トレーニングから開始しました。

 

 

オスワリはできたものの、フセやマテができなかったので

基本トレーニングを取り入れながら問題となっている飛びつきや分離不安の改善に取り組みます。 

初回カウンセリング時に、すぐにフセの体制になったので

トレーニング開始までに飼い主さんに練習をしてもらいましたら

1回目のレッスン時には「フセ」ができるようになっていました(*^^*)

飼い主さん、頑張りました!!

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

29日

ミニチュアダックスミルクちゃん7

ミニチュアダックスのミルクちゃん。

8歳の女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 8回目のレッスンの記録です。 

 1クール最後のレッスンです。

 

 

前回までのクレートトレーニングを生かしながら

インターホンがなったらクレートに入る、落ち着く、となるように練習しました。

 

「ハウス」の指示でクレートに入って落ち着けて、

たとえ扉が開いていても「フセて待つ」練習をしてきているので

あとは、インターホンが合図になるようにしていきました。

 

ハウスの指示をしないと、

ワンワンと吠え続けます。

 

でも、ハウスの指示にクレートに導いて

おやつ入りのコングを入れてみました。

 

すると、すっかり静かになりましたよ(*^^*)

 

作戦は大成功!

静かに待てるようになりました。

 

ミルクちゃんが鳴かないと、ソラちゃんも静かにできます。

 

アンちゃんは、目と耳が不自由なためどうしても鳴いてしまいますが

ふたりが落ち着くようになったら、きっと徐々に落ち着くでしょう。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

29日

第4回合同練習会【SMILEアニマルセラピークラブ】

私が主催している動物介在活動

SMILEアニマルセラピークラブ」の

第2回合同練習会のご報告です。


今回はお手伝いいただくサポーターも3名と

とても有意義に

11/8の老人ホームの活動に備えての

実践練習です。

車椅子、杖、椅子を用いて

サポーターさんに利用者さんを模して座っていただきました。


続きを読む 0 コメント

2016年

3月

27日

第3回老人ホームはなことばさんでの活動【SMILEアニマルセラピークラブ】

 

SMILEアニマルセラピークラブ」の

老人ホーム訪問記録です。

 

 

老人ホームはなことばさん3回目の活動です(*^^*)

 

ミニチュアダックスモカちゃん、

ミックスのくぅちゃん、

ビーグル大河くん、コリーアースくん、

そしてロッキー♪

トイプードルのサスケくんは、今日は行進だけ参加でした。

 

利用者さん50名ほど、みなさん笑顔になってくれました♪

 

写真は今回初参加の大河くん

 

今回は写真を撮影がほとんどできず

この二枚ですが

 

利用者さんの笑顔が弾ける楽しい時間となりました。

 

写真はアースくん☆

 

次回は5月です(*^^*)

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

24日

これから犬を迎えようとされている方へ

これから犬を家族として迎えようとしている方も

既に迎えている方も

今、事情で愛犬を手放そうとしている方も

 

ぜひ見ていただきたい動画です。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

16日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆3

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘記2までお読みください。

 

パピートレーニング3クール目を終えたミニピンはーたんと

昨年12月に家族となったミニピンベルちゃん6ヶ月、

 サポートレッスン3回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

14日

セラピー犬育成教室第2回~第4回

セラピードッグ育成グループレッスンの

第2回~第4回の記録です。

 

セントバーナードリズちゃん

トイプードルサスケくん

トイプードルあむちゃん

 

第2回目は

刺激に対する反応、誘惑に負けない行動をとれるレッスンです。

 

訪問施設には、たくさんの音や声、人、匂いの刺激があります。

そんな中でも落ち着いて行動できる練習。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

09日

個人宅訪問~アニマルセラピー~

毎月伺っている中村さん宅にアニマルセラピー活動で行ってきました。

中村さんからプレゼントしていただいたお洋服を着て、ロッキーはウキウキでした。

 

いつも止める駐車場から中村さん宅まで

私を案内するかのように、私を何度も見上げながら嬉しそうに歩いていくロッキー。

到着するや否や、中村さんにぴったり寄り添い

撫でてもらっていました。

ひとしきり再会のご挨拶をするロッキー。

 

中村さんは終始笑顔で撫でたり声をかけたりしてくれました。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

08日

マーキングの弊害~女児指切断~

~犬が悪者にならないために~

 

今朝、こんなニュースを見ました。犬が悪者にならないためにブログを書きます。

大阪府池田市桃園2丁目の広場で11日午後5時ごろ、鉄製の照明柱(高さ約4・5メートル、直径約14センチ)が倒れ、

近くにいた大阪市内の小学4年の女子児童(10)が左手をはさまれて人さし指切断の重傷を負った。

 

市が根元の付近にある土を分析したところ、排せつ物のアンモニアに含まれる物質が、柱から約2メートル離れた地点の土壌よりも約9倍高い濃度だった。市は、老朽化に加えて犬の尿が原因で柱が腐食した可能性があるとみて調べています。   日刊時事ニュースより

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

07日

ミニチュアダックスミルクちゃん6

ミニチュアダックスのミルクちゃん。

8歳の女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 7回目のレッスンの記録です。 

 

今回は訪問時のギャン吠え対策で

飼い主さんに「ハウス」の指示をしてもらいましたがハウスに入ったものの

なかなかうまくいきませんでした。

なので、クレートトレーニングを徹底することにしました。

 

「ハウス」の指示でクレートに入って落ち着けて、

たとえ扉が開いていても「フセて待つ」練習です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

23日

新)ミニピンはーたん・ぺルちゃん奮闘記☆2

ミニピンはーたん奮闘記1~ミニピンはーたん奮闘記20と

新ミニピンはーたん奮闘記1までお読みください。

 

パピートレーニング3クール目を終えたミニピンはーたんと

昨年12月に家族となったミニピンベルちゃん5ヶ月、

 サポートレッスン2回目です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

17日

ミニチュアダックスミルクちゃん5

ミニチュアダックスのミルクちゃん。

8歳の女の子です。

ご依頼内容は

無駄吠え、玄関チャイム吠えの改善です。

 6回目のレッスンの記録です。 

 

今回も訪問時はギャン吠えが止まらず

飼い主さんの「オスワリ」や「フセ」の指示は入るまでとても時間がかかりました。

リードを着けたら少しは落ち着けるようになったので、リード作戦は今後も続けたいと思います。

今日は、落ち着ける方法のひとつ「クレートトレーニング」を開始しました。

フセのマテができるので、「ハウス」という指示で

クレートに入って「フセて待つ」練習です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

10日

またしても犬の咬傷事故ーフレンチブルドッグ

またも、犬の咬傷事故のニュース・・・

 

フレンチブルドッグが家から逃走し

公園で遊んでいた3歳~6歳の幼児3人と、35歳の女性が噛まれたという報道がありました。

 

噛まれたり追いかけられたりしたお子さんたちは、身体の傷は癒えても

犬に対する恐怖心を拭い去るのはきっと大変です・・・・。

 

悪者になったフレブルちゃんも

とても可哀相です。。。

悲しいですね。とても・・・

 

飼い主さんは80代の女性に預けていて

そのお宅の玄関から逃走したということで

きっと、家に帰りたいと思って逃走したのでしょう。

この事故は防げた事故です。

80代の女性に預けられる状態だったのか、しかりしつけされていたのか・・・と考えてしまいます。

 

フレンチブルドッグは、噛み癖のある子が多いです。

その反対に、セラピー犬として活躍しているフレブルもいるのです。

犬種のせいにして、「噛む」のは仕方ないとしつけを放棄してほしくないですね・・・。

 

呼び戻しがしっかりできていたら、こんな悲しい事故は起こらなかった・・・

 

その前に、噛み癖や逃走壁のある子を

しかも80代の女性に預けるって・・・飼い主さんの責任問題です。

しつけをしっかりすることと、

預け先に負担にならないような配慮と、預け先の選択も飼い主さんがしっかりするべきでした。

 

この子の飼い主さんに、ぜひしっかりとしたしつけをして下さいとお願いしたいです。

 

続きを読む 0 コメント